CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
緑のカーテン? [2011年07月30日(Sat)]
暑中お見舞い申し上げます。
節電の夏・・・。
銚子川で涼をとって、夏の暑さを楽しく過ごそうとたくさんの方にお越しいただいているキャンプinn海山です。

今年は緑のカーテンに挑戦してみました。
朝顔です。



ところがぁ〜。
なんだかすきまが多いので、緑のすけすけレースカーテン状態なのです。



やっぱり網目状にすれば良かったデスネ・・・。

まだまだ暑い日が続きますが、元気に楽しく暑い夏をのりきりましょう!

by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 19:38 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
主婦の店o(^-^)o。 [2011年07月29日(Fri)]

暑い毎日ですが、ここで余計暑苦しくなる心温まる話題??を一つ(笑)。

はい。私どもの町では、なくてはならない日常食品店の主婦の店!。

また、キャンプイン海山等、こちらにお越しの際は皆さん主婦の店のご利用がある事と思います。国道から近いしね。

この地域、進む高速道路の工事のため、私の職場は燃料の配達が多いです。そのため昼休みの配達もあるのですね。

今日はまた昼休みの配達が出たため私は自宅での昼食をやめて、主婦の店で弁当を買う事に。こんな事が週に三回はある私。

目指すは一番安い398円の弁当(笑)。




買いに行くと、少し混み合っていて並んでた私。
ありゃーお目当ての弁当ないじょ〜と不安になってましたら、中からケースに積んだ弁当を持って女の子が出て来て、慣れない手つきで陳列しはじめました。

あ〜落とすじょ〜と見てたら、案の定ベチャリ(笑)。
女の子は、やってもた〜と、その弁当を違う棚に置きました。

後で叱らるんやろな〜とかわいそうに思い、その弁当、わし買おたるわ〜と言いましたら、女の子は申し訳なさそうに、すみませんと言い、私の顔を見たら、女の子は、あっ〜こうだい君のお父さん〜!と私に言いました。
息子と同級生らしい。

私はもちろんその女の子は息子の同級生なんて知らなかったのです。

そんな事で、女の子にはちょびっと息子の株は上がったんちゃうかいな〜と、ひそかにうれしくなるおとんでした(笑)。

はい。この夏休みの時期は高校生がよくバイトしてますね。初めての事ばかりなので大変でしょうが、頑張ってほしいと思います。

そうは言っても、私んちの息子は遊びほうける事と、家の留守番が得意みたい(^_^;)。

はい。そんなこんなで、仕事場で弁当食べ始めたら、いつも入っているソースがありません。

ま〜あらや〜やっぱり慣れないんやな〜入れ忘れてたんやな〜ま〜しゃ〜ないな〜と食べ出すと、ソースがないと、やっぱり物足りません。

しゃないな〜そやけどやっぱり、物足りんな〜と心の中で繰り返しながら食べる自分に笑えました(笑)。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 21:02 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
水栽培!?。 [2011年07月28日(Thu)]


先の台風では、たくさんの皆様に心配とご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたが、その後は大した天気の崩れもなく、連日賑わうキャンプイン海山でございます。

台風後、キャンプインのセンターハウス手前の川へ降りる階段から下流の階段ぐらい前まで、キャンプインの護岸側に流れができており、浮袋に乗って流れる姿が楽しそうにしています(笑)。

はい。そのようなキャンプインですが、私はと言うと、台風で寝かされたくきが心配で、みかちゃんの足手まといにならない程度に畑に通っています。

そんなおり、ある事を思い付きました。
はて?これはなんでしょうか!?。




これが、今回台風で倒され、なんとか刈り取らずに残ったヤツガシラのくきでございます。




それを刈り取ると、このような断面になる訳です。




はい。一枚目の写真はこのくきのヤツガシラの芋を掘り起こし、水路で洗った物なんですね。

遊び大好きな、めだかの学校長は凡人ではありません(笑)。
水が大好きなヤツガシラです。くき漬けの宣伝にならないかと、水栽培を始める事にしました(笑)。




まずは、四通り作ってみました。

一番奥は四リットルのアル中ペットボトルの上部を切り取り、芋をかたまりで置いてみました。

次は一回り小さいペットボトルにステンレス針がねで受けを作り、上品に芋を置いてみました。

次はマヨ瓶(保存瓶)に同じように置いてみました。瓶にした訳は透明度を重視したいためです。根っこがヒヤシンスのように素晴らしいのではないかとね!?(笑)。

一番手前はそのまんまのヒヤシンスのハチです。青い色付きしか売ってなかったので仕方なく買いましたが、なんと銚子川の水色みたいな発色なので、えらく気に入った私でした(笑)。


ええと、この後どうなるかって!?。はい。予定では、この畑のように小さなかわいいくきが出てくるかと思っています。




いや、ちゃいます。そう願っています(笑)。

農業初めての私どもで、四苦八苦してますが、収穫になるとうれしいものです。また、くき漬けになって食べたら、こりゃーまたうれしきってきます。

おかげさまで、みかちゃん頑張ってくき漬けにしてくれ、先日初めて、くき漬けをいただきました。
うまきってきましたo(^-^)o。
本当びっくりでした。

台風の影響で、予定通りとはならずドタバタしていますが、皆さん本当よく頑張ってくれました。

はい。そんな愛おしいくきが水栽培でちっちゃく手元にあれば、楽しきってくな!!。

そんな想いから生まれた、めだかの学校長オリジナルの「インテリアくき」!!。

この日曜日の午後からキャンプインでマヨ瓶タイプの物を先着順10名様ぐらいにプレゼントしたいと考えている私。

まあ、うまくくきになるかは責任持てんけどね(笑)。

ええと、ヒヤシンスは根っこの部分は暗くしましたっけ??。心配尽きない私なんですが(^_^;)。




by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:33 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
FM三重「ほっと紀北町」聞いてくださいね! [2011年07月27日(Wed)]
FM三重『ほっと紀北町』の紀北ほくほく顔のコーナーでキャンプinn海山について紹介いただきます。



収録に来て頂いた『ほっと紀北町』スタッフのみなさんです。



カナディアンカヌー体験や炭火焼ハウスでの海鮮バーベキューなど.....
仕事を忘れて?楽しんでいたみなさんです。(笑)
私たちも放送が楽しみです。
金曜日はぜひ『ほっと紀北町』を聞いてくださいね♪

<放送日>
7月29日(金)12:00〜12:30
ほっと紀北町

by もりまり


Posted by ふるさと企画舎 at 19:13 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
川ガキを育てたい!!。パート3 [2011年07月27日(Wed)]
出た〜ですo(^-^)o。

やんちゃ坊、大野君の快心の一枚。はい、たったの一枚(笑)。




これしか見せれんな〜です…。

橋脚の真ん中ぐらいから、上下ピントの合っている場所と合っていない場所の境目がゆらゆら帯なんです。こう見ると真水も海水も濁りがありますね。内山さんが言うように、境目のラインまで潜って撮るとおもしろいのですが、人の動きで境目が舞ってしまい壊れてしまうんですよね。だから難しいのですね。立て位置の物がバックにあると見た目わかりやすい写真になりますね。

海水の中には無数のビリンゴがモヤモヤとしてます。
内山さん曰く、ハゼの仲間はほとんどが、稚魚が海にいったん下り、川を遡上してくるのです。特別な種類はあるとは思いますが、淡水ではサワガニだけぐらいが、海に出ない生き物なんだとか。ほとんどの生き物は海とつながっているので、川の環境は大切と言う訳です。

このビリンゴはまだ小さいので、幼魚なんでしょう。これから真水に体をならしながら、中流域ぐらいまでを目指して行く事でしょうね。

はい。ガリバー毅君が、前日の昼にウナギの仕掛けのモンドリを二つ浸けていてくれました。ウナギ捕ってみんなに食べやしてくれるんかいね〜でした。




そうです、毅君はウナギをさばけるんです。すごいですね。

しかしまあ期待もよいとこ!。入れたエサしか入ってなかったな(笑)。


ゆらゆら帯も皆さん一通り見たし、次は生き物を採取してみます。内山さんに、解説をお願いするためです。



みんなが楽しく捕っている場面を写さなければならないところが、この写真を最後にプツリと写真がなくなりました。
そうです、私もタモを持ってしまったのですね。こうなれば私は糸の切れたタコ!。
狩猟民族の血が騒ぎ出します。

毅君は、自分ばっかり捕っとらんと、みんなに捕り方を教えたってよ〜と言ってましたが、あかん、ミミチクワ(笑)。
めだかの学校長にタモ持たしたら、あかんわれ〜ま〜イベントどころじゃあないじょ〜です(笑)。

そんなこんなで、なかなかお目にかかれない小さなきれいなエビをゲットした私o(^-^)o。

水中写真では、りゅうちゃんには負けるけど、タモなら負けんじょ〜でしたが、ちゃいます。りゅうちゃんはタモ捕りもプロ!!でした。
りゅうちゃんにはなんもかなわない私(T_T)。


はい〜。次はゆらゆら帯を後にしてキャンプインの木工アート広場でまずは昼食です。
そして、銚子川の写真をふんだんに使ったスライドで川や生き物ののお話しを聞きました。




本当楽しい内山さんです!!。
こんなでかいナマズ撮ったじょ〜と言ってる訳ではありません(笑)。また、手に持っているのはエビタモです。スライド指すためです。さすがりゅうちゃん!と言いたいところですが、ちゃいます。指す物の用意忘れたからです。まりちゃんに持たされたりゅうちゃんの図〜やね(笑)。




昨年のシンポジウムでは、会場の関係からどうしても、あらたまってしまいがちですが、本来は内山さんに近いこんな場所でするのが、一番よいね〜と思った私でした。とてもフレンドリーなりゅうちゃんですのでね。
聞きたい事等、たくさん意見交換ができましたo(^-^)o。

ええと、内山さんはこの海山入りの直前まで、琵琶湖でオオナマズの撮影を夜間していて、ひじに少しケガをされてましたし、睡眠時間も少ないようでしたが、本当パワーあり、危険を極力回避している内山さんに、さすがプロ!!を感じました。

ゆらゆら帯では、地元の参加者さんから、ゆらゆらに来たのは初めてで、地元では、危険な場所との認識があり、あまり近寄りませんでしたと言う事。
実は私も同じで、泳ぐにも魅力ないところですし、海に近寄り過ぎると急に深くなりますからね。くれぐれもJR橋脚付近でお願いしたいと思います。

はい。山にしても、川や海にしても、初めて行く場所にはインストラクターが居る時が一番よいかと思います。ファミリーではなおさらですね。

これは正解と言う訳ではもちろんありませんが、私の体験から提案を少し…。

・初めて行く場所の場合には、神経質なぐらい細心の注意を払い、まずは長くその場に留まらない事がよいと考える私。
注意の意識が強い時に楽しむと言う事かな。

・そして自然には自分の能力を低く考え接する事。

・無理と考えたら、どんな遠方から来ていても退去する事。

・慣れと、だろうからは油断が生まれる場合がある。

はい。自然は遊園地ではありません。同じ場所でも時として条件が変わります。臆病者と笑われるぐらいで自然とは接っしてほしいと思います。


今回、内山りゅうさんの川ガキを育てなければ!と言う熱い想いに感動した私どもでしたが、地元の子供の中には、内山さんの事を尊敬の眼差しで、ギラギラ見つめている子供も居て、うれしくなった私。

また、内山さんには今回もたくさんの事を教えていただき収穫たくさんの私どもでしたが、やっぱり水の大切さですね。

これは銚子川の地元はもちろんですが、日本人全員が日本の水の大切さを早く気づくべきだと思いました。

最後に、立ち話の時でしたが、ハッとする気づがありました。

布団の干せる川はもうなかなかないよね〜です。
昔からの川沿いの生活文化の事をおっしゃっていたようですが、布団を河原の上に干せるか!?ですね。泥なんかかかっていたら干す気になりませんね。

銚子川なら迷いなく干せるね〜でしたo(^-^)o。


内山りゅうさん、本当ありがとうございました!!です。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:08 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
川ガキを育てたい!!。パート2 [2011年07月26日(Tue)]
やっぱり、台風後なので、上流からの真水が多く、透明度もまだ本調子ではなかったです。

また、台風後は石についているコケが剥がれていて、川底が明るくなり、ツルツルしませんね。


これらは、アユにはエサがなくなる訳ですし、他の生き物たちも流されていました。

キャンプインの前でも同じで、生き物が見当たらない時でありますね。また戻っては来ますが、これが自然の厳しさなんですね。

内山りゅうさん、素晴らしい顔してますね。これぞまさしく水を得た魚なのです(笑)。



内山さんの魅力は、撮影だけでなく、トークもできるますから、テレビ局からも引っ張りダコなんですね。
現在、私どもとも付き合いをしてくれてますので、なおさら銚子川の魅力をあちこちのテレビ局に語ってくれています。うれしい事でございます。もちろん自然の大切さが伝わるようレベルの高い撮影を目指してくれてるのが、本当素晴らしいですm(__)m。

はい。まりちゃんも頑張ってます。まりちゃんらは夏はキャンプインで忙しいので、そこに銚子川があってもなかなか泳ぐ暇がないのです。今日はイベントとは言え、ひと時癒しだった事と思います。頭もよく冷えた事でしょう(笑)。



はい。私はハウジングで水中カメラにしていたのですが、なんせ撮影係なので水中めがねは持つとなにかと不便なので、水中写真はノーファインダーで撮影しました。

皆さんの姿がまるで、ここに居るビリンゴ(ハゼの仲間)みたいに撮れました(笑)。



やっぱり水中撮影はノーファインダーではうまく撮影できなかったので途中で、やんちゃ大野君に撮影お願いしたのでしたが…。
なんでしょうこの写真…。



ま〜あらや〜どうなろどい〜何撮っとんやろね〜の図やね(笑)。

これはまあピンボケと言うよりは、海水の中にビリンゴが全部潜っているからだと思います。

紀北町観光協会ヤリテバリバリのやんちゃ坊、大野君の挽回写真は次出るかなぁ…出やんやろな(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:47 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
川ガキを育てたい!!。パート1 [2011年07月25日(Mon)]

この日曜日「銚子川・川ガキ養成講座〜内山りゅうさんといく ゆらゆら帯と銚子川の生きもの編〜」イベントがありました。

昨年の銚子川シンポジウムより、内山りゅうさんと銚子川について話しをしている中で、川をよくして行くには、やっぱり川ガキを育てる事が大切という、内山さんの想いから企画された今回の川ガキイベント。

初回ですので、まずは地域向けにと言うイベントとしました。

そんなこんなで、JRの陸橋下に人だかりがうまれました。



忙しいのにわざわざ、足を運んでくださいました、私らの副町長さんと、国から来た、県の偉いさんでございます。



前日の土曜日の夜にこのイベントため内山さんと打ち合わせした私どもでしたが、内山さんは川をよくするにあたり、興味深い話しをたくさんしてくれました。

地域が気づかないところをどんどん伝え、想いを伝え、フレンドリーになる事なんですねo(^-^)o。

私どもの町長もかなりフレンドリーな町長で、内山さんの事を友達みたいに回りに話ししているとか!?。大正解だと私は思います。また、内山さんのフレーズの「奇跡の川だ」とたくさん宣伝してくれてます。

内山さんには、気さくでフレンドリーな世界を持ってますので、皆さんそんな内山さんの魅力に染められて〜♪になっているのかと思います。

はい。内山さんの、貴重な体験として、ゆらゆら帯がこんなにすぐ見える事の魅力や、子供の時にこんなきれいな川で遊べる事へのうらまやしさを語ってくれました(笑)。内山さんは東京生まれなので、子供の時はこんなきれいな川で遊んだ事がないので、こんな川に出会っていたら人生変わっていたかも?と(笑)。

その後、ま〜あらや〜の完璧に○不足のガリバー毅君から今日のスケジュールを聞きました。本当頑張ってますよ。ガリバー君らスタッフはいっぱいいろんな事があり大変なんです。



はい。出発〜ですo(^-^)o。



私から、水中めがねの曇り止めについて、簡単に説明させていただきました。

曇り止めスプレー等、いろいろ方法はあるとの事ですが、私が子供の頃に親父に教えてもらったやり方です。
ヨモギの葉っぱをこぶし大ぐらいの大きさに丸め、平たい石の上に置き、丸い石で叩いて汁が出るぐらい潰して、水中めがねに葉っぱごと塗り付けるのですが、ポイントは砂等を葉っぱに紛れ込ませない事です。水中めがねにキズを付けてしまいますからね。
使う前にはサッと洗い流しますが、ヨモギの匂いの苦手な人には無理かなぁ。
そんなこんなで、いよいよゆらゆら帯に出会いに行きます。



台風後なので、川の水は多いし、生き物たちは居るかな〜でしたが、ワクワクする瞬間です。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:20 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今回の台風被害 [2011年07月23日(Sat)]
前回、朝のくきの収穫ブログの時、みかちゃん、地域のおばあちゃん、私の三人は、台風来いよるね〜いややな〜くき畑どうなってくんやろね〜と、みかちゃんと私が言うと、おばあちゃんは、どうする事もできんな〜と、淋しいそうにポツリと言った言葉に農業初挑戦の私らには、覚悟するしかありませんでした…。

台風がUターンしてくれる事を祈る私でした。

でかい台風でしたので、かなり危機感あり、キャンプインや避難への心配が勝っていた私でしたね…。

台風接近の19日の嵐の昼休み、私とまりちゃんはお店で待ち合わせし食事しながら台風について話ししてたところへ、みかちゃんから倒れたー(T_T)の写メあり、急いで駆け付けて撮った写真がこれです。
みかちゃんも、畑が心配で見回りしてたんですね。


私ら交流空間みやまと言う町づくり組織で、桜の里づくりを目指しコツコツ植えている権兵衛桜も暴風雨に、必死で耐えてくれていました。



取り急ぎキャンプインの対岸に向かい様子を見ました。
この時点で、銚子川の国道の橋の水深は4メートル程でした。まだ余裕ありますが、これから朝まで土砂降りだと考えたら凍りつきましたね。
まあ、ダムの放水ももちろんありましたがね。



さて、他の農家さんのくき畑もご覧のとおり…。
くきが育つこの時期の、でかい台風は想定外の一面があるのですね。なんせ弱いくきです。台風時期までにはくき作りは終えてる予定なので、ちょっと早い時期の台風でした。



はい。この写真は台風が近くにいるのに、暴風雨がおさまっていた次の日の朝の6時半の畑です。
一晩暴風雨にやられ一段と寝かされてました。


この日は、朝が一番台風がえらいだろうと考え、5時に起きた私でしたが、静かすぎてびっくりしながら、畑やキャンプインに向かったのでした。台風が抜けたとはまだ聞いていなかったから、どこにおるんかいね〜??でした。

まずは、キャンプインや林道が被害受けてないか、林道を見回りました。
実は前の夕方、台風が近づいて来ているので、仕事を少し早めに上がり、林道で、側溝の詰まりを取る作業を一人でしてた私(笑)。

と言うのも、普段から林道を大切にしている私どもなのですが、どうしても枯れ葉等が側溝に積もっていくのですね。それで土砂降りになると枯れ葉が集まってしまい横断側溝に詰まるのですわ。案の定、詰まって道にあふれていました。そのままにしておくと、あふれた水が、林道の路肩を崩してしまい、最悪の場合は道を落としてしまいます。

山側の崩れはどうする事もできませんが、路肩側は大変ではありますが、人間が少し手を加えるだけで、道を守る事ができるのです。
キャンプインに被害なくても林道が通れなくては、どうしようもないですからね。

私が作業してた薄暗い時間は魔物のような土砂降り!!。私が作業する事を伝えると、危ないで止めてーと言われるのが関の山なので、こそっとしてます(笑)。
キャンプインでは、私にできる事はまあそのぐらいなので…。

しかし、焦りからか、うっかりリムジンの運転席ドアを突風にあおられ、ドアにガタが出てしまいました。そして後ろ座席の雨漏り…。

まあリムジンはそろそろあかんかなぁ?と淋しくなりましたが、世話になっている板金屋さんに持って行ったら、ドアのガタをものの5秒で直してくれました。気をよくした私は雨漏りはせっせとマットをはぎ、乾かしてます。雨漏りはたぶんシケ降りだったからだろうとの事。
さらに、リムジンを愛おしく感じた私でした。リムジン君は今年成人式でしたので、まだまだこれからですよね(笑)。

はい。くきのごんべえ畑では、朝のみかちゃんの、ま〜あかん…と言うしょんぼり電話から、あきらめずなんとか最善の道を探してみよやい!と伝え、取り急ぎスタッフは打ち合わせをした次第。

まりちゃんの、倒れたくきでも買ってもらう!案からすぐに動き出し、刈り取りの人集め、くき売り、漬け込みまで、皆さん本当によく頑張りました。

みかちゃんのお父さんまで手伝いに来てくれました。ありゃ〜ごめんい〜の私。申し訳なくてね…。でも、さすが材木屋お父さんです。刃物を使う刈り取りは初めてなのにプロ並!!。うれしかったです。
そんなこんなで、おかげ様で、なんとか危機を乗り越える事ができたように思いました。

なんだかねぇ…私が言っても仕方ないのですが、素晴らしい仲間ですね。私どもは、やってる事はちっちゃい事かもしれませんし、なかなかでかい花を咲かす事はできてませんが、何かに頼るのが前提にある取り組みではなく、自分たちで切り開こうとしている「姿勢」が、ちょびっと自慢させてもらいたいと思いました。

そうそう、今回約600ミリの雨量でしたが、なんとキャンプインのセンターハウス前の川岸の道に少し水が乗った跡を見つけました。
時間的にはたぶん19日夜の11時ぐらいではなかったかと思いました。

降る時間や満潮等、いろいろ条件あると思いますが、まあ600ミリぐらいがギリギリなのかもしれませんね。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:22 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
増水後の銚子川 [2011年07月22日(Fri)]
先日の台風6号がもたらしたこのあたりの降雨量は約600ミリでした。
銚子川の水量は19日の23時頃がピークで、護岸上の通路に細かい木屑などが
のっかるほどの水量まで達しました。ヒヤヒヤでした・・・。

昨日からキャンプinn海山は営業を再開していますが
増水し危険な状態であることをお伝えし、川遊びはみなさん我慢してもらっています。
子どもたちからは「川で泳ぎたい〜!」という声も聞こえてきましたけどね・・。

今日は、男性スタッフたちが、えん堤上のカヌーコースの点検に行ってきました。

(写真提供 ミッチー)


大水のたびに水の流れが変わるので、カヌーのコースどりも含めての点検です。


(写真提供 ミッチー)


埋まっていた土砂が押し流され、少し深くなっています。
岩もこんなに見えてたっけ?大きめの岩が増えているように思います。



(写真提供 ミッチー)

まだまだ濁っていますが、これはこれで幻想的ですね。

明日から、カナディアンカヌーレンタルを再開します。
カヌーコースとしては、以前より楽しめるコースになったのではないでしょうか。
ぜひ、体験してみてくださいね。
カモメさん?もお待ちしてますよ♪


(写真提供 ミッチー)


明日ぐらいからみなさん川遊びを楽しまれることと思います。
ただ、ふだんよりまだまだ水は多い状態で流れが速い箇所が多いです。
このような時がとても危険だと考えています。
地元でも今週末の水の事故を警戒し、パトロールもまわっていただけると聞いています。事故のないよう、安全に銚子川を楽しんでいただきたいと思います。


by もりまり

Posted by ふるさと企画舎 at 19:29 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
内山りゅうさんには負けられまへんなo(^-^)o。 [2011年07月21日(Thu)]
先の日曜日は、久しぶりの自由時間(笑)。

朝から自宅の庭木の剪定から、尾鷲市で息子の買い物。

買い物前には、気になっている熊野古道センターの水槽展示の様子見。

はい。内山りゅうさんには負けられまへんな〜と水槽写真(笑)。
まあこの日はカメラを忘れてたので、前に撮影した写真なんですがね。

はい。60センチもあろうかと言うナマズ君です。



夏休み企画展「川のあそびと生きもの〜熊野って川イイ!〜」での展示です。熊野古道センターらしく、江戸時代に騒がれた地震とナマズの関連の絵図も一緒に展示されてますので、楽しいですよ。

また、びっくりなのですが、おそらく門外に出たのは初めてではないかと思われる、船津の永泉寺に伝わるカッパのガタロの掛け軸絵図も展示されてます!!。この掛け軸は簡単には見えないので、ぜひともこの機会にご覧くださいませo(^-^)o。
展示は九月のちょびっとでの予定です。


日曜日の天気は晴れたり雲ったり時々雨、みたいな天気でしたが、晴れ間をついて久しぶりにゆらゆら帯に一人で行ってきました。本当は息子ともんちゃんと舞い込み淵〜ゆらゆら帯遊び〜を一緒にしたいな〜なんて考えてたのでしたが、都合と天気が合わずでした。

行きたいやりたいと思ったら、頑固なまで実行に移す私(笑)。

台風、来いよるよって波にさらわれへんかいな〜と不安でしたが、JRの陸橋付近ではなんも波の影響はありませんでしたが、かなりの引き潮でした。

陸橋の深みの潮溜まりで、またもりゅうちゃんには負けんで〜とパチリ(笑)。




りゅうちゃんの写真を見ながらいろいろ気づき、教えてもらったのでしたが、ゆらゆら帯だけを写しても、見た目感動はなかなか写せないものなのですね。
私はそこにいち早く気がつきましたが、ガリバー毅君なんかは、写真を見る限りまだなんも気づいてないな(笑)。

まあ講釈だけはえらい水中写真家?の私なんですが、ゆらゆら帯はようするにバックに縦長の物があるところで写すと、真水と海水の透明度が表せるんですね。

そんなこんなで、JRの橋脚を入れて写しましたが、まだまだやな〜の写真やね(^_^;)。




こう撮るとわかりずらいですね。これがガリバー毅君の写し方の悪い見本(笑)。




はい。撮影していると私のそうめんのような細く白い足をスリスリしてくる魚達。ま〜あら食べ物ちゃうんやで〜でした(笑)。
熱帯のなんとかと言う肌をはむ魚たちのようでした。




はい。見上げれば青空も覗いてはくれましたが、肝心の撮影時にはなかなか光が入ってくれませんでした。辛抱して待っとったらよいのにねぇ。なんせ、せっかちなもので…。




この後は舞い込み淵に行って、潮ケを落とす私でした。

その後はキャンプインに行って京都でビビらせてもらったバッテリーを交換して、明日の朝の畑の収穫準備をみかちゃんと地域のおばちゃんと夕方して、私のあっという間の日曜日が終わりました。

この土曜日は内山りゅうさんの『銚子川・川ガキ養成講座〜内山りゅうさんといく ゆらゆら帯と銚子川の生き物編』があります。

あしたは内山りゅうさん出演のBSフジ『なるほど!ザ・ニッポン』「奇跡の水〜三重県 銚子川〜」放送です。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 20:00 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ