CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
[2011年03月31日(Thu)]
今年は1月がとても寒く2月は気温が緩み3月になり冷え込んだ影響からか、
桜の開花は例年に比べ2週間程遅れているようです。
でもここにきてやっとキャンプinn海山の桜が、徐々に徐々に開いてきました。






そして・・・

『わらび』です。
こちらもキャンプ場内で収穫!
コテージ清掃の合間を縫って、おばちゃん達が採ってくれました。
寒い寒いと思ってましたが、野に山に春はもう来ていました。

そして、一刻も早く被災地に春が訪れますように…。

by ちゃあ
Posted by ふるさと企画舎 at 17:20 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大紀町 大内山に行って来ました。 [2011年03月30日(Wed)]
大震災から早20日程が経ちましたが、明るい兆しが見えて来ないのがつらいです。

そうは言っても、被災していない私どもが、めげていてはこの国のためには何もなりません。
私どもがやらなければならない事を粛々と進めて行きたいと思います。

おかげさまで、今のところ畑は順調です。みかちゃんが四苦八苦しながらでも頑張ってくれてます。現状では一番怖いのはイノシシ被害かな。昨日からみかちゃんが獣害の勉強会に行ってきます。若い女性がイノシシについて学すがたはほほえましいですね(^_^;)。

ええと、先のブログでのお知らせの通り、来月22日は近自然河川工法で日本で第一人者の福留脩文さんに来ていただき勉強会をします。川好きにはこの話しはぜひとも聞いてほしい内容で、川の仕組みがよくわかり、川が本当たまらなく愛おしくなると思います。また、河川にとても関係のある、町、県の職員さん、土木関係者さんには必ず聞いてほしい内容です。

はい。そんな現状ですが、以前にゴマ栽培について、私とみかちゃんで大内山いきいきプラザでの勉強会に参加してきました。
大内山のオープンセサミカンパニーと言う組織のゴマ栽培企画で、オープンセサミさんとは中部電力さんの地域応援組織のかわら版?「生き活きだより・ふれあい」から紹介され、交流が始まった私どもです。

はい。中部電力さんと言えば原発ですね。私は中部電力さんには、想定外なんて言ってほしくないですよ(今度聞いてみるつもりですが)。原発に想定外なんてありえません。想定内の絶対安全なんてそれは当たり前です。また、原発の賛否の話しになると地域の人間関係まで変になってしまうからね。
中部電力さんには危険のないクリーンな新しい電力づくりに先陣をきって開発してほしいと、強く願っています。


いろいろ前置きが長くなり申し訳ありませんでしたが、会場にはちょっと遅刻気味に到着した二人でしたが、前の席に座ったため、いきなり自己紹介させれられた二人でした。


オープンセサミ代表の伊藤さんは本当いけず〜な人やわ(笑)。いえ、漫才師のように楽しい人なんですよ。

私ども、ど素人ながらくき漬けを始めましたが、オープンセサミさんも同じく、ど素人ながらゴマ栽培を始めたばかりで失敗談も教えてくれました。

そうそう、オープンセサミとは、開け〜ゴマ!!と言う意味ですね。ね〜楽しいでしょうo(^-^)o。

部屋いっぱいぐらいの参加者でした。各団体、個人さんで自己紹介しました。


はい。講演会の先生です。三重大学の長屋祐一先生です。子供に教えるように優しく説明してくれました。あまりにも親切なので、なんでかな〜と思ってた私でしたが、やっぱり後で意味があり、納得できました。冷静ながら、町づくりにはとても熱い気持ちの先生でした。


はい。先生から紹介された絵本です。絵本となってますが、ゴマについて詳しく説明されてます。私も購入します。
7606

追伸…年度末でもありますが、なんだか本当にドタバタしているこちらです。ブログアップもままならないないのが申し訳ありません。お知らせしたい事はたくさんあるのですがね…。

私は元気になろう!と思ってはいるのですが、大震災の計りしれない被害の大きさが、重くのしかかります。私がこんな事ではあかんねぇ。
頑張りますわ。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:03 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業用水路清掃がありました。 [2011年03月27日(Sun)]
3月最後の日曜日。

この日は農業用水路清掃日と決まっているそうです。


今年からごんべぇ畑もお世話になる水路なので、清掃作業に参加させて頂きました。


水路にはたくさんの泥や落ち葉がたまっていました。



しかもその泥と落ち葉は水分をたくさん含んでいるのでとっても重たいです。


それを頑張ってスコップで取っていきます。
この作業をしないと水路が詰まって、水が流れないそうです。
それは困ります!
おばちゃん達に指示を得ながら作業を進めていきます。


作業をしながらおばちゃん達は、
「桜はまだ咲かんし、イタドリの芽も出てきてないね〜。やっぱり今年は寒いね〜。」っと話していました。
今年は例年に比べて寒いため、農作物にも影響があるかもしれないということも言っていました。八つ頭の出来も心配です。


1時間程作業をして、ついにごんべぇ畑の水路まで到着です。



ここで作業終了!

木津付近の農業用水路の整備をしていた男性陣と合流し、水を試しに流してみました。



ごんべぇ畑にもついに透き通った綺麗な銚子川の水が流れ込んできました。




八つ頭の芽が出て、暑くなってきたら1時間以上水を流し続けなさい。っと農家さん達に教えて頂きました。


銚子川の水が畑に流れこみ、その水でくき漬けができる。

ちょっと感動です。

もうすぐ4月、八つ頭収穫まで約3ヶ月。


これからどんどん作業が増えていくんだなぁ。っと改めて感じました。


by みか












Posted by ふるさと企画舎 at 10:33 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
銚子川流域拡大座談会を開催します [2011年03月25日(Fri)]
4月22日(金)13時30分から「美し国おこし・三重」銚子川流域拡大座談会を開催します。

-----------------------------------------------------------------------
<開催趣旨>
紀北町海山区を流れる二級河川銚子川は、日本有数の透明度を誇る清流として知られるようになり、東紀州地域の大切な観光資源となっています。
平成22年10月には『銚子川シンポジウム』が開催され、銚子川が奇跡の川といってもよいほど魅力ある川であることを再認識しました。
しかし、ネイチャーフォトグラファー内山りゅう氏の基調講演で「水のきれいな銚子川でも淵が埋まってきているのが現状で銚子川の一番の課題」とされました。川は淵と瀬が連続して河川形態ができ、多様な生き物が棲める環境となるのです。

今回の拡大座談会では、「自然環境豊かな水辺づくり」について講演をお聞きし、自分たちでできることについて考えあい、みんなの宝もの・銚子川を日本一の川にしていくために、地域や分野を越えた新たな取り組みや、つながりのきっかけづくりにしたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------



□■基調講演■□
「自然環境豊かな水辺づくり」
講師:福留脩文氏 叶シ日本科学研究所 代表取締役
時間:13:35〜15:00
場所:海山公民館研修室

「病んだ川を治し癒す男」と呼ばれる、近自然河川工法第一人者の福留脩文氏。
近自然河川工法は、生態系の復元を目的とした工法で、石組みによって川の流れる方向や速度を調整し瀬や淵を作り出します。
福留氏が手がけた全国の川では、多様な生き物が棲める生きた川に蘇っています。
講演では、全国の川の事例を紹介いただきながら、自然環境豊かな水辺づくりについてわかりやすくお話いただきます。

□■銚子川現地研修■□
時間:15:30〜16:00
場所:銚子川中流域(予定) ※基調講演会場から各自車での移動をお願いします。

福留先生と一緒に銚子川をみてみましょう。質問OKです!現状を確認しあい、銚子川への提案もお聞きしましょう。

□■座談会■□
時間:16:15〜17:30
場所:種まき権兵衛の里  ※会場変更可能性あり

「銚子川をみんなで日本一の川にしよう!」
銚子川をもっともっと自然環境豊かな川、誇れる川にするにはどうしていくと良いでしょう。
どんな銚子川にしていこうか?
自分たちができることは?・・・・
みんなで考えあい、みんなで話し合いましょう。

-----------------------------------------------------------------------
<お問い合わせ・連絡先>
◆NPO法人ふるさと企画舎 担当:森本、福山
〒519−3408三重県北牟婁郡紀北町海山区便ノ山271(キャンプinn海山内)
Tel/0597−33−0077   Fax/0597−32−3800
E−mail furusatokikakusya@abox3.so-net.ne.jp

◆「美(うま)し国おこし・三重」実行委員会 尾鷲地域事務所 担当:湯浅、梅谷
〒519−3695 尾鷲市坂場西町1番1号(三重県尾鷲県民センター内)
Tel/0597−23−3409   Fax/0597−23−2130
E−mail oumashi@pref.mie.jp

参加については4月14日までにご連絡お願いします。


-----------------------------------------------------------------------
主催:NPO法人ふるさと企画舎、「美し国おこし・三重」実行委員会
共催:三重県、尾鷲市、紀北町
後援:きほく七夕物語実行委員会、紀北町観光協会、交流空間みやま、銚子川漁業協同組合、便ノ山区、ホタルの会、川づくり会議みえ

-----------------------------------------------------------------------

by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 17:04 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
内山りゅうさんが海山入りしてました。 [2011年03月24日(Thu)]


先の日曜日にはネイチャーフォトグラファーの内山りゅうさんが取材下見のため海山入りしてました。

待ち合わせをキャンプイン海山にしたので、まずはご自身の写真の前で記念撮影をさせてもらいました。






内山りゅうさんと言えば昨年10月2日の銚子川シンポジウムで「銚子川〜清みきった美しい水から見えてくるもの」として基調講演をしてくださり、「奇跡の川」と銚子川を評価してくだいました。本当うれしいのはもちろんですが、この奇跡の川をさらなるよい環境にして後世に引き継ぎたい!!と言う使命感に奮いたった私どもでした。

今回の下見は某テレビ局からの依頼で、テレビ局さんも合流しての下見でした。いろいろ案内させてもらった私とまりちゃんでしたが、今回の大震災でどのテレビ局も今後大変な事情もあるかと思われます。

私と言えば、大震災から気分がすぐれずどんよりしてたのが申し訳なかったのですが、内山りゅうさんは被災地ともつながりがあり、私なんかよりはるかにつらいはずなのに、極力態度に出さず、しっかり前を見ていらっしゃるのには感銘を受けました。

そうですね…被災してない私どもがめげていても、この国のためになんもなりません。

みんなで頑張ろう日本!!ですね。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:50 | 理事長 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
東北関東大震災より…。 [2011年03月23日(Wed)]

ブログアップの間が空いてしまいましたm(__)m。

全国のたくさんの皆様も同じ気持ちだと思いますが、東北関東大震災より、被災地が心配だけれども何する事もできず、祈るばかりのつらい日々が続いていると思います。私もテレビを見て新聞を見てうなだれている毎日です…。

こんな時は、まずできる事から始めたいと、たくさんの義援金が集まりだしていると聞いております。

私どもも例外ではなく、取り急ぎにまずは法人で義援金を送らせていただいた次第でありますが、義援金は有効に使ってもらいたいのが願いでもあるかと思います。
私どもは日本財団さんに義援金を送る事にしました。

現在、様々なところで義援金集めに出会う度に、わずかながらでも協力させていただいている私ではありますが、組織としてこれからも集めていきたいと考え、お願い文を作り身近なところで集めさせていただいております。



私事ではありますが、この春、京都の専門学校へ行く娘と高校生になる息子にもこのお願い文を読んでもらい、賛同してもらえたなら、自分のこづかいから協力してもらうつもりです。

大した事ではありませんが、家族と言えども一人一人でこの危機について考え、応援できる事をしたいと思いました。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:20 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
被災された方々への支援 [2011年03月17日(Thu)]
今回被災された方々に対して、東北関東から遠く離れた三重東紀州から、どんな支援ができるのか。
インターネットで情報を探し、そのなかで、私たちふるさと企画舎(キャンプinn海山)として
次のところに物資や基金を送るなどの準備をすすめています。

★モンベル アウトドア義援隊
http://about.montbell.jp/release/disp.php?site_category_id=15&infomation_id=145
アウトドア用品、生活用品等の物資を送る準備をすすめています。





★日本財団 災害支援基金
https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
信頼度が高い組織ですので、義援金をここに託すのが良いのではと考えました。
インターネットでのクレジットカード支払い可能です。


キャンプinn海山受付に募金箱を設置しました。
みんなの思いが被災された方々に届き、少しでも支えになればと思います。



by もりまり

Posted by ふるさと企画舎 at 13:31 | 仲間 | この記事のURL | コメント(5) | トラックバック(0)
民宿 風帆(ふーはん)に行って来ました。 [2011年03月16日(Wed)]
全国の皆様も同じだと思いますが、先週11日の大地震より、あまりにもショッキングで今後の不安に重く気分が沈んでいる私どもです。

私ども法人で被災地に今何ができるか相談しながら、明日は我が身と考え、非常事態である被災地への支援の対応を話し合っているところでございます。

また、ここしばらくキャンプインスタッフは出張やら何やらたくさんありまして、年度末に向けドタバタしているのが現状です。

はい。私と言えば先の日曜日はこの地域の被害状況を見える範囲で見回りました。
どこの海でも濁りが取れず、まだ海を見つめる人がたくさんおりました。

尾鷲市の天満浦では小型漁船転覆の情報もあり、町中も影響があったのではないかと心配になり行ってきました。

天満浦には若い時からの友人が民宿の風帆を経営しており、この時とばかりと訪ねてみました。




津波の対応から一段落し疲れて寝ていたようです。外に居た奥さんに尋ねましたら、寝ぼけまなこで風帆大将が出迎えてくれました。ごめんい〜ですね。



初対面の奥さんに、田上なんですが…とお伝えしましたら、あの田上さん!?とびっくりしてます。ありゃ〜どの田上やろ〜??とパニックになる私。

そんなこんなで、違いのわかる??コーヒーなんぞをよばれ、超久しぶりに出会った二人は、昔話しから現状まで噛み合わない話しに花が咲きました。

なんとも楽しい風帆大将なんですよ。あの頃のままでした。奥さんは今回の事が心配で尋ねてこられた親戚さんの対応に追われ一緒に話しできなかったですが、本当素敵な奥さんでした。

最近、スクーターを買ったと言ってましたが、帰りがけ風帆大将は私のバイクに少し乗り、懐かしそうにしてました。

今度はゆっくり来るわ〜と約束して風帆を後にした私でした。

お互い、この地域の宿泊を担う私らですので、いろいろ協力しあいたいと思いました。



追伸…この21日の権兵衛まつりは甚大な震災により中止とさせていただきますと、区長さんより連絡ありました。取り急ぎこの場でもお知らせさせていただきます。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:25 | 理事長 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
23年度のイベントカレンダー完成♪ [2011年03月14日(Mon)]
東北や関東では、地震、津波の被害がおさまらず心苦しい状況ではありますが
来年度のイベントカレンダーが完成いたしましたのでご報告します。



イベントの情報をはじめ地域の情報、旬の情報などを盛りこんでいます。
キャンプinn海山で過ごす時間を、もっと楽しんで頂きたい・・・
そんな想いで毎年作っています。
ゆっくりとご覧いただければ嬉しい限りです。

また、来年度のイベント情報をHPでもアップしましたのでご覧ください。

東北や関東ではまだまだ余震が続いている様子。
少しでも早く、おさまる事を願っています。

by ちゃあ






Posted by ふるさと企画舎 at 17:51 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
今日の矢口湾の様子 [2011年03月13日(Sun)]
今日の午前中、気になっていた矢口湾の様子を見に行ってきました。

ごらんのように、見た目ではあおさのりの養殖にも被害はなさそうでした。






床上したといわれる場所です。
かなり海と近いですね。

知り合いだったので、お見舞いの挨拶をさせていただきました。

たいしたことなく、片付けもすっかり終わっていて安心しました。






いかだの被害は肉眼ではわかりませんでした。
被災地ではまだ余震が続いているとのこと。
まずは余震が終わってほしいと願っています。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 13:41 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ