CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年12月 | Main | 2010年02月»
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
モクモクファーム視察がありました。 [2010年01月30日(Sat)]
忙しい理事長さまが、次もたのむじょー。
とのことで。ネタ盛りだくさんの私が2日連続ブログ書かせて頂きました。




月曜日に伊賀にある「モクモク手づくりファーム」にもりまりさんと視察に行ってきました。
また伊賀です(笑) 。


この施設はお客の7割がリピータ。「遊びと学びを兼ね備えた自然学校」ということで全国でも凄く人気があり有名なところなのです。




ふるさと企画舎でもこれから地元便の山で受け継がれてきた食の伝承から農業体験で地域の人と交流したいと言うことで、最先端で人気があるモクモクファームの農業体験や貸し農場を勉強をしに視察に行ってきた訳なのです。



約2時間半車で移動。
インター降りて10分ほどで目的地到着。
連休にもなるとモクモクファーム付近では渋滞になるとのこと・・・。恐るべし人気…



到着後スタッフさんからモクモクファームの歴史・組織・施設の話、地域との連携づくり、体験プログラム、環境を重視した取り組みなど、約1時間ほど説明をしていただきました。
モクモクファームのレストランでお昼を食べて、いざ場内へ!

かなり広い場内にはたくさんの体験施設、無料の遊び場がありました。




たくさんある施設、設備の中ですごくおもしろかったのが、あらゆるところに看板がありその看板がクイズ形式だったり、



話しかけられているような看板だったり、



2人で笑いながら場内を回っていました。




何もない広い場内にこんな看板やちょっとした遊具があると凄くおもしろいな〜。と感じました。

理事長ともりまりさんも前々からキャンプinnにも、もう少し自然の遊具があったらええんやけどー。っと考えているみたいです。




楽しく体験しながら食育や環境学習にも取り組んでいるモクモクファームさん。
わたしたちの活動にも何か取り入れられるものがあれば!と思いました。


by みか 
Posted by ふるさと企画舎 at 15:30 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第2回仲良しカメラ講習会がありました。 [2010年01月29日(Fri)]

先週の水曜日にいつものメンバーにプラスちゃあさんと、松坂から参加のてっちゃんさんと伊賀に行ってきました。

今回は風景を撮る勉強をしよう!
ということで青山高原の風車を撮りに行くことになりました。



(撮影 王子様)



今回のカメラはじいちゃんの形見の「F4」です。そして理事長はこの「F4」が大好きです。

そんなこんなで青山高原に向かっている途中、理事長さまから1通のメールが
「かしこーしとるかいー?」

また子ども扱いしてー!24歳カメラ女子はかしこーしとるよー!心配しすぎやでー!
です。


お菓子食べつついろんな話しで盛り上がり到着。


カメラ先生からレンズは28mmか24mmだと広角でいいのが撮れるよ〜。
と教えて頂いたので、自宅の防湿庫からそれらしいのを持っていったら・・・・



500mm!?


カメラ先生は飛行機のパイロットが撮れるね〜(笑)

あ〜あ。かしこーしてないねー。まーあらやーどーなろどいー。です・・・。
理事長いたらげんこやな。レフレックスレンズとか言う小型望遠レンズでした。


なんだかんだで高原風景と風車を撮り、ナマズ神社(地震の神様)へ行き、


(撮影 王子様)



そろそろお昼〜。何食べる??
で観光協会に寄りおいしいうどん屋さんを紹介していただきました。

ここで一つハプニング!?
「一味と七味の違いってなんですか?」と太田兄ちゃんに聞いた瞬間・・・。
うどんの中に七味の入れ物を・・・ぼっちゃり・・・。

かしこーせーい。
でした。すみません。


忍者屋敷で遊び、温泉に浸かりのんびりと帰宅をしました。


(撮影 王子様)




今回F4で小さいものから大きい景色までさまざまな物を撮りました。
空が明るいので風車が暗く映ったり、被写体にピントを合わせたら周りがボケて映ったり、どこに被写体をもっていくのか、などなど・・・。F4は重くボタンもダイヤルもいっぱいあってまだわからないことだらけです。

写真の世界はな〜写真だけじゃなくていろんなことが勉強になるから頑張れよ〜と言ってくれる理事長です。今度キャンプインにデジタル一眼レフを持ってくるそうです。




(撮影 王子様)




by  みか
Posted by ふるさと企画舎 at 09:50 | 仲間 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
権兵衛桜が咲き始めましたo(^-^)o。 [2010年01月27日(Wed)]
今年も権兵衛桜が咲いてくれます。
例年より少し早い開花だとか聞きました。

今日の昼食後に農地場所の確認のため、もりまりと権兵衛の里駐車場に待ち合わせしました。

ですので日本庭園ではなく駐車場の権兵衛桜です。



ようでっかなってきたな〜と喜ぶ二人でした。

まだまだ開花はこれからですが、たくさんの皆さんに早咲きのこのかわいい色合いの権兵衛桜を楽しんでもらいたいと思います。




これから満開まで、めきめき腕前を上げてきた??フィルム&デジタル一眼レフのカメラ女子、みかちゃんに権兵衛桜の撮影をお願いしようと思う私でした。頑張ってほしいものです(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 13:54 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
清五郎・第一の滝に挑戦。パート7。 [2010年01月26日(Tue)]
またも高所の軌道になり、ビクビクテクテクしてましたら、よいもん拾たで〜と喜ぶ私です。軌道の枕木です。線路を止める釘が付いているのです。こりゃよいオブジェになるわ〜ってね(笑)。
ぜんちゃんはそんなもん拾てどうやって持つんど〜と呆れてました。
へっへっへ〜です。私のリュックはなんと有名??なカメラリュックなんです。三脚を縦に持てるような仕組みになっているのです。ま〜あらや〜三脚の場所に朽ち木かい〜ですね。最近は清五郎作業のためにスコップまでここに縛りますからね。リュックは泣いているかと思います(笑)。


オオッあれかい〜ぜんちゃん〜と聞いたら、ちゃうわ〜あれは雨の後だけ滝になる滝や〜でした。名前はついてないだろうとの事ですので、私が名前付けたろかいな〜とたくらんだ私です(笑)。


少し進みましたら、なんやなんや〜木陰からまた滝見えて来たで〜ですo(^-^)o。


ついに来た〜です。清五郎滝の第一の滝です。この写真は足場が悪く苦労して撮りました。やっと会えましたわo(^-^)o。
清五郎滝には1〜5までの滝があり、私はこれで1〜4までを見た事になります。


滝壺です。本来ならこの滝は常水時、水のない滝なんです。何故かと言いますと、水力発電のため滝の落ち口にコンクリートで堰を作り、山にトンネルをあけクチスボダム上流の発電所に落としているのです。ですので増水時オーバーフローした水だけ流れ落ちる滝だとか。しかしまあトンネルの距離は凄いかと思います。でもその堰は平成16年のあの大水害により吹き飛ばされ壊れているので、水は本来落ちる場所へと落ちているのです。


私は以前からぜんちゃんに水の少ない冬場にはこの滝壺はカラで中に入れるよ〜と聞いていたのでした。だからこそ今回来たのでしたが、よく考えると堰壊れを思い出したぁぁぁでした。ま〜あらや〜ですね(笑)。

なにはともあれ第一の滝に出会えてよかったですし、現状が続く限りこれだけの水とは言え銚子川に水が増えているのはうれしい事ですね。


つづく〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 10:22 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
冬の清五郎滝ツアー第2弾。 [2010年01月25日(Mon)]
昨日の日曜日は清五郎滝の第2弾を行いました。
冷え込みが緩んでましたからねぇ。はてさてどうなる事やらでございました。

谷底ではマイナス1℃でした。清五郎滝の第三の滝の岩場で、黒いかわいい物がピョコピョコしてました(笑)。


なんと、津市から参加の素敵なカメラ女子さんでした。すごいですよ写真作家さんです。ホームページを紹介させていただきますね。


今回の第三の滝はこんな感じになってました。私には薄着の女性を連想してしまいましたわ(笑)。もうちょっと白いドレスを着てほしいですね。


次は第二の滝です。私はいつも説明させてもらいますが、第三の滝は女性的で優しい滝です。第二の滝は荒々しく男性的な滝かと思います。水が岩場に当たり飛び散るので周りが凍りつきやすくなり、暖かい日には白い氷のイメージは第二の滝の方が多いので、主催者側としてはとても助かるのです(笑)。参加者の皆さんも第三の滝と見比べてびっくりしてました。


今回と次回は熊野古道センターと共催イベントなので、センターからはジュディがスタッフとして来てくれてます。


帰り全員が揃い車に乗り込む前に、今日は行けてよかった〜、一生の思い出になったわ〜と言ってくれてたおばちゃんから皆で写真を撮りましょうよ〜と声があがり、そうやね〜と三脚立て全員で大台ヶ原をバックに記念撮影をしました。少し歩きが大変でしたが、とても明るい楽しいおばちゃんでした。お蔭さまで今回もチームワークのよいパーティーとして行く事ができました。この写真は参加者の皆様にはキャンプイン海山か熊野古道センターに問い合わせてもらえれば幸いです。

さて〜次はラストです。
頑張りますね〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:39 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
清五郎・第一の滝に挑戦。パート6。 [2010年01月24日(Sun)]
やっと川に着いた〜そろそろ清五郎滝の第一か〜と喜んだ私でした。


すると向こうでカッシャマの岩尾根がすごい形をしてました。


アップしてみます。私は宮崎駿の世界にこんな生き物が登場しやへんだかな〜と思いました(笑)。なんかでかい怖い生き物のように見えました。


するとまたまた上り(>_<)。ここも軌道でインクラインと言われた場所らしいです。高い場所の道から、いったん谷底へ何故ルートをとったのか?。意味があるのかないのかはわかりませんが、こんな坂はもちろんトロッコは上りませんので、上からウインチでトロッコもろとも引っ張り上げたらしいです。なんでも物知りなぜんちゃんなんです。


三人は先頭がぜんちゃんで、まりちゃん、私の順番で歩いてました。でも、ぜんちゃんが行けても私らに行けない場所もあるので、そんな場所になった場合は私がまりちゃんを追い越して、私が行けたらまりちゃんもなんとかなるだろうと判断しながら歩いてました。

この場所では、あ〜まりちゃん行けるわ〜と判断し、先に行ってよ〜落ちてきたら拾ったるわ〜と歩き出したのでしたが、尻デカッ!!


あかん、両手つかんなんこんな坂で、あんな尻落ちてきても針がねのような私はよう受け止めんわ〜!!です。判断を間違った私でした(笑)。


さて〜清五郎滝の第一までもう少しの所までやっと来た三人です。

つづく〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 12:04 | 理事長 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)
清五郎・第一の滝に挑戦。パート5。 [2010年01月23日(Sat)]
トンネルを抜けるとそこはおおとっちょ〜でした。岩割ったんやな〜雨降ってきたらここで雨宿りしたんかいな〜と思った私です。


写真では危険さはなかなか表現難しいですが、どんくさいまりちゃん、私には苦難が続きます(笑)。


出た〜です。クマちゃいます。線路です。ちっちゃいけど、本当軌道なんだと実感しました。


こんな物も落ちてました。鍋、飯盒、やかん、ヘルメットもありました。


まりちゃんは、ほれ〜銚子川の上流やできちんと写真撮ってけい〜と私にこうしゃく足れます(笑)。


わかっとるよ〜あっち向けい〜と写真撮りました。素晴らしい水の色ですねo(^-^)o。


まだまだ続きま〜すm(__)m。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:37 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
清五郎・第一の滝に挑戦。パート4。 [2010年01月22日(Fri)]


トロッコ道の幅からかなり広い場所がありました。軌道沿いの飯場の跡で小屋もあった事でしょう。

かまど跡が三つありました。
また、酒の瓶がいっぱい捨てありました。きこりの皆さん酒飲みだったのでしょうね(笑)。





はて、ぜんちゃんがリュックをゴソゴソ。
まりちゃんの頭の右側…。

心霊写真ちゃうで〜なんとまあトンネルです。
木材への凄い執念を感じました。



ペンライトを持ったぜんちゃんを先頭に恐る恐る入って行きます。
実は私は高所恐怖症に続き、暗いの見えん症なんです(笑)。

ま〜あらや〜の私ですね。
夏場なら涼しくてクマでも寝てるかもね〜と思った私です。





まりちゃん待ってい〜です。
すると足元には軌道の枕木がくさらずに残ってました。






やっと出た〜です(笑)。



今日は怖い体験ばっかりやな〜ぜんちゃんにはまいるわ〜の私でした。
こりゃ第一の清五郎滝は幻やな〜ですかね。


つづく〜(^0^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 09:23 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
町おこし講演会を聞いてきました。 [2010年01月21日(Thu)]
先の15日の夜、高知県馬路村をゆずで有名にした仕掛人の松崎了三さんが私たちの紀北町に来て下さり「紀北町まるごと販売術」と題して講演をしてくれました。

まずはわがらの新町長の尾上町長様からビシッと気合いの入った挨拶をいただきました。


続きまして松崎さんの講演会が始まりました。


高知弁と言うのか、方言で楽しくしゃべってくれました。実は始まる前にもりまりから、ほれ〜どうやってうまく話しするんかちゃんと聞いてけい〜と釘を刺されていた私でした(>_<)。
じっとよう座っておれんわしに、そんなこと言うても無理やで〜と反抗する私でしたわ(笑)。
そんなこんなでしたが、いや〜始まれば楽しい楽しいo(^-^)o。会場からは笑え声が絶えません。
私にはなんだか、波長が同じと言うか、松崎さんがアニキみたいに思えてきたのです(笑)。でも松崎大先生と私は偉さがじぇんじぇんちがいますがねm(__)m。


ホワイトボードにちゃんちゃん書いて説明してくれました。凄いですわ。やっぱり私とはちゃうな〜でした。
しかしやっぱり落ち着かない私…。腹減ったで〜まりちゃん〜なんとかしてよ〜の私でした(笑)。


松崎さんの話で印象深いのはたくさんありすぎましたが、町名の知名度が左右するとの事です。「紀北町」…う〜ん合併したすぐとは言え知名度ないねぇ。これからやね〜ですね
私は平成17年の町名を決める時、投票紙に「ふるさと町」と書いて出したのです(笑)。
私はやっぱり楽しい町名を考えた方がよいのにな〜と思ってました。

例えば、紀北町へ行きましょうか〜と都会の人が言ったとします。それが町が抜け紀北へ…となりますよね。ふるさと町ならどうでしょうか。「ふるさとへ行きましょうか〜」となりますよね。なんだか素敵じゃないですかo(^-^)o。

ええと、私ども法人名を考える時は会員様まで広く意見を聞きました。
場所がわかるように熊野を入れた方がよいとの意見が出ました。私はたくさんの皆様の第二のふるさとになってほしい…そのための企画を立てる組織である…そして、集まり、学びのイメージから舎を考え加えました。
そして会員さんから出た、人づくり町づくりのサブタイトルを加え「人づくり町づくり・NPO法人ふるさと企画舎」となった訳でした。
私らは目指す方向性を名前に宿したのでした。

まあそんなことはともかくですが、松崎さんの話しの中で一緒やん〜と思う事もたくさんありました。田舎は田舎でよいやん〜です。格好つけなくても背伸びせんでもよいやん〜です。田舎者にはマイナスと考えがちさをプラスに考えたら素晴らしいやん〜です。


私ども法人からの参加は、まりちゃん、ちゃあ、みかちゃんの母ちゃん的存在のちかいちゃん、みかちゃん、私です。ちゃあは早く来たのか違う場所にいましたが、あ〜うちの理事長とよ〜にとるな〜と言う声がこの三人から聞こえてきましたわ(笑)。

講演会が終わった後は私は名刺を交換させていただきました。
やっぱりおもろい人でしたo(^-^)o。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:36 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子育て応援わくわくフェスタに出展しました。 [2010年01月20日(Wed)]
先週の土曜日に伊勢のサンアリーナで行われた「子育て応援わくわくフェスタ」に
ゆかさん・まるちゃんさん・もりまりさん・私、みかの4人で行って来ました。


「このイベントは、子ども・子育て家庭をささえあう地域社会づくりに取り組んでいるあらゆる主体が一堂に集い、子育て・次世代育成支援の気運醸成を図る目的で実施するものです。」


私たちふるさと企画舎は三重県農山漁村室の展示ブースで工作体験あそびをおこないました。

農山漁村室の職員の方々が県内の体験スポットのPRをし、三重の里ファン倶楽部会員募集も行ないました。




三重の里ファン倶楽部に参加すると三重の里での「田舎暮らし体験」「三重のいなか旅」の情報がメールマガジンで届けられます。また、情報誌「三重の里いなか旅のススメ2010」も無料で送付されます。この日もたくさんの方々が登録していました♪

<三重の里いなか旅>
http://www.sato.pref.mie.jp/


工作体験あそびは、 尾鷲ヒノキの板に魚などの絵を書き、それにクリップをつけて、



ヒノキの棒の先端に磁石をつけた釣竿で釣りをするというものです。




親子づれで、たくさん来てくれました。




そこでキャンプinnの宣伝もしつつ、いろんな子どもたちとあそびつつ、あっというまに無くなりました。

作ったものはお持ち帰りしてもらい、家でも遊べるひのきの釣竿セット。

尾鷲ひのきに触れてもらい、木のぬくもりを感じてもらえたと思います。

キャンプ場以外で子どもたちと触れ合うことがなかなか無いので、楽しく参加させて頂きました〜。




まるちゃんさんと私の頑張り写真〜♪

by みか
Posted by ふるさと企画舎 at 17:04 | イベント | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)
| 次へ