CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
熊野古道センターで展示物準備の手伝いをしました。 [2011年06月30日(Thu)]


29日の夜7時半、熊野古道センターの展示室でなにやらゴソゴソしている人影あり(笑)。


センターで7月9日(私の49歳の誕生日、笑)から始まる「川の生き物と遊び」と言う展示準備で、私は水槽のセッティングのために手伝いに来たのです。

あれ〜私が撮影しとるのに、後ろに私がおるよ〜です。なんと権兵衛が居ました(笑)。
眼鏡かけてないけど、白い歯がステキですね。


はい。まずは砂利をしき、流木や石等いれ、水を入れて行きます。ワクワクする瞬間です。


レイアウトにはセンスがとても大切です(笑)。魚の大きさや水槽大きさ等バランスを見極め、自然界の一部を切り取り大胆かつ、安全性を考えながら水槽内に再現するのですね。


今回、飼育展示する魚の特性を内山りゅうさんにメールで聞いたりしてた私。
レイアウトでは、りゅうちゃんには負けねーぜー!と気合をい入れる私(笑)。ともかくセンスですね。水中をたくさん見てきているりゅうちゃんには絶対勝てませんわね(^_^;)。
ここではどんな魚を入れるかはヒ・ミ・ツ〜ですね(笑)。オープンをお楽しみに〜(^0^)/。

さて〜とりあえず今回の作業が一段落したところで記念撮影なんかをしました。


あれ〜なんか珍しい女の子おるよ〜です。この日、突然私を訪ねてきてくれたのです(*^.^*)。
この春、静岡県から三重県のある会社に就職した女の子です。
お父さんは、知る人ぞ知る、海に浮かぶブイのようなあのツルッパゲです。

七夕イベントを直前に控え休みが取れたので、いろいろ手伝いに来てくれました。初心者マークの車を頑張って運転し、校長〜♪ってね。うれしいじゃあないですかo(^-^)o。

このようなつながりが、私どもを支えてくれているのですね!!。

もうデロデロの私。

素敵な女性さんらに囲まれて、こりゃー七夕どころじゃなじょー!です。

あかん…イベントに集中せねば…(笑)。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:51 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
過密スケジュール!?。 [2011年06月29日(Wed)]


先の日曜日は、熊野古道センターの展示物準備と、きほく七夕物語イベントの最終買い物と打ち合わせをしました。

まずは、朝、熊野古道センターの要のスタッフのアガタ君が私んちに到着。でかい水槽と飼育用小砂利をアタフタ運び出します。
こりゃー今日は暑なるで〜っとね。

その後、スタンドで水槽洗い。

まず洗い始める前に一服やじょ〜(笑)。

洗い終わって一服やじょ〜です(笑)。

そんなこんなのところに流れ星班の真の班長、中井さん合流。

さて、今日はこの三人で、仲良く作業する事になりました〜(^0^)/。

まずは銚子川の舞い込み淵で暑さにも負けず、せっせとと真面目に作業しました。水槽レイアウトの準備です。私は流木探しと、河原のヨシを引っこ抜きました。ヨシの葉っぱの先がチクチクカイ〜ノ〜でした(笑)。

そんなこんなで、材料をリムジンに詰め込みました。




次は小山にある清水川に向かいました。この清水川は昔は名の通りきれいでアユやアマゴがたくさん泳いでいたとの川ですが、今はご覧のとおりメダカの棲む沼地環境になってしまったりしてます。
この川の水源は昔は銚子川の伏流水で、涌き水だったと言う事です。素晴らしい世界があった事でしょうね。

はい。そんな水辺にピッタリ!?の人がいます。麦藁帽子のアガタ君です。色合いと言い似合いすぎです(笑)。とけ込んでいます。私は一瞬、このワンドを守った区長さんが居るのかと思いました。





そうです、このワンドは川の整備により本来は無くなるところだったんですね。そんな場所に…。




カッパちゃいます。トンボがいます。なんか珍しいトンボちゃうかいね〜と中井さん。ベッコウトンボやったら、とてつもなくすごいニュースになるところですがね。




ここでは、外来種のオオカナダモと言う水草を採取しようと考えてましたが、外来種なので思案してましたが、ありゃまあ、なんにもありませんでした。以前に川さらえをしたみたいです。

そんなこんなで水草採取はあきらめ、三人は熊野古道センターへ行き、とりあえず荷物を下ろし、チャンチャン!でした。

センターのスタッフさんは皆さん真面目に仕事してます。よろしい!!です。ちゃいます、理事!あんた、ちーとも顔を出ださんね〜あんたが一番不真面目やで〜と叱られる前に逃げ帰り?ました(笑)。




その後は、中井さんと流れ星での最終買い物をすませ、キャンプインで湯浅さんと待ち合わせし、三人で、脚立たてとアンカーペグ打ちと最終打ち合わせをしました。

その後私は、待ち合わせに43分?遅れで、みかちゃんのお父さんらと食事…。その後はお父さんと飲み明かし…。その後はやっぱりぐでんぐでん…。その後はみかちゃんのお母さんに送ってもらい…ま〜あらや〜でした(笑)。

さて〜七夕イベントまで後三日!!。

大したもてなしもできないかと思いますが、ロマンチックな一夜を提供したいと、みんな手作りで頑張ってます。

きほく七夕物語、皆さんのお越しを心よりお待ち申し上げています。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:39 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カヤック試乗会 [2011年06月28日(Tue)]
先週、モンベル商品の取り扱いをしている大阪のメーカーさんがキャンプinn海山にお越しいただきました。
車にはカヤックを三艇積んでいます。

一言目に「銚子川、うわさに聞いていたけど、きれいですね〜!!」
色々と情報交換させていただいたあと、「カヤック乗ってみませんか?」とお誘いいただきました。

もちろん、スタッフたちも「乗りたい〜っ!」。


はい。リバーサイト前の階段からおろして、いきなり試乗会です。


楽しんでます♪



ムラサキは二艇ともシットオントップ。
漕ぎやすく、いろんな遊び方ができそうです。
理事長さんは前から(自分の)遊び道具に欲しい!っと言ってます。







黄色いカヤックは2.5人乗りレクリエーショナルカヤック。
これなら家族で乗れますね。安定感あり、乗りやすかったです。



毎日、暑い日が続いてますが、少し「涼」を感じていただければ幸いです。



by もりまり


Posted by ふるさと企画舎 at 18:11 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
銚子川、台湾に進出!? [2011年06月27日(Mon)]
昨日の日曜日、台湾のテレビ局 八大テレビが撮影に銚子川(キャンプinn海山)に訪れました。
『大脚走天下』という日本を周遊する旅番組のロケです。月曜日の夜10時のゴールデンタイムに放送されているとのこと。

リポーターは台湾のイケメン俳優マイケル・チャン。
トレンディドラマに多数出演の人気俳優だそうで、期待度高まるキャンプinn海山女性スタッフたちです♪




・・・で、いきなりこのスリーショット。



うれしはずかし・・・もりまりと、広東語ペラペラでマイケルとおしゃべりする観光協会スタッフちゃんです。




さて、ロケがはじまりました。
銚子川漁業組合さんの協力でアユ釣りに挑戦です。



おちゃめなマイケル。カメラに気づいてポーズです。



こちらではカメラがまわり、友アユのつけ方など伝授していますが、向こうでは、松場組合長がアユを釣り上げようと真剣勝負です。



このあと、松場組合長の目線がスタッフにおくられました。
アユが釣れていますっ!!!
そこでマイケルが「タッツジ〜〜〜ン!!」と叫び、大絶賛!
ニヒャッと笑顔がこぼれる組合長。(笑)


こちらは、裏方の銚子川漁協のおじちゃんたち。
銚子川のアユ、アマゴ、テナガエビ、モクズガニなどを串にさして焼きます。



そして、最後に食べるシーンです。
「タツジン」と名づけられた組合長。
すっかり役者!ノリノリ「タマツサン」。



モクズガニ、テナガエビ、アユ、アマゴ・・どれがおいしかった?と聞くと
「全部味がちがうから、全部おいしいっ!!」と広東語でマイケル。

でも、日本語も達者です。
「ゴヂソーサマデシタ!」。
銚子川の恵みに大満足の様子でした。



by もりまり

Posted by ふるさと企画舎 at 19:25 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
特別授業!水生生物調査をしよう! [2011年06月26日(Sun)]
梅雨の6月。天気が心配でしたが、凄くいい天気で、夏のような暑い日になりました。

そんな中、四日市の環境学習情報センター副センター長の木村先生に来ていただき、水生生物調査を行いました。
水生生物調査リーダーも駆けつけてくれました。



まず先生から調査方法や注意事項、どんな生物がいるのかなどを説明していただきました。


では早速調査スタートです。


どんな場所に、どんな生物がいるのかな??


何かとれたかな??


小さいカワゲラをつかまえました。


40分ほど採取をして、次はつかまえた生物をエビ、カニ、魚、昆虫。っと分けられたバケツのなかに入れていきます。


木村先生の説明や写真、図鑑を見ながら、みんな一生懸命仕分けしていました。

仕分けした生物の中でも、川の環境の状態を教えてくれる「指標生物」を調べていきます。


今回はたくさんのカワゲラ、トビゲラを採取しました。
調査結果は「きれいな水T」でした。
木村先生が「水生生物調査でこんなにたくさんのカワゲラ、トビゲラを採取できるところは無いです。銚子川は見ただけでもキレイだとわかりますが、このように調査すると改めてキレイな川だということがわかりますね。」っと教えて頂きました。
そして採取した生物を川に戻しました。

水生生物調査を毎年続けていくことで、川の変化を知ることができます。
この調査を通して銚子川に親しみ、理解をし、これからも銚子川を守っていきたい、もっと好きになった。っと感じてほしいなっと思いました。

by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 04:35 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
移動販売車 [2011年06月24日(Fri)]
くき漬けのことで地元の農家さんのお宅にお邪魔しました。
話も落ち着いた頃、外で音楽が・・・
移動販売車でした。

「移動販売」という非日常の現象に
購買意欲がそそられたもりまり。
真剣なまなざしで吟味しております。
視線の先にあるのはトウモロコシ。

「もうトウモロコシがあるんだ」(買う気満々です。)
それは移動販売のおっちゃんがもらった私物で
売り物ではありませんでした。
もりまり残念。

この移動販売、お魚も売っています。
というかお魚目当てのお客さんが多いようです。
この日はサバが残りわずかでした。
写真が暗くてわかりにくいですが、
キラキラした美味しそうなサバでした。

まな板と包丁もあって、おっちゃんが捌いてくれます。

魚料理が苦手な人にも安心ですね。
生ゴミも少なくなるし・・・。

写真とってもいい?とおっちゃんに聞くと
一旦は「いややーっ!」と言ったものの、
「写真だけやったらええよ。明るぅしたるわ。」と
反対側の幌も上げてくれました。
物色しているとカラスが近づいてきました。
音楽が鳴ると寄ってくるそうです。
カラスも物色して(?)魚を捌く場所を狙って降りてきましたが
寸でのところで、もりまりに追い払われて退散しました。

のどかで楽しいお買い物でした。

    by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 16:49 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
きほく七夕物語準備パート2 [2011年06月23日(Thu)]
日曜日の朝は草刈作業がありました。
きほく七夕物語を控えての草刈作業です。

七夕実行委員のほか、便ノ山区さん、高速道路関連の職員さんなどなど
たくさんの方に集まっていただきました。



まず権兵衛の里からキャンプinn海山までの遊歩道をきれいにします。




便ノ山区さんは県道沿いも刈り込みし、すっきりきれいになりました。長時間お疲れ様でした。

この機会に桜広場やごんべえ桜の苗木畑もあわせて作業をしました。




この草ボーボーかげんに、最初途方にくれましたが
みなさんに手伝っていただきお昼前には見違えるほどになりました。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

私は・・・と言いますと、この時間、道の駅海山で行なわれた紀北三大祭りの合同PR活動に参加してきました。
7月の紀北町はお祭りが目白押しです。

7月2日(土) きほく七夕物語
7月23日(土) きほく燈籠祭
7月30日(土) きほく夏祭りKODO

3つの祭りの実行委員が集まりましたが、
草刈作業と重なっていたので、七夕からは私と広報委員長の2人での参加。少なくてすみませんでした。



き〜ほくんも応援にかけつけてくれました。

今日は広報委員さんたちは、津市までキャラバン隊ででかけています。
午後2時台にはFM三重に出演してましたね。
そのほか、中日新聞さん、三重テレビさんなどなど、まわってきたようです。

きほく七夕物語まであと1週間ちょっとになりました。
準備に大わらわの毎日です!

by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 18:11 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
きほく七夕物語準備パート1 [2011年06月22日(Wed)]
先週の土曜日は、「LED教室と願い星カプセルづくり」がありました。

潮南中学校体育館に100名近い人が集まりました!

まずは、東芝のLED専門スタッフさんの「LED教室」です。
今年の願い星カプセルはLEDになります。そこで、LEDのお勉強です。



明かりの歴史、LEDのしくみやこれまでの電球との消費電力のちがいなど
クイズ形式で、また実際に明かりをつけながらわかりやすく教えていただきました。
昨年までの願い星カプセルは2〜3時間で消えてしまっていたけど、今年はLEDなので長時間光り続けます。天の川の途中で消えてしまうなんてこともなくなりますね。



お勉強のあとは、願い星カプセルづくりの作業にうつります。実行委員長と広報委員長が説明します。

後ろで天海祐希さんが「しっかりねっ!」と言ってます!(笑)



東芝さんから提供していただいた願い星カプセル。その数2500個!!
黙々と作業に取り組む皆さん。その中には町長さんの姿も・・・。
LEDの基盤を袋から取り出し、スポンジシールをはる作業です。







こちらはどこかで見たことのあるお父さんたち・・・。
カプセルに水が入らないようにシールをはって穴をふさぐ作業です。

ちっちゃなお子ちゃまも、カプセルに興味津々♪



他にも電池を箱から取り出しスポンジシールはりなど、グループに分かれて行ないました。

うちの理事長さんは座ってみんなと同じことを黙々とおこなう作業は苦手で
すぐにふらふら・・・・です。きっと学校の授業でもこんなんだったんでしょうねっ。


作業は大変で時間もかかりますが、このみんなで協力しあう手づくり感がきほく七夕物語の良さだと実行委員会は考えています。
東芝さんにもその主旨をくんでいただき、完成品ではなくキットとして準備いただきました。

続きの作業は25日土曜日に行ないます。
みなさん、ぜひぜひ参加してくださいね。




作業のとなりでは、FM三重「ほっと紀北町」の収録をしていました。



7月1日(金)午後12時からの放送です。イベント日の前日ですね。
みなさん、聞いてくださいね〜♪

by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 17:25 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カッパのガタロが現れました(笑)。 [2011年06月21日(Tue)]



今日の午前中は海山区はふなつ幼稚園にガタロが現れました。

はい。水難防止に役立ちたいと、毎年恒例に行っているガタロのお話しです。

まずはハゲ頭のめだかの学校長から、めだかの学校はどこにあるかいね?〜と言う質問事から始まり、この地に伝わる河太郎(ガタロ)の民話をお話ししました。




はい。川の中にあるめだかの学校ですので、めだかの学校長はガタロと仲良しなんですね。
友情出演と言う事で、ガタロをお呼びしました(笑)。
ガタロ〜♪と園児たちの声援を受けながら、演台の後ろで変装するのですが、なんて事はないハゲ頭がカッパになるだけ…。
同じ服着とる〜と、ご丁寧にご指摘する園児も居ます(笑)。
これにほっかぶりしたら権兵衛やしね(笑)。
ともかく、カッパの手の棒を叩き合わせると、なかなか雰囲気のある音になったりするのが、何よりの救い(笑)。




さて〜ガタロからの質問です。ガタロの好物は?〜です。

ピーマン〜?。ちゃうで〜ピーマンきらい〜(笑)。

ニンジン〜?。ちゃうで〜ニンジンもきらい〜です(笑)。

キュウリ〜?。おおっ当たり〜ってね。

こんなやりとりを楽しくします。

ガタロは川にいるから〜!。

魚〜?。当たり〜で、ここまでは案外すんなり正解します。

ここからが本題!。

ガタロはね〜深〜い川の底から子供たちが泳ぐのを、じ〜っと見てて、お尻に近づくんやで〜です。




はい。こんなやりとりをしながら全体で30分ぐらいのお話しなんですが、最後は少し恐がってもらおうと、ずっと前に新聞記事に出てたカッパの模型の写真を見せます。
こんなんに会いたくないよね〜ってね。




はい。ガタロとの約束です。

子供たちだけで川には行かない!。

川では、お兄ちゃん、お姉ちゃんの真似はしない!。
です。

私は小学一年生の時に大の仲良しを川で失っています…。

また、毎年夏になるとニュースから流れる悲しい事故…。

幼稚園児ぐらいの幼い子供たちが、何故事故に会ってしまうか…を考えた時、この二つの理由があるかと私には思います。

ええと、カッパの模型の写真は本当恐いので、あまり恐がらせてもいけないかなぁとは思う一面もあるのですが、カッパもまあサンタクロースみたいな存在として、とらえてもらえる日が来るかと思います。

最後に今回はめだかの学校の教科書をプレゼントしました。




皆さんが、小学校五年生になったら、まためだかと出会いますからね!と言う事で、内山りゅうさんの本です。(小学校5年生になるとめだかの授業があるのです)

このカッパのお話しは、今回で10年目を迎えました。早いものです。
町で子供たちに偶然会うとめだかの校長先生〜と呼ばれる事がよくありうれしいものです。

今日は体験学習で、中学生も来ていました。そうですね、中学生や高校生が幼稚園児ぐらいの時ぐらいの時間が流れてますね。

さて、この話しを聞いた園児たちの今夜のお父さんお母さんは大変なんですよ。尻こ玉〜と、お尻を触られまくるとか(笑)。

ま〜あらや〜ごめんい〜ですね(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:41 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
避難路確保!!。 [2011年06月20日(Mon)]
日本中が震え上がった、3月11日東日本大震災…。

その直後、日本中が地震、津波への防災の意識が高まった事と思いますが、紀北町海山区相賀では区民が、いち早く避難場所の見直しをはかり、区民一丸となり、避難路の確保を始めています。

まずは、ここでは避難場所を多方面で考えていなかったと言う事が言えるかと思います。そして、これまでの津波の想定での避難場所ではとても不安だと言う事…。

しかし、そこからが動きが早かったです。行政にお願いして待つ事をせず、まずは区民ができる事から始めるべきと判断し、企業もボランティア的にみんな総出で始まったのです。

この写真は4月23日の作業前です。以前に少し紹介させていただきましたが、区長さんが国道沿いにある私の職場の裏山について私にも相談してくれてから、区民での話し合い、計画まで本当早かったです。




避難路をつける場所と伐採目印のテープです。




その次の日の作業風景です。
とくに、ここ相賀では平成16年に甚大な大水害を受けてますので、防災意識は高いのだと思います。




はい。まずは区民で下あらけをして後、地元の建設業者が測量して5月13日には重機が入りました。私は簡単な登山道程度の避難路かと考えてたら、車椅子でも行けるように本格的にするようです。




その後、これらの取り組みが注目され、テレビ局もたくさん来ましたし、、このように地元の学校も見学に来て防災意識を高めています。
この写真は6月13日です。




この地区での避難路はここだけでなく三ヶ所を整備してますが、なんせ山は斜面がきついので、簡単には整備は難しいから、子供やお年寄りには大変だと思いますが、そんな事言ってられませんね。まずは意識と実行力かと思います。

前にFM三重取材の時に雑談で、この地域は海が近いから怖でしょう!?とFM三重さんらに聞いたら、意外な答えが返ってきました。
なるほどね〜と私は思いました。

逆にこちらはすぐに山があるから安心だと言うのです!。
確かに頑丈な高い建物すらほとんどないこの地域ですが、どこに居ても山だけはすぐにありますね。

都会の平地では複雑だし、近くに高い建物がなかった場合にはどこにも逃げる場所がないですよね。車で逃げても渋滞になれば身動き取れませんからね。

家や財産は必ず失うかもしれませんが、揺ったらすぐ逃げると言う避難意識さえしっかりしていれば、命だけは山に逃がす事ができる地域だと言えるかもしれませんね。

by 理事長

Posted by ふるさと企画舎 at 18:57 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ