CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年04月 | Main | 2010年06月»
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
第7回 銚子川サミット [2010年05月31日(Mon)]
昨日、キャンプinn海山のある『便ノ山区』主催による「第7回銚子川サミット」が行われました。
銚子川流域で活動する団体や企業、地区、行政の方などが一堂に会す場です。


今回のサミットでは、私たちふるさと企画舎が紀北町と企画立案、準備を進めている
「銚子川シンポジウム」について紹介させていただくお時間を、なんと30分も
頂けましたびっくり

同じく、今年の開催で4回目となる『2010きほく七夕物語』さんも30分の枠を
頂いていたようで、どちらも銚子川を主題としている行事の紹介にお時間を
作って頂けました。

まずは、「2010きほく七夕物語」実行委員長である奥村君から。

今年も新たな取り組みがあるようで、発展していく様子が
説明から感じられ、わくわくします。

そして私たちの「銚子川シンポジウム」の紹介です。
田上理事長ともりまりが発表します。


このシンポジウムへの熱い思いを語る理事長。


現時点で決まっている、催し内容などについて
もりまりが朗らかに紹介していきます。


それぞれの紹介が終わってからも質疑応答などにより
各団体さんの思いなどが伝わってきました。
銚子川というひとつの空間を今後も活かし、守っていきたいと
強く感じた時間でした。

by ちゃあ♪

Posted by ふるさと企画舎 at 16:14 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
海山メダカの学校 [2010年05月29日(Sat)]


26日に尾鷲市宮之上小学校でメダカの授業がありました。

この日、理事長はメダカの学校長として5年生2クラス45名の子供たちにメダカをテーマにした環境学習をしに行ったのです。

理事長はどんな事しとるか見といてい〜と私も記録係として一緒に同行させてもらいました。最近では去年と一昨年と尾鷲小学校の遠足の時に野外授業のメダカの学校もしたとのこと。メダカの学校長はひっぱりだこです。

校長室で宮の上小学校の校長とメダカの学校長と話しした後、5年生の教室に向かいます。



教室に到着すると、子どもたちはメダカの校長に群がり特別授業が!!
授業のチャイムがなるまで子どもたちは校長にベッタリでした。



授業が始まり子ども達は元気よく挨拶した後、授業開始。



メダカの学校はどこにあるでしょう〜と笑いから話しが始まりました。冗談みたいなその質問から意味があったのでした。メダカの生態・飼育方法などなど

笑いが飛びつつ、「えー!」とか「へー!」とか子どもたちは興味深々。熱中した雰囲気で授業を受けました。



私も子どもたちと一緒に「へー!」っと言いながら授業を受けました。気分は小学5年生でした(笑)



最後は質問タイム。子どもたちはチャイムがなっても質問しまくってました。



担任の先生から「まだ質問のある方はメダカの校長先生にお手紙を書きましょう!」

ということで授業が終わりました。

授業が終わり挨拶をした後もメダカの校長は大人気!!

廊下で捕まりました。子どもたちはまだまだ聴きたいことがいっぱいあったみたいです。一時間では足らんなーでした。

大好評だったメダカの授業。


メダカの校長だった顔も車に乗る頃はいつもの理事長に戻っていました。理事長はいっぱいいろんな顔を持ってました(笑)。



by みか

Posted by ふるさと企画舎 at 18:23 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
伊勢で自転車遊びしました(笑)。パート1 [2010年05月28日(Fri)]
この地域、平成16年に紀伊半島の霊場と参詣道として熊野古道・伊勢路も世界遺産登録されたのはご存知の事かと思います。

私ども地域の者は世界遺産が町の活性化になると本当喜んだものです。
しかし、世界遺産は峠道だけなので来訪者の皆様は峠道だけを歩いて帰られているのが現状で、仕方ないかぁと考えはしましたが、なんとか町なかや自然を見てもらい、賑わう町にしたいと私は法人設立のず〜っと前から微力ながら活動してきました。

しかし、地域の私らですら熊野古道の事はわからない事ばかりで、地域の郷土史研究者さんや古文書の大学教授さんらに教えていただきながら、また、県立・熊野古道センターさんとも関係を持ちながら、熊野古道・伊勢路特有の魅力はないか!?と自分なりに探しています。

その一つが巡礼者や物乞い者の旅人でした。庶民が旅に出れるようになったのは比較的新しく江戸時代になってからだと聞いてます。私にはナンジャラ上皇らが何回熊野に来たと言う史実にはあんまり興味ないのです(笑)。

それより弱い庶民の路だと言える伊勢路はなんだか温かいじゃあないですか!?。伊勢と言う賑やかな聖地と熊野と言う古来からの得体の知れない懐深い聖地…そして西国三十三観音巡礼への旅立ちの一番札所の那智…こんな伊勢路のイメージが私に膨らみました。

また、その中で長い旅を続ける旅人の精神性と言うか、信仰への想いが理解する事ができたなら、熊野古道は峠道だけでなく、どこまでも続く信仰の道として現代の私どもに大切な何かを伝えてくれるのではないかと考えています。巡礼とはマラソンみたいなものか?…。

はい。相変わらず前置きが長くなり申し訳ありませんでしたが、現代のトンチンカンなおとんと息子はマウンテンバイク2台をリムジンに積み、伊勢神宮と言う賑やかな聖地を肌で感じたいと目指した訳でした(笑)。

伊勢外宮の近くのスーパーで自転車を降ろし今回の出発地点の外宮に着きました。


外宮にお参りして、次は内宮です。自転車は車で走る感覚とも徒歩とも違いますね。主要道を走らないので途中で道に迷います(笑)。迷子の二人に同じく自転車の中国人さん三人に道を尋ねられアタフタのおとんでした。お父さん〜道に迷っとる人が人に道を教えてもええんかい〜と息子に叱られました(笑)。そんなハプニングもありましたが、なんとか内宮に到着しました。


大きな社寺のある場所の森は原始的な森だと聞いた事があります。それ程遠い昔から社寺ができ守られて来たと言う事でしょう。内宮の木々もでかいですわ。私には神様よりそんな木々に感動しますね(笑)。道行く人々も同じような事を言ってる人も居ました。語り部さんの案内では木からパワーをもらってくださいとの説明をしていました。う〜ん本当かい〜(笑)。


見た目、杉やクス、カシ類が多いかな。クスと言えはトトロの住家ですね(笑)。古来、神は滝であれ大木であれ、自然崇拝であったと聞いています。森そのものが神様だったのでしょう。


さて、そんな森の中を流れる五十鈴川です。神様が宿る場所として川も重要な意味があるらしいです。


熊野本宮なんかは川の中洲にありましたからね。江戸時代、当時の旅人さんにはこの伊勢神宮はどのように映っていたのでしょうかね。

つづく〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 09:50 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キイチゴが実ってます♪ [2010年05月27日(Thu)]
今日はからりと晴れて気温もぐんぐん上昇中の海山です。


この陽気に誘われ思わず銚子川へ浸かりたくなるほどです泳ぐ


そんな陽気に誘われて、膨らみ始めたキイチゴちゃん達。


今年はなかなか暖かくならず、実ってくれるか不安でしたが期待に答えてくれましたハート


ちょっぴり残念なのは、たくさん実っていないこと。

ですが、

味は抜群です!

今日も実り具合を見にあちらこちら周り、試食もしてきましたが
どれも例年と比較して甘きってきます!
(肝心の画像をカメラに納めず、お腹にばかりおさめていた私です困った

今週末、キイチゴ頬張りキャンプなんていかがですか〜いちご2

by ちゃあ♪
Posted by ふるさと企画舎 at 15:30 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
川好き集まりました。 [2010年05月25日(Tue)]

5月22日土曜日に川好き集まれ!夜の谷で川の幸を体験しよう!のイベントがありました。

今回雨の予報がありましたが、皆さんの願いが通じたのか天気も曇りにとどまりました!

メダカの学校長こと、うちの理事長と途中で合流しいざ!


夜の谷へ!!







最初は皆さん悪戦苦闘!中々コツがつかめず・・・。

メダカの校長が捕り方のコツを伝授!






そうこうしているうちに・・・


「また捕れた!また捕れたー!!」


と次々に参加者のみなさんコツをつかんだ様子。





あっという間に時間が過ぎていきました。



お姉ちゃんはすっかり名人になっていました。


メダカの校長からエビの説明があり、





その後川の恵みを頂きました!



子供に好評の味は理事長の子供の頃の懐かしの味、醤油と砂糖の「みたらし味」です。





参加者の子どもたちが味付けを命名してくれました。
大人には塩味に軍配が上がりました。

地元民だからこそ知る夜の谷!

そんな秘密のスポットで川の魅力を体験した楽しい一夜でした。



by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 16:36 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今年2回目の銚子川清掃 [2010年05月24日(Mon)]
4月に続き、銚子川環境保全基金を活用した銚子川清掃を
22日土曜日に行ないました。
今回も地元の高校生と一緒に取り組みました。
前回は種まき権兵衛の里から上流でしたので、今回は下流に向かって
拾っていきました。

便ノ山橋付近では、赤紫のアスファルトのかたまりが・・・。

そうです。キャンプinn海山の川沿い通路のアスファルトです。
平成16年の豪雨災害で川沿いの通路やサイトがごっそりと陥没。
そのときに流されたアスファルトです・・・。
高校生たちに話すと、「えぇ〜〜〜。あの道や〜」と驚きびっくりのようす。
そのあとはゴミを拾いながらも赤紫かたまりをみつけては「おっ!3ポイントゲット!」と
なんか宝探しみたいになってました困った

銚子川河口付近の上空では、モーターパラグライダーキラキラ
写真、小さくてすみません・・・・


前回ほどではないけど、今回もたくさん拾いました。

燃えるゴミ 14袋
ペットボトル 1袋
缶、金属類

暑い中大変だけど、高校生たちのがんばりが私たちスタッフをも元気にしてくれます。




銚子川清掃の時は、銚子川環境保全基金を使って購入した腕章をつけて作業しています。
腕章ははめ込み式になっていて、ふ〜ちゃんがデザインしました。
どんどん活用していきたいと思います。



by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 17:19 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
初挑戦!! [2010年05月22日(Sat)]
川好き集まれのイベント下見に行くじょー♪


っと理事長


イベント担当の私は夜のエビ捕りをまだしたことがないので、理事長が夜に連れてってくれました。

川のエビは昼間でも捕れるんですが、夜の方が石の上に出てきて捕りやすいのです。


でも銚子川の本流は夜間はアユの密漁防止のためライト禁止なので理事長は銚子川に流れ込む小さな谷でイベントしてるんです。


イベントの打ち合わせして、谷の草刈りして、エビが居るか確認しました。イベント場所はそのままそっとしといて、違う谷に行きました。やっと待ちに待ったエビ採りスタート!






水に入った瞬間…








手長エビ!!




えっ!!もうゲット?


理事長は一瞬でエビ捕り名人になってました(笑)


私はエビ捕り名人にいろいろ教わり、何匹か小さいエビを捕ることが出来ました♪


そんな2人は夜の谷で夢中になって遊びました。






この夜エビを捕った理由が次の日にあったのです。


そして翌日…



天気は夏日!!

炭火焼ハウスでちかいママはせっせと準備しています。





そーなんです!!

川(かわ)った海山ピザづくりイベントの試作を作るのです!!


モニター生徒役の私はちかいママに教わりながらイベントをイメージしつつ作って行きます。





いいかんじ♪



クキ漬ピザも一緒に作りました。



出来上がり&お味が気になるかたは!!

6月19日の川(かわ)った海山ピザイベントにご参加を〜♪


銚子川の恵みがピザの上に〜
素敵なコラボです〜♪



by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 12:07 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キス釣り三昧〜(^0^)/。 [2010年05月21日(Fri)]


さて、船でのキス釣りの後は投げのキス釣りです。フレンドさんが集まってくれました。

午後からのメンバーは大阪からのお越しです。この日を楽しみにしていた名古屋のフレンドさんは突然の予定が入り行けませんでしたし東京からのフレンドさんは釣り時間に間に合いませんでした。残念残念、またの機会にm(__)m。

う〜ん大阪のフレンドパパさん、様になってますね〜ですo(^-^)o。






さて、こちら大阪フレンドパパさんの娘さんと友達さんです。
この春からピカピカの高校一年生です。頑張って釣りました。
すごいですパパよりたくさん釣りました。






娘さんが、持っている竿からもわかるように、この浜で投げ釣りは短いルアー竿で充分なのでした。以前、東京ナンバーの地元さんに釣り方を教えてもらったのです。





こんな竿なら、釣りが初めての人でも子供でも釣れます。投げたエサが少々横に飛んで行ってもへっちゃらです(笑)。オモリも軽くなお安全ですし、何より遠くに投げる必要がないのですからね。いや、と言うより遠くへ投げたらだめなのです(笑)。地球のえじきになるからです。

少しづつ左右にあっちこちしてキスが居る場所を探りながらの釣りになります。釣れない時は同じ場所で粘らないのがミソです。だから退屈しないし、よい運動にもなりますね。
そして何より、小さいキスですがアタリが退屈しない程度にあるからうれしいです。
ただ、ゴカイと言うエサがさわれないと釣りになりませんがね(笑)。

まあ潮が悪いと釣れない時もあるかと思いますが、今回は短い時間の竿三本で15匹釣れました。
パパさんはこの日一番でかいぐらいのキスを二匹同時に釣りました。
これまで散々私の釣れない釣りに付き合ってくれていた優しいパパさんでしたが、これでやっと私も胸を撫で下ろす事ができました。夏になれば釣り場所の海底がどうなってるか泳いで見てみようとたくらんでる私(笑)。

また行くでね〜(^0^)/。どちら様も、海山にこいま〜です♪。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:37 | 理事長 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
キスの船釣りに行ってきましたo(^-^)o。パート2 [2010年05月20日(Thu)]
天満洞を後にした私らは、和具の浜の少し沖合でも竿を出しました。まだ海水浴時期ではないので泳いでませんが、イカ狙いでしょうか釣り人が居ました。


ファミリーさんはキャンプ仲間の皆さんとの今夜のおかずにと一生懸命釣りをしてくれました。慣れない船釣りで戸惑いもありましたが、ナツト君の釣る姿も様になってきました。釣れない時は退屈もするものですが、よく頑張ったナツト君でした。


さて〜釣果はどうなったでしょうか。写真ではわかりませんが、やっぱり船釣りではキスはでかいですね。キスを10匹ほどと、ベラ類多数、アナゴ2匹、イトヨリダイ、ホウボウとバラエティーに富んだ釣果となりましたo(^-^)o。


キスの船釣りでは船から投げての探り釣りもしますが、船を少しずつ移動しながらの船による探り釣りになります。ポイント、潮や風の方向等も考えながらの船頭さんの腕の見せどころとなる訳です。本当、タミヒロさん船頭にはお世話になりましたm(__)m。

また、最後はご丁寧にアナゴを見本にさばいてくれたり、食べ方を教えてくれたりと親切なタミヒロさんで感謝しました。

渡り鳥なのにここに居着いてしまっているハクチョウさんがそんな私らの様子に気づいて、なんかくれ〜と見守ります(笑)。


私はどっかへ行くとなんだか鳥と縁があるようです。ダチョウ、トンビ、ニワトリとこのハクチョウです。


この写真を撮った後にパコンと手を噛まれた私でした。なんもエサを持ってなかったのにねぇ。考えているより痛いので、皆さん噛まれないようにね。そんなのは私だけかぁ(笑)。

そんなこんなで、本当楽しい時間でした。

こちら紀北町では来月五日(土)には観光協会主催の第25回、海山キス船釣り大会が行われます。参加者募集中でございます。
詳しくは,
紀北町観光協会へお問い合わせください。
TEL:0597-46-3555

釣って楽しく食べてうまいキス釣りに、釣り好きの皆さん挑戦してみてはいかがでしょうか〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 09:23 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キスの船釣りに行ってきましたo(^-^)o。パート1 [2010年05月19日(Wed)]
愛知県のフレンドさんファミリーと一緒に久しぶりにキスを船から釣りました。近頃は投げてのキス釣りでしたが、勝手が違う船からの釣りはどうなる事やらです(笑)。
船頭さんは、私の釣りの師匠でもあるタミヒロさんです。

タミヒロさんちの船は五人乗りで、イセエビ漁に使用する漁船です。


竿上げて〜の掛け声でビューンとポイントを移動します。本当気持ちよいです。あれ〜船頭さんがちっちゃなったかな〜ですかね(笑)。


おお〜っあれはいつも道から遠くに見てる天満洞じゃあないですか!!。
こんなに近くに見るのは私もフレンドさんも初めての事でした。


さて、その近くで竿を出しました。するとフレンドパパさんが叫びます。なにが釣れたかと言うと、とてもカラフルな魚でした。私もこれまで何度か船で釣りに連れてもらいましたが、これは初めて見る魚です。ホウボウです。本当見とれてしまいます(笑)。


さて〜振り返りますと父なる?大台ケ原が見えます。私は写真撮影で大台ヶ原から見たこちらの海の景色を瞬時に思い出しました。


わかりにくいですが、ちょうどアンテナのすぐ右側の高い山が日の出ケ岳1694メートルです。この天満洞からは100名山の大台ヶ原まで直線で約19キロです。まさに海あり山ありの海と山の町です。その海と山をつなぐ川が清流・銚子川であり、横断しているのが世界遺産・熊野古道の中の一つのルート、伊勢路でありますね。この素晴らしい魅力を伝えたいと頑張っているつもりなのですが(^_^;)。


つづく〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:15 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ