CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
尾鷲ヒノキで学び、遊ぼう パート1 [2011年10月31日(Mon)]
「尾鷲ヒノキで学び、遊ぼう」が、10月30日(日)にキャンプinn海山で開催されました。
地域の子どもたちに尾鷲ヒノキのことをもっと知ってもらおうと三重県からの委託をうけて実施し、3年目になります。

毎年楽しみにしてくれているリピーターファミリーさんもいて、今年も定員いっぱいになりました。
でも、体調を崩して当日キャンセルになった方々もいて、楽しみにしていただいていたのに残念でした。

さてさて、まずは木工アート広場に集合しご挨拶。


三重県の担当職員さんから、尾鷲ヒノキのお話をきいて、少しお勉強。
そして、少し移動して間伐体験です。
森林組合おわせの職員さんから、間伐はなぜ必要なのか、間伐作業の仕方などお話いただき、チェーンソーをつかった実演もありました。



ノコギリで挑戦します。
けっこう太い木もあって大変でしたが、お父さんに手伝ってもらいながらがんばりました!


自分で伐った木をかついで、持ち帰ります。
持ち帰っていいよと声をかけてもらって、やった〜!と子どもたち。



ツリーイングを楽しみに参加してくれる子どもたちもいます。
去年より高くのぼるのを目標に来てくれていたようです。



このイベントでは、木のお仕事を知り、体験を通じて木に触れて楽しみ、木を身近に感じて欲しいと思っています。

間伐体験、ツリーイングの他、木工体験(プレートづくり)も行ないました。
木工体験の様子は、次のブログで紹介しますね。



by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 18:44 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
美し国まいろうフェアin美濃加茂 [2011年10月30日(Sun)]
三重県の魅力を県外に広く発信し、三重の里に都市部の人を呼び込もう!!という美し国まいろうフェアのお手伝いをしに岐阜県美濃加茂市へ行ってきました。

私たちは尾鷲ひのきの間伐材を使った『尾鷲ひのきでかおかおバッチを作ろう!』の木工体験教室を行いました。

尾鷲ひのきの説明やオモチャやパンフレットを展示し、紀北町・キャンプ場のポスターやパンフレット、チラシなどを置いて東紀州地域の雰囲気が感じられるよう飾り付けを行いました。



横のブースは三重県の様々な食材やチラシなど置いてありました。
四日市とんてきの試食もあり、とってもいい匂いが・・・。


工作体験スタート!

尾鷲ひのきの間伐材で出来たバッチに目玉をつけて、色んな色を塗り、好きな顔を作っていきます。


どんな顔が出来るかな??



かわいい〜!
ひのきのいい香がする〜!
っとバッチを作りながら喜んでもらえました。



130個持って行ったバッチは、ほとんどなくなりました。

体験をしていただいたお客様、立ち止まって見ていくお客様に
熊野古道に行ったことがある!
こんなきれいな川に行ってみたい!
間伐材でこんな可愛いオモチャ作れるんだ〜。
っと工作体験し、チラシやパンフレットを見て、美濃加茂の皆さんに『三重ってこういうところ!』っていうことがPRできました。


by みか





Posted by ふるさと企画舎 at 09:53 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚汁いただきました♪ [2011年10月29日(Sat)]
ある平日の夕方。小腹がすく時間に、炭火焼ハウスご利用の男性の方が「豚汁つくったんですが、良かったらどうですか」と声をかけていただきました。

もちろん 「いただきますっ!!」と即答です。
そして、炭火焼ハウスへイソイソとでかけ、豚汁をうけとる もりまりです。



はい。この日のお客様は、高速道路の馬越トンネルと高丸山トンネルの工事業者さんたちでした。日本全国からきているトンネル工事のスペシャリストのみなさまです。


豚汁のシェフさんはこちらの方です。
なぜか、お一人だけランニング姿なのが気になりますね。



汗だくになりながら一生懸命つくった豚汁がコチラ!!



レシピをみながら初めて作ったという渾身の作です。みかちゃんと二人でいただきましたが、とってもおいしかったです!

なにせ、具がたくさん。
豚肉、お豆腐、ネギ、大根、サトイモ、ニンジン、ゴボウ、エノキ などなど。
前の日の夜から、下準備までしていたそうですよ。スバラシイです。



次の日のお昼ご飯のシーンです。



ナント他のスタッフの分もということで、お鍋に入れていただいていたのです。

もりまりはおうどんを入れて豚汁うどんです♪



二日間おいしくいただきました。
ありがとうございました。



by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 13:07 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋のえんそく [2011年10月27日(Thu)]
秋の遠足シーズンですね。

今週始め、船津幼稚園の子どもたちが、遠足でキャンプinn海山に遊びに来てくれました。

船津幼稚園はいつも6月にめだかの学校長(理事長)が河童のガタロの話でお世話になっている地元の幼稚園です。

今回の遠足では、尾鷲ヒノキのキーホルダーづくりに挑戦。
ちかいちゃんが担当し、ヒノキの落ち葉や実などをみせながらヒノキのお話をしたあと
キーホルダーづくりにとりくみました。思い思いに好きな絵を描いて楽しむ子どもたちでした。

そして川原で少し遊んだあとは
お楽しみのお弁当タイム♪
大きな円になって食べてましたよ。



種まき権兵衛の里でバスが待っているのかな。歩いて帰って行きました。
また、遊びにきてね〜!




by もりまり

Posted by ふるさと企画舎 at 23:04 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ごんべぇ畑の開墾作業がありました。最終回(笑)。 [2011年10月27日(Thu)]

長らく開墾作業のブログをアップさせていただきましたが、お付き合いのほどありがとうございました!。

楽しく素敵な写真を石倉君がたくさん撮ってくれていたのと、ここで記録として残しておきたい気持ちからでございます。

はい。写真は前後しますが、私の一生懸命考えた?アイディアの紹介を忘れてました。

名付けてアマゴどっちゃり焼き機!!。


写真を見て、なんなん!?て思われるでしょう(笑)。
このたき火台はスノーピークのLサイズなんですが、一度にアマゴを20匹を焼かなくてはなりません。
4面あるので、1面に5匹づつアマゴの串刺しを立てたら20匹焼ける計算なのですが、前回はその勘定でやったら、コーナーのアマゴが重なるので、せいぜい1面に4匹のアマゴが精一杯。アマゴが大きいとさらに焼きにくくなります。

そこで私は頭の悪いのを忘れ一生懸命考えました。
数的に焼きにくい5匹のアマゴを焼くには上しかない!と考え、たき火の隙間に入るぐらいの太めの針金でこうした訳です。
どうです!なかなかのもんでしょう(笑)。針金を固定する事はなんもしてません。隙間に刺して地面まで下ろすだけ。
このお気に入りのスノーピークのたき火は工夫次第で、どんな事もできそうです。

横からやんちゃ坊の大野君は、こんな事やったら、観光協会にある、いっぱい焼けるやつ持って来たったのに〜と私に言ってましたが、アウトドアでは知恵を働かす事が楽しいんやじょ〜と言う権兵衛でしたわ。

20匹以上のアマゴになると、ちょっとそこまで知恵が回らない権兵衛ですがね。
まだたくさんの工夫ができるかと思いますが、シンプルがベストと考えている私。いや、面倒なのが苦手なだけなんですね(笑)。

ええと、レンガが見えるかと思いますが、普段私が使っているスノーピークのたき火は一番小さなタイプなので、レンガ無しでちょうどよいのですが、このサイズになると、どうしても串の長さが足らなくなるので、レンガで位置を上げてるのですね。まあ材木でもよいのですが、汁が垂れるしね。

ただアマゴの重さで倒れてしまうので石を串尻に置いているのですわ。福山君がレンガに穴あけたれよ〜と言ってましたが、正にそのとおり。私も倒れるやろな〜とは思ってましたがね。川原ならレンガなんて必要もないですがね。

ただもう少し、針金を高くするべきで、そうすると網を置けますね。まあ、また次回に工夫しよう。
まあ私の頭で考えられるのはこの程度なんですがね…。

はい。皆さん本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!と言う事で3時の終わりにはカヤ草の山の上で記念撮影!!。




この時間になると、何人が減ってはしまいましたが、本当にこのように助けてもらえてます。

私どもだけでやったてたら、どうなる事か…です。

やんちゃ坊の大野君も言ってましたが、農家さんの大変さがわかりますね。普段何気に売り場にある野菜にも愛着が出るよ〜との事。

人間は狩猟に頼って生きていた時代があると思いますが、農耕が始まってから、生活も安定した事でしょう。

生きるためには農耕は大切ですね。

みんなで、そんな事に気づく事も大切な事だと思いました。

まだまだこれからです…。

こんな私どもですが、今後とも頑張ってまいりたいと思います。

本当にありがとうございました。



追伸…。

権兵衛は英語はさっぱり知らんけどソーシャルとは、社会貢献と言う意味らしい。
レジャーとは、遊びと言うか、お楽しみとかと言う事。

私どもの開墾を「美し国おこし・三重」ソーシャルレジャーでやってみませんか!?と言ってくれた県の皆さんにはうれしかったですね。前の開墾で体験してくれていたからなのですね。普段から地域に溶け込み、地域の痛みをわかってくれているからこそなんです。素晴らしい県職員さんらです。こうでないとね♪。

はい。次のソーシャルレジャーは来月27 (日)に銚子川流域にある看板をまずはみがいてきれいにしよう!!と言うサインクリーンアップ作戦があります。
ご都合あうようであればご参加お願いいたします。



by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:55 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ごんべぇ畑の開墾作業がありました。パート8 [2011年10月27日(Thu)]
この時期のカヤ草は少し枯れ始めておりました。今回の場所はイバラや笹がないので、安心して遊べました(笑)。
一ヶ所に山のように積み上げたので、これからどんどん分解され土に戻って行くのですが、刈り取られたすぐのこのようなカヤ草は本当に秘密基地の材料にピカイチなんですわ。

私がカヤ草で作る秘密基地は、枯れたセイタカアワダチソウのジクを根元から折り柱にして、カヤ草を被せるだけの簡単な秘密基地なんですが、風や寒さをしのげるのが、作り甲斐があると言うもの。
作りたかったな〜(笑)。
私のそんな秘密基地はしゃがんで入れるぐらいの高さぐらいしか作れませんが、工夫次第では、りっぱな秘密基地になります。

昨日の事も忘れる私ですが、子供の頃の遠い記憶をたどりますと、意外と鮮明に覚えている部分はありますね。
なんせ秘密基地なんで、見つからない事。
大人の草刈り後のカヤ草を集め、秘密基地を作っていたのでしたが、まず本拠地になる部屋を作り、出入り口はひじで這ってレンジャーみたいに行くようなトンネル通路も作ってたな。
カモフラージュにはカヤ草をはえているように立ててたりしたな。
仲良し仲間で作っていたな。そこでお菓子を持ちより食べるのが最高やったな。
屋根部分はシートを拾ってきたりして、雨対策もしてたな。
一度、雪が積もり朝学校へ行く前に秘密基地へ行った事もあったな。一度上級生に見つかり壊され泣いた事もあったな。女の子を秘密基地に案内する時はドキドキやったな(笑)。
なんせ私の子供の頃は、カヤ草にまみれてるか、釣り竿持っているか、生き物とたわむれてるかの記憶しかないな(笑)。


まあ大人になった今も一緒やな。カヤ草と遊ぶ遊ぶ(笑)。



権兵衛、後ろ向きに倒れると子供たちは喜ぶ喜ぶ(笑)。


懐かしいカヤ草の感触…。


ありゃ〜埋められたよ〜の権兵衛やな(笑)。


来年は開墾作業の時期に合わせ、秘密基地作りのイベントも計画せんなんな(笑)。

昼食後のひとときでした。


つづく〜(^O^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:22 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ごんべぇ畑の開墾作業がありました。パート7 [2011年10月27日(Thu)]
ここで、へんてこりんな写真を二枚。

お元気ですか〜ではありませんが、権兵衛とプリウス…。なんともミスマッチ(笑)。
まるちゃんのプリウスの移動を権兵衛がやった図やな。


続いて、権兵衛のドジョウすくいの図。そう言えば国会のドジョウはどうしとんかいな。姿見えんようになったな。今頃はキタナイ泥の中に潜っとんかいな。


はい。そんな事はともかく、素晴らしい写真をどうぞ!!。
子は親の背中を見て育つと言われてますね。
素敵なおとうさんしてます。
福山君はなんでも物知りだし、重機も運転できるんですね。
午後から、平山グループさんらが別用で帰られたので、福山君がバトンタッチしてくれたのです。


はい。権兵衛以外の皆さんは一生懸命、根気のいる根っこ取りをしてくださいます。


これが、権兵衛大の苦手…。いや、そんな事言ってたら叱られます。今日は怒りんぼまりちゃんが居なかったから、難を逃れた権兵衛ですが、実は来月6日(日)の紀北町権兵衛マラソンの日には、五味建設の社長にお願いして、今回借りる畑を全部重機で耕してもらえる事になりました。
そうなったら、権兵衛いやがなしでも根っこ取りせんなんな。
いや、重石の移動やら、看板の移動やらもせんなんな。
権兵衛、ぶっ倒れまで頑張ってみるよ。権兵衛はシャイなんで人が見ていないところで汗かいているのですからね。
畑作りを早よせーな、みかちゃんに叱られるでな(-.-)。
冷や汗やな(笑)。


つづく〜(^O^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:31 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ごんべぇ畑の開墾作業がありました。パート6 [2011年10月26日(Wed)]


ジオン君は、本当かわいい、かっこいい、頼もしいね。

男は黙って…。のジオン君の図。






はい。ジオン君と、やんちゃ坊の図。




かっこいい、ジオン君の図。ジオン君は、アマゴ大好き。今日は参加できなかったジオン君のお姉ちゃんもアマゴ大好きだとか。うれしいじゃあないですか!?。




かわいい女の子ちゃん二人の図。草刈り後の草を山のように積みました。子供たちには最高の遊び場やね。




昼食になると、女の子ちゃん、お母さん達は集まりました。子供の食事に集中するためですね。素敵な母親してますね。私は素敵な父親をした事ないけどね(笑)。




とても、ほのぼのさせてくれる風景です。

現代の子供たちには、草の山で遊ぶ事なんてなかなかない事だと思います。いろんな体験をして素敵に成長してくれる事でしょう♪。

こんだけ草があれば、立派な秘密基地作れるんやけどな〜とひそかに悔しむ権兵衛やったな(笑)。

つづく〜(^O^)/。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:32 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ごんべぇ畑の開墾作業がありました。パート5 [2011年10月26日(Wed)]


はい。ごらんのとおりジオン君がアマゴの腹をきれいにしてくれます。
腹わたを抜いた後、背骨にそう赤黒い血のりもきちんと取り除いてますね。




二人がさばくその間に女の子ちゃんたちは、やっぱり水が好き!!。谷で遊ぶ遊ぶ(笑)。ドッポンしてもへっちゃらです。
アマゴを触らせてあげたい権兵衛は、ひもをエラに通しました。そのまま渡しツルッと滑らかすと、流れてどこに行くかわからんからね(笑)。




全部さばき終え、迫る昼食の時間に間に合せようと、次は畑で火起こしします。
あ〜大野君に火起こしを頼んでおけばよかったよ〜でしたが、その発想はすでに遅し…。
福山君とジオン君と三人で頑張って火起こししました。




はい。笑えるでしょう(笑)。三重県の美しくにのタオルをほっかぶりしてた権兵衛。美し(うまし)さんからのお願いだったのです。ナイスなアイディアでした(笑)。ゆるキャラのう〜まちゃんですね。




こりゃ〜おやつぐらいの時間に焼けるんちゃうかい〜と言われるぐらいアマゴ班が遅れてます(笑)。途中から流れ作業になりました。権兵衛がアマゴの串刺し塩ふり、福山君がアマゴ並べ焼き、そしてやんちゃ坊の大野君は、バーナーでアマゴの表面焼きです。




表面や腹の中をサッとバーナーで焼くと臭みが消えると聞いてますので、いつもそうしてる私。

お陰様で、なんとか皆さんが昼食をべ終わるまでぐらいまでには焼けたかな(笑)。

昼食のメニューはもちろん、くき漬け。あおさの味噌汁とアマゴの塩焼きになんと、みかちゃんの知り合いの、おばちゃんに料理してもらった、くき漬けの元となるヤツガシラ芋の芋煮です。いや〜うまかった〜です。


つづく〜(^・^)/

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:22 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ごんべぇ畑の開墾作業がありました。パート4 [2011年10月26日(Wed)]
女の子ちゃん達にもアマゴを見せたいので、権兵衛水産に連れて来ました。
抱っこして、いけすの上からたくさん泳いでいるアマゴを見せてあげました。




そして活きの良さを見せたいと、権兵衛なにを考えたかザルの中へアマゴをドバーッとあけこみました。




当たり前です。アマゴは跳ねる跳ねる。ジオン君と飛び出したアマゴをアタフタして捕まえます。




今度はふた付きバケツの中に戻し、一匹一匹、アマゴをシメました。
どうですこのアマゴ!!。きれいですね。社長はいけすの広さと匹数に余裕を持ち育てているので、尾っぽまできれいに育つと言ってます。




さーっ!!これからが大変です。ジオン君と二人でまずは20匹のアマゴをさばかなくてはなりません。




足場がよいと本当は子供用の軍手をはかせてナイフを持たせてあげたいのですが、ちょっとまだ怖いかな。
次の機会には持たせてあげようかなぁ?。母ちゃんに叱られるかな(笑)。

ジオン君は、権兵衛がアマゴの腹をナイフで開いてから、腹わたをきれいに取り除きます。
今回で二度目の体験なので、説明するまでもなく、正確にきれいにしてくれるのでした。


つづく〜(^O^)/


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:13 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ