CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
サインクリーンアップ作戦!! [2011年11月30日(Wed)]

hooちゃんから紹介があったとおり、先の日曜日は銚子川流域沿いにある看板や標識をきれいにする作業をしました。
美し国おこし三重のソーシャルレジャーとしての活動でもあります。

私は三班に分かれた作業グループを立ち回り、撮影と看板にかかる枝や草刈りを担当しました。サボらないようにと見張り番?のジオン君がついてくれました(笑)。
ジオン君は畑作業でも頼もしくなりました。
私の子分ではなく、同じ目線のツレなんですね(笑)。


はい。まずは、魚飛渓谷のつり橋付近から作業を開始したグループのところで、手伝いをやりながら取材も受けてたら、ガリバー毅君から、はい〜マイテマイテ〜と指示があり、次の場所に移動した私とジオン君。
そんな次の場所です。




ちょうど新聞記者さんが居て取材を受けたジオン君。そして作業モデルになり、新聞記事になりました。

ここで、びっくりな事がありました。岩を登りだしたジオン君。




はい。カッパと記念撮影。なんとカッパのこの絵の看板は苔だらけで、なにが書かれてるかよくわからない看板だったらしいのですが、磨いたらこんなかわいいカッパが隠れていたのでした。
それだけでも、清掃して良かったな〜と感動しましたが、ジオン君に似てるな〜とみんなで大笑いしました。
活動には子供が居るだけで、その場が本当に和みますね。




はい。最初の場所から折り返し、次の作業場所に向かうに紅葉があまりにも素敵だったのでサボリました。いや、ちょっと休憩やな(笑)。




すると、二人は奇妙な物を見つけました。これです!。




魚飛渓谷の岩に付いた苔が模様になってます。なんだかミニチュアの道みたいやな〜と感心してしまいました。
いったいどうしたらこんな事になるのかなぁ?。
動物の仕業かな。作業中でなかったらその場に行きたかった私でした(笑)。


つづく〜(^O^)/


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:09 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サインクリーンアップ [2011年11月29日(Tue)]
27日(日)サインクリーンアップを行ないました!
銚子川流域の看板や標識を磨いてきれいにして、
景観や安全性を高めよう!というものです。

魚飛吊橋周辺、展望台〜便ノ山橋、種まき権兵衛の里〜銚子橋と
3班に分かれて看板清掃をしました。
理事長と相棒じおんくんは第4班で、
全体をまわって写真撮影と草刈り・枝払いなどを担当します。

県会議員の津村氏にもご参加いただきました。
手を伸ばして三重県が設置した看板を拭き拭き・・・
「あ・・・水が腕をつたってワキまで来た!」


写真提供:やんちゃ坊



こちらは対策バッチリの女性。

水がゴム手袋をつたってきても大丈夫。
外側に水が流れるようにガードしています。
「そりゃ水は上から下に流れるに決まっとる。
対策してないのに腕を上げるからイカンのや!」
と、まるちゃんつっこみが入りそうです。

高いところは脚立に上ります。
「なんで脚立こんな低いん?普通のないの?」

文句を言いながら思いっきり背伸びしているのは、やんちゃ坊。
火バサミにスポンジをはさんで細かい作業してます。

やんちゃ坊が腕や足をプルプルさせながら頑張っているとき
便ノ山区の区長さんからビックリの話を聞きました。
「このアマゴ、盗られたことあってな」
『えーっ?』
「返して、ってあちこちで言うたら返ってきたんや」
『えぇ〜っ?』

第4班がやっと到着しました。
「遅いやないか!」と磨き作業メンバーに文句を言われ
相棒じおんくんに撃たれそうになりながら
「ちゅんまちぇん」と草を刈る理事長です。


作業を終えてからは、みんなで白玉ぜんざいをいただきながら
作業の振り返りをして、
銚子川流域の看板を中心とした現在の問題点を挙げ、
今後どうしていったらいいか話し合いました。
いろいろな規制や関係機関も多い看板問題。
短い時間で結論が出るものではありませんが
とても有意義な話ができました。

もりまりと「汚れた看板が痛々しいよね・・・」と去年から話をしていました。
春に福留修文先生を招いて行なった「銚子川流域拡大座談会」でも、
「景観を損ねるゴミや看板を何とかできないか」と話題にのぼっていました。
この日その一歩を踏み出すことができて
「銚子川を日本一の川に!」
また一歩近づけることができたと感じています。

by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 18:58 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
手づくりクリスマス [2011年11月28日(Mon)]

ジングルベ〜ル、 ジングルベ〜ル♪
まちはクリスマス一色になってきていますね。

キャンプinn海山のセンターハウスもちょっとクリスマスっぽくしてみました。



小トトロサンタ。


カッパポストサンタ。


カヌーカッパサンタ。


みんなサンタ帽をかぶせてみました。よく似合ってるでしょ!?
みかちゃんの手づくりです。


期間限定で「クリスマスクラフト体験」実施中です。
クリスマス飾りをお部屋に少し飾るだけで、気分もウキウキ♪



今年は手づくりクリスマスをしてみませんか。


by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 18:21 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『デジタルカメラ写真教室in馬越峠』開催のお知らせ [2011年11月26日(Sat)]

12月11日(日)に熊野古道馬越峠でデジタルカメラ写真教室があります。
講師は、プロカメラマンのミッチーこと 道畑祐介さんです。

はい。キャンプinn海山ご利用のお客さんなら「あ、受付してもらったあのスタッフさん?」と気づかれるかもしれませんね。
そうなんです。ミッチーには夏休みや連休など忙しいときに、キャンプinn海山の仕事も手伝っていただいていますが、実はプロのカメラマンなのです。

キャンプinn海山ではお客さんに「すみませ〜ん。写真撮ってもらえますか?」とお願いされる事があるのですが、ミッチーがいるときにはミッチーが対応させてもらってます。
そして、スタッフたちは「プロのカメラマンに撮ってもらえるなんて、ラッキーなお客さん!」とこっそり思ったりしています(笑)。

前置きが長くなりましたが、熊野古道は石畳はもちろん、ヒノキ林も美しいし、密やかに咲く花々など、画になるポイントがいっぱいです。

そして今回は被写体として白装束のモデルさんも登場するといううわさです。楽しそうですね。

ミッチープロがやさしく的確に指導してくれる事間違いなし!
コンパクトデジカメでもオッケーです。この機会にぜひカメラの腕を上げちゃってください!



by もりまり





■■デジタルカメラ写真教室in馬越峠■■

日時:2011年12月11日(日)9:00〜14:00
受付:8:45「道の駅海山」駐車場
参加費:2,000円(保険、昼食込み)
定員:15名程度(要申込み)

主催:紀北町観光協会
  tel 0597−46−3555
http://www.kihoku-kanko.com/2011/11/post-177.html
Posted by ふるさと企画舎 at 21:03 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
種芋保管奮闘記〜おまけ〜 [2011年11月25日(Fri)]
種芋保管床は理事長に屋根も付けてもらい無事完成しました。

奮闘した後はやっぱりお腹も空いてきます。

っていうことで
孫芋。茹でて食べるとおいしいらしい芋を食べてみました。

すこしエグミがあるかもしれないっということで、『塩を入れるとエグミも取れるよ〜』っと教えていただき、塩と一緒にやわらかくなるまで茹でました。



皮は手で簡単にむけます。



この通り!プリッとしてます。




ショウガ醤油で〜。
いただきまーす♪のhooちゃんです。



孫芋おいしかったです。

by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 17:40 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
くき漬けの種芋の床が完成しました。 [2011年11月24日(Thu)]
二週間前の床づくりから、一連の苦労作業の経過が、みかちゃんより紹介されましたが、床はまだ未完成でした。
慣れた人なら半日の作業かと思いますが、初体験の二人にはそうは行きません。
恥ずかしい話?ですが、この歳になって鋼管組み立てからトタン屋根をはる作業なんてした事なかった私。
みかちゃんが、農家さんから写して来た写真を基に自分で考え作ってみたのでした。

前日の土曜日は少しまとまった雨…。
種芋は入れたのに、屋根まだなんやけどなぁと心配はいろいろ尽きません。
かれこれもう二ヶ月近く畑作業ばかりしてる二人です。


はい。

与作は木〜を切る〜。
ヘイヘイホーヘイヘイホー(笑)。


気立てのよい娘だよ〜。ちゃんと手伝ってくれるで〜??。


トントントン〜トントントン〜やな(笑)。


はい。そんな横では、種芋の床に入れるよいブレンド土が余ったので、バケツに入れて農家さんにもらってもらうために頑張ってるみかちゃんの図やな。


そんなこんなで、やっと完成しましたが、だ気が遠くなるような作業がまだまだたくさんです(+_+)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:16 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
渡利牡蠣ふるまい [2011年11月23日(Wed)]
先週の土曜日は、キャンプinn海山ご利用のお客様に
渡利牡蠣の焼き牡蠣を振る舞いました。




周囲約4キロの小さな汽水湖、白石湖で育つ渡利牡蠣は、生産量が少ないため、あまり外には出回らず、数年前までは知るヒトゾ知る渡利牡蠣だったのですが、最近ではテレビや雑誌などいろんなメディアに取り上げられるようになり、広く知られるようになってきています。



この時期の牡蠣は、出始めなので、小ぶりでわりとあっさり味です。
焼きたて、アツアツを楽しんでいただきました。



今年もいました!ビール持参のお父さん(笑)。楽しんでいただけて良かったです♪




振る舞いはこの日限りですが、キャンプinn海山では宿泊のお客様向けに食材セットとして
殻付き牡蠣とむき身の注文を承っています。

また、牡蠣のフルコース、牡蠣の食べ放題なども楽しんでいただけるお店もあります。
稲米舎 渡利牡蠣フルコース

裕翔丸 渡利牡蠣の食べ放題

他にも、渡利牡蠣が食べられるお店がありますよ。
産地で味わっていただきたい旬の味です。



by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 15:38 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
初めてのアングル♪ [2011年11月22日(Tue)]
初めて見る風景に出会ったので少し紹介したくなりました(笑)。

一週間経つの早いですね。気がついたらもう年末やしね(笑)。毎週畑に通っている権兵衛やな。

はい。まずはこの風景。
くき漬けの種芋の床づくりに四苦八苦しているみかちゃんと私。
なんと頼もしい!!。材木屋のお嬢様であらっしゃられますみかちゃん。くき漬け床の材料を提供してくれたのですが、それを寸法に合わせ、工場で切ってくれました。
見てる方がヒヤヒヤしたのは言うまでもありませんがね(汗)。




くき漬けの種芋の床づくりが、ラストスパート!今日はここまで!と言う予定まで出来上がったのが、確か4時半ぐらいだったでしょうか。どうなる事かと思ったけど、よく頑張ったね〜と、お互いを称え会う二人だったな(笑)。
そんなやれやれタイムに、みかちゃんのお父さんから電話が入りました。
軽トラをある場所?まで持って来いよ〜でした。ちょうどそちら方面に用事もありましたので持って行く事にしました。工事中道路に迷いながらでしたが、なんとこの景色に出合いました。



アップしてみます。見える島は割亀島ですね。ちょうど銚子川と船津川が交わる河口から海の風景です。




さて、どこから見てるかと言いますと、お父さんらは作業してたので、普通は入れない場所ですが、この池の上です。
はい。船津川カヌーイベントのカヌーレッスン場所であった前柱池の上の山から見た景色です。
上から見ると素敵な池になってました。




池に流れ込む谷側です。以前は白建物の工場がありましたね。




高速道路の延長がこの地域まで延びきてるのはご承知のとおりですが、それに伴い失われたものもたくさんあります。
便利になると言う事はよい事ではありますが、取り巻く生活環境も変わる事でしょう。
この地域は国道42号線一本に頼ってきたので、なにかあると孤立してしまってましたからね。
命をつなぐ道と言えるかと思います。

また、平成16年には超水害を経験したこの地域ですし、さらに津波への恐怖感ら、高速道路は逃げ道になり得る可能性に期待も高まりますね。

しかし、やっぱり通過点となってしまう可能性を危惧するからこそ、どの町も魅力づくりに頑張っているのですね。

いらぬ心配をするよりも、まず銚子川の環境をより良くして、守り育てて行く、町全体の姿勢が、とても重要な事であると私は考えてます。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:48 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)
種芋保管奮闘記〜その四〜 [2011年11月22日(Tue)]
次の日種芋を掘り起こしました。
ち〜ねぇ&けんさんがクワで掘り起こしてくれました。



そして農家さんと私は種芋を選別していきます。



右端の緑線は小さい種芋なので使いません。真ん中のオレンジ線の芋を種芋として使います。

左端の青線は孫芋。茹でて食べるとおいしいらしい芋。

この3つに分けていきます。



ごんべぇ畑の種芋は少し小さかったです。
昨年植えた種芋も小さめだったので大丈夫。立派に育ってくれるといいなっと思います。


なんとかみんなで全部の種芋を掘り起こし、選別しました。

そして種芋保管床に
もみ殻をいれ、種芋を入れ



ふるいにかけた土を入れて、
ペンペンっと押さえつけます。
土は2〜3cm程かけるのがベストらしいです。
あまり土を厚くかけすぎると、芽が出にくくなるみたいです。



最後に藁を被せ、ビニールを2枚重ねして終了!!
これで霜がおりても大丈夫♪








たくさんの人に手伝ってもらい、無事完成!

後は理事長に屋根を作ってもらうだけです。


これで3月まで芋を冬眠させます。

植えるまでに根っこ拾いや土作りなどなど、やらなくてはいけないことがありますが、
とりあえず種芋保管奮闘記終了ということで・・・。
理事長並みに長くなりましたが、お付き合いありがとうございました。

by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 15:30 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
種芋保管奮闘記〜その三〜 [2011年11月21日(Mon)]
ごんべぇ畑はもともとは田んぼ。水がたまりやすいです。

その畑に種芋を保管するので、水がたまっていると種芋が腐ってしまいます。
なので種芋保管床を高くしなくてはいけません。

そのためにたくさんの土を保管床に投入しなくてはいけません!

前のごんべぇ畑からたくさんの土を運んできました。
この作業はとても一人では出来ないので・・・
ちゃあさん。hooちゃん。ち〜ねぇと4人で土を運びました。
その土を保管床に投入!

少しでも地面から高くしました。

そしてここからは根気作業でした。

『種芋に被せる土は砂と混ぜて、土をふるいにかけて、サラッとさせるとええんやで』っと教えていただきました。
砂を混ぜて、ふるいにかけることで土が乾きやすく、湿気に強い土になる。とかならんとか・・・

早速その土を作ることにしました。
みんなが持ってきてくれた土をふるいにかけます。






一人で土作り・・・。
今頃みんなベルファームで米タルト作り(涙)




なんとか出来ました。サラッとした土が!

砂より土のが多い方がいいらしい。


そしてもみ殻も農家さんに頂いて!準備完了!

そして次の日に種芋掘り起こし作業を行いました。

つづく〜


by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 16:28 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ