CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年08月 | Main | 2009年10月»
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
この夏を振り返り…パート9 [2009年09月29日(Tue)]
昨日は朝から土砂降りでした。
キャンプイン海山の宿泊の皆様には本当申し訳ありませんでした。せっかくの楽しみだったとは思いますが、警報出てしまいましたね。ず〜っとまとまった雨がない時は降り出すとドリャ降りになるような気がします。どうする事もできませんが、本当申し訳なく思いました。

さて、最後になりますが、この夏の思い出をお伝えさせていたきたいと思います。

九鬼の九木神社ですが、九鬼と言えば九鬼水軍!!。
私には九鬼水軍はすごい水軍やったみたいやな〜ぐらいしか知識がないですが、そんな水軍があった場所だから神社もすごいんやなぁなんて思いながら見て回ってましたら、さすが!?私はめだかの学校長。池が目に止まりました。小さい池ではありますが、う〜んなんだかわからんけどこりゃすごいわ!!と感動したのでした(笑)。
まずは地形的に考えても小さい山のてっぺんですから谷水がないはずですから水は貴重な物のはず。となると雨水を利用した池だと考えると、金魚だと死んでしまってボウフラわき出すし、こりゃメダカしか飼えんなぁ…たぶんメダカの池やわぁ!?。と推理した私でした。そうか!?九鬼水軍の大将はメダカを好きやったんかもわからんなぁ!?。
それやったら私と同じやぁ。なんかしらんけど大将に親しみ感じるなぁとまたもトンチンカンに陥る私…。こんな事言ってたら九木神社の神様に裁かれますね(笑)。

さて、神社を通り過ぎさらに先を目指しますとこのような素敵な道を歩いて行きます。
暑いのですが、先の看板の日本有数の景勝地←と言う歌い文句に惹かれ歩く私でした(笑)。

あいや〜歩けども日本有数が見えて来ません。
とりあえず私はこの海を見てまずは一安心。まあ今日は時間もないでこのぐらいで勘弁しといたるわ〜と引き返す事にしました(笑)。


行きの階段より帰りの階段の景色が素敵でした。
トトロのような…とは伝えましたが、トトロは海のない世界ですが、ここは漁村の神社なんですね。こんな私も海の近くの人間なんだなぁと思いました(笑)。

来た時は気付かなかったですが、なにやら焼き物のお店がありました。
私は焼き物には興味ないのですが、なんだか素敵な女性さんが番頭してます。


やっぱり思わずフラフラとお店に入ってしまった私(笑)。
また、おおとっちょ〜がいなもんじゃれ〜と、チョウチュウ!?飲むのにちょうどよいすてきな素焼きのコップを買った私でした(^_^;)。

夏の貴重な日曜日の空いた時間を見計らいバイクでいろいろ走り回った私なのでした。
さて〜また江戸時代へ行って来ますわ〜です(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:55 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりの尾鷲雨 [2009年09月28日(Mon)]
ここ最近、雨が降らないなあ・・・と思っていたら
いきなりバケツをひっくり返したかのような土砂振りに見舞われた海山です。

午前8時過ぎに、銚子川上流にあるクチスボダムが放水されました。
(大雨洪水警報も出てしまったりしました。)


キャンプ場の炭火焼ハウス脇を流れる水路も、いつもと比較にならないほどの
水量です。


林間サイトは、周囲と比較すると随分と静かです。
やっぱりヒノキ林の(ヒノキの葉っぱの形のおかげでもあるのでしょうか?)中だからでしょうか。


午前中、強く降っていた雨も午後に入り随分と弱まり始めました。
空も明るくなってきています。

この雨が収まったら、雨で落ちた葉っぱなどを掃除しなくては〜

by ちゃあ♪



Posted by ふるさと企画舎 at 14:17 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)
交流空間みやまの桜の作業がありました [2009年09月27日(Sun)]
今日の日曜日の朝8時〜3時間程、町づくり組織の交流空間みやまで権兵衛の里近くの桜の畑で桜の苗木の草取り作業がありました。

と言うのも私どもは権兵衛さんを見習い??桜の種を撒き育て、権兵衛桜にするために接ぎ木をしているのです。この銚子川流域を桜の名所にしたいとの取り組みなんです。
接ぎ木はなかなか難しいので、来月10、11日と桜の先生を呼び、講演から実践までの計画をしているので、来る前のこの草取り作業となりました。講演会&実践の案内はまた後ほど詳しくお知らせさせていただきますが、皆様のご参加をよろしくお願いいたします。

さて、手際よく草取り作業が始まりました。作業を観察してますと、男性陣は力に任せてスピードは早いですが、女性陣はマイペースです。さてどちらがよいかですね(笑)。まあウサギとカメの競争みたいなもんで、玉津充さんの一言で勝負が見えました。草取りやらしたら女性陣にもたんわ〜でした(笑)。


太い苗木の畑では草取りよりナイロンロープ草取り機で平山さんが手際よく刈ってくれました。


さて〜苗木の中ではウサギとカメさんが仲良く並んで作業してます(笑)。


どちらがウサギとカメかはわかりませんでしたが、私らのアイドルのみかちゃんで〜す(笑)。大変な作業をよく頑張ってくれました。


さて、作業の終わりにはメンバーで、先生を呼ぶスケジュールの首脳会議を道でした次第でありました(笑)。


桜の里作り計画では本当息の長い時間と手間暇が必要で大変ではありますが、若者からお年寄りの出会いの場にもなってきて、仲良くしているみなさんを見ていると気持ちが和みました。こんなのんびりした私どもですので、なかなかおもろいで〜です(笑)。よろしければどしどし応援をお願いできましたらと思いますm(__)m。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:17 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この夏を振り返り…パート8 [2009年09月26日(Sat)]
いつの日曜日だったでしょうか(笑)。バイク乗りたくて気が狂い病にかかっている私はまたも少しの時間を見て三木里でも行こうかと考えたのでしたが、その手前の九鬼に行く事にしました。九鬼にはめったと行く事がない私です。以前に息子がまだ生まれてない時でしたので、娘がまだ三歳手前ぐらいの時に行ったきりでした。海にはソラスズメダイでしょうか、他にもたくさんの熱帯魚が泳いでおり、びっくりしたまだ三人家族だった頃の私なのでした。

こんな感じですね。今もまだまだ素敵な海ですわ。


う〜ん懐かしいね〜と思いながら市場の日蔭にバイクを止め辺りを見渡しますと、なんとトトロに出てくる風景の雰囲気した森が目に止まり、行ってみる事にしました。こんな暑い日に歩くのもためらいましたが、なんとも魅力を感じました。


鳥居の手前の看板です。見晴らしにどいろう期待してしまいましたわ(笑)。


確かトトロの住む祠への階段もこんな感じじゃなかったかなぁ。そしてそこにトトロの住家のでかいクスノキがあるんですよね。ここにもてっぺんにクスノキが見えましたので、どれほどでかいクスノキか期待が高まります(笑)。


さて、これがご神木の杉なんでしょうか。


肝心のクスノキは意外と小さく、がっかりした私ではありましたが、しかしなんかこの神社はスケールがでかいと言うか、異様なぐらい神妙な面持ちで、なんかすごい歴史があるのではないかと、暑い夏の日に冷や汗が出た私でした。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:57 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この夏を振り返り…パート7 [2009年09月25日(Fri)]
息子らとの約束もあったのでしたが、楽しくてなかなか江戸時代から抜け出せない私でした。また、こんなちょっとしたツーリングでも、素敵な出会いがたくさんあり、本当素敵なある真夏の午前中でした。

帰り道、先に寄りそびれた場所にも行きました。ここは少しだけかろうじて、昔のまま残っている古道です。大内山の動物園の付近です。地名でしょうか、芦谷と出てます。大内山川沿いの川向こうの道です。


石垣なんかもありました。畑とかの敷地ではなく、昔は何か建物があったのではないかと思いました。


さて、芦谷の看板から車幅の林道の様子だったのでバイクで少し入って行きましたら、ここからが本当の熊野古道となり、バイクを止め少し歩いてみる事にしました。どいろう暑い日でした。いくらバイクとは言え、ヘルメットの中やリュックを背負った背中が汗まみれだった事を思い出します。でもこの林の中の場所はとても居心地よかったです。


時間切れが迫っていたので、そろそろ戻ろうとした時、少し上の山肌に岩がありました。


う〜ん、こりゃもしかして善ちゃんに会っている岩かもね〜と直感が働いた私です。そして私は目を閉じ手を合わせ、岩よ岩よお岩さん、あんたは前川善太郎さんに会いましたか!?〜ってね(笑)。


以前、青岸渡寺の柱にも尋ねた事があった私でしたが、いつも問い掛けても何も返事してくれないのがさみしい私ですが、自分の直感を大切にしたいと考えてる私なんです。
と言うのも、私にいろんな事を教えてくれる地元の郷土史研究会の大御所のある人が、田上〜昔の地形をよ〜考えよよ〜今の常識で考えとったらあかんじょ〜ってね。地震や水害もあった事でしょうし、昔はもちろん機械なんかもなかったから、自然に反する事を控えた生活や道があったのではないかと思います。ですので、この地形から判断してもこの岩はかなりの昔からこの場所でデンと座り込み、たくさんの旅人や村人を見ていたのではないかと判断した私です。まあ私の直感はあんまりアテにならんけどね〜ですね(笑)。

by 理事長

以前に私が田丸付近の熊野古道を旅した際の記事はこちら
Posted by ふるさと企画舎 at 20:00 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この夏を振り返り…パート6 [2009年09月24日(Thu)]
江戸時代の旅人、前川善太郎とは何者かい??の問い合わせがありました。説明不足で申し訳ありません(笑)。

時に前川善太郎27才、母親50才、旅した年代は1789年。陶商を営む家柄で手代を引き連れ五ケ月にも及ぶ長い旅をつづけられた伊万里からの一行なのです。その旅の記録を母親が丁寧に書き記した物が道中記として現在に残っているのです。私はその古文書を解説された物を読ませてもらってるのです。

もちろんその道中記では善ちゃんらはこの地域を通過しているので、この地域の地名や村の様子が出てくると、なんだかワクワクする私なんですわ。善ちゃんらがこの地域で出会った物や歩いた道に私も出会い、善ちゃんらを忍ぶ事ができたなら、熊野古道散策として新しい古道の歩き方になるのではと考えている私なのです。オーバーな表現ですが、弥次喜多道中記にならい、善ちゃんご一行様〜熊野古道歩き〜みたいなね(笑)。弥次さん喜多さんはともかく、善ちゃんらは実在した本物ですからね。まあ大変な苦労をしてでも当時は伊勢神宮参拝と西国巡りは、それほど全国からの憧れだったのでしょう。

現在に生きるトンチンカンな私ではありますが、勝手に善ちゃんに親しみを持ち、アーダコーダと言っているのは善ちゃんにしてみれば迷惑な事かもしれませんね(笑)。でも私にこれから老後と言う時が来た日には、さらに善ちゃんを意識しながら熊野古道や西国巡りを楽しみたいと考えてます。まあ迷惑ついでに、伊万里まで行き、善ちゃんの墓前にも行ってみたいですね。こりゃやっぱり迷惑かなぁ(笑)。

と言う訳で、今はまだ時間に余裕がないので、ブンブンブブブンな私なのですが、やっぱり昔からの道沿いには古〜い石仏があります。行き倒れさんでしょうか??。私にはわかりませんが、今でも地域の人が世話をされているのが本当すばらしいですね。


何を奉っているかは知りませんが、祠なんかもあります。当時に比べ道幅の拡張があるので、まったく同じ場所ではない事とは思いますが、道の脇にあった事と思います。


やっぱりここは江戸時代からの道や〜と言う事が、石仏に刻まれた年号からわかりました。嘉永と言う年号ですので、1848年頃でしょう。と言う事は年代からして善ちゃんの方が前なので、残念ながら善ちゃんらはこの石仏に会っていないと言う事になりますね。


さて、宮川での三瀬の舟渡し場所から三瀬坂峠に向かう途中にある道標です。なんだか笑える道標です。いつ頃からあるのかなぁ…?善ちゃんもこれ見て笑ったかなぁ…と考えると楽しいものですわ(笑)。


この三瀬の渡し場所は以前に舟渡しの活動家さんらに舟渡しを体験させてもらい、いろいろ教えてもらったのでしたが、その説明の中で、この下流には堤があり、現在は当時より舟渡しのこの場所は深くなっていると聞いていたので、私は堤を見てみたいと考えていたのでした。ある橋の上から堤が見えました。


確かに堤ができた事により水深は上がったのは間違いないようですが、堤の下流を見てもわかるように、この堤から少し上流にある舟渡し場所でも同じように流れが穏やかで意外と深いので舟渡しが必要だったんやろな〜と感じた私でした。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:56 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シルバーウィーク最終日とツリーイング体験会 [2009年09月23日(Wed)]
シルバーウィークと言われた今年の秋の大型連休。
どこもマイカーでのお出かけが多かったようですね。
お蔭様でこのシルバーウィークは晴天に恵まれキャンプインも大賑わいでした。
(最終日の今日、小雨がパラパラときましたが・・・)
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました笑い

さて、その最終日となった本日のキャンプ場の様子です。
大人の方たちが片付けに精を出すかたわらで子供たちが遊んでいました。



そんな中、キャンプ場の芝生広場で【ツリーイング体験会】を
行いましたよ〜
今日は子供さんより大人の方の参加が上回りました音符

ドングリが実り始めたコナラの木に挨拶を済ませたら登り始めます。


最初は緊張した表情でしたが・・・
登り始めたら笑顔がこぼれ始めましたハート


大人も楽しんでくれています!


午前中、小雨が降っていましたがイベント実施中は降られずにすみましたね〜
キャンパーさんたちの撤収時にもなんとか晴れ間がのぞいたのではないでしょうか。
晴れを呼び込む方が多かったんでしょうね〜太陽

秋の大型連休の最終日、夕方のニュースでは各地の高速道路で渋滞とのこと。
皆さんが無事にご帰宅できましたように。

またお会いできるのを楽しみにしておりまーす!

by ちゃあ♪
Posted by ふるさと企画舎 at 16:57 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この夏を振り返り…パート5 [2009年09月22日(Tue)]
夏休みの最後の日曜日だったと思います。久しぶりに私も夏休みか??一日空きましたo(^-^)o。
こんな時は息子らと川遊びするのが定番ですが、今年は違います。
バイクはニュートラルランプがまだ不具合こそありますが、バイクに乗らないと気が狂いそうな私なので、チョイツーリングを息子らに内緒で計画したのでした。
昼には帰ってくるからな〜とだけ息子らに言い残し、おとんは朝早くからある場所を目指したのでした。

そのある場所とは説明すると一万文字ぐらいになりますので、さわりだけ簡単に〜です。
実は私は探偵なんです!?。いや追っ掛けです(笑)。
九州は伊万里から西国三十三ヶ所霊場巡りの旅をした江戸時代の前川善太郎一行の足取りを探しているのです。ですので、も〜大変。難儀してますわ(笑)。

とりあえず私の範囲としては、伊勢や田丸から那智ぐらいまでです。ですので、今回目指した先は大内山から三瀬谷の区間にある熊野街道は江戸の道を探すべくバイクで旧道を走り回りました。

まあ素人な私なので、前川善太郎(善ちゃん)の声が聞こえそうな場所を自分のカンで探しているのです(笑)。
江戸時代の道は現在の国道42号線と交差しながら、三瀬谷から大内山の方向を見て、国道から左側の山根側を歩いていたと推測してます。ですので国道からチラチラ見える人家のある場所をスポット的にではありますが、バイクの機動性を活かし、あっち行った〜こっち行った〜しているのです。まあバイクは楽しいし一石二鳥なんですわ。

さて〜やってきましたよ。大内山の手前の熊野古道側の場所です。すると道の真ん中でとうせんぼする怪しい動物が…。


ありゃりゃ、なんとも変わったカラーリングの猫やんか〜です。草むらにも同じような猫が鋭い視線を放ってましたわ。


来た道を振り返りますとこんな風景です。


実はここは牛舎なのです。まだ道は続いていそうでしたが、とうせんぼ猫ちゃんのためUターンしようと考えていましたら、牛舎の奥さんがなんかいね〜と出てきました。
いや〜江戸時代の前川善太郎さんらの足取り探してまして〜と説明しようと考えたのでしたが、変な人やな〜とひんしゅく買ったらマズイので、この辺りの熊野古道を探してまして…と伝えさせていただきましたら、この牛舎の奥がその道だと、明治生まれだったじいちゃんからいろいろ聞かされていたそうです。
私の聞き違いかもとは思いますが、じいちゃんは修行者??らを道案内をしたり泊めたりてたらしいとの事。
人柄のよい奥さんのお蔭でとても楽しい時間を過ごせた私でしたo(^-^)o。

一言で参詣道と言っても、年代や利用のされ方で、性格も様々な世界遺産の熊野古道です。一般的になんとか庶民が旅に出る事ができたのが江戸時代ぐらいからとの事なので、伊勢・熊野路は年代的に比較的新しい(部分的に違いはある)と思います。道の古さとか、ナンジャラ上皇が歩いた道も魅力はあるかとは思いますが、私は庶民の道としての伊勢・熊野路の方が親しみやすく好きですね。旅人も村人も助け合った道が、伊勢・熊野路だと私は考えています。

当時と風情は変わってゆくのは当たり前ですが、この辺りはやっぱり古くからの道らしいのが町並みからも判断できました。


と言う事で、その道の続きを林道になっても走り続けた私でした(笑)。



ありゃりゃ〜この方向が熊野古道なのか、今度先生に聞いてみよで〜と、途中であきらめ引き返した私でした(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:46 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この夏を振り返り…。パート4 [2009年09月21日(Mon)]
お盆過ぎのある日、やっとバイクの部品が揃ったので、バイク屋さんで交換してもらおうかと迷ったのですが、このぐらいやったらわしにもできるわ〜と考え自分でする事にしました。ライト、メーター、ハンドルです。

事故ったんちゃうで〜です(笑)。せっかちな私は手際よくまずはばらしてしまいました。


ありゃりゃ〜何がなんだかわからなくなって来たわ〜の配線です(笑)。



交換するのは簡単ですが、配線は適当ではだめですからね。


私は子供の頃からばらくのは大好きなんですが、組み立ては超苦手と言うのを忘れてましたわ(汗)。なんか元通りに動くようになるんかいね〜です。案の定、なんちゅう事か配線が二つ余りました!?。説明書通りやったのですがねぇ…。私の頭の中は???←これもんです(笑)。オマケにニュートラルランプの作動もなんか変になりました。暑い毎日と言うのに、大切なバイクを壊してしまったみたいで冷や汗のかきっぱなしな私でした(笑)。こりゃあかんで〜手に負えんわ〜と、困った時の無縁仏頼み??ではなく、我らが七夕実行委員長の車屋ルーフさんに忙しいのに無理を言って夜に駆け込みましたわ。すると奥村実行委員長さんの頭の中も???←これ状態。ま〜あらや〜とさらに真っ青になった私でした。


どう考えても私の配線が間違ってません!!。こりゃメーカーが間違ごとるわ〜と考えた私でした(笑)。そこで、バイク屋さんに見てもらいましたら、私の配線がやっぱり間違ってませんでしたo(^-^)o。なんの事はない、余った配線二つは交換したメーターには関係のない物だったと言う事でした(笑)。また、タイミングよく??ニュートラルランプの変な作動は感知するスイッチが壊れかけていたのでした。ま〜あら、がいなもんじゃれ〜おおとっしょ〜どうなろどれ〜の私でした(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:32 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夜空観察会〜夏の星座と天の川と木星〜 [2009年09月20日(Sun)]
昨夜キャンプ場内にて【夜空観察会〜夏の星座と天の川と木星〜】を開催しました♪

夜もずいぶん冷え込みはじめてすっかり秋なのに、まだ夏の星座をみられるの〜?
と思いますが、「まだまだ楽しめますよ笑い」と星の先生の中井さん。

さあ、まずは方角を確認して、どんな星座を見ることができるのか空を見ながらご案内。
北極星の探し方に始まり・・・
・はくちょう座
・こと座
・わし座
・夏の大三角 を肉眼で観察。


そのあと、天体望遠鏡で
【木星】と【ヘラクレス座のM13(球状星団)】を観察。
木星は横縞模様も見ることができ、皆さん感激してくれたんじゃないでしょうかハート

実はこの【夜空観察会】、今年度何度か計画はしておりましたが
悪天候によりすべて中止となってしまい、念願かなってようやくの実施でした!悲しい
ご参加いただいた方、どうもありがとうございました!
また、今回の観察会はたくさんの方にお申し込み頂きましたが定員になってしまい
お断りさせていただいた方もいらっしゃいました。申し訳ありません・・・。
またの機会に是非ご参加いただければと思います!
次回は冬に実施予定です♪)

by ちゃあ♪
Posted by ふるさと企画舎 at 17:50 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ