CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 季節を楽しむ | Main | 仲間»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hoo
スズメバチ (06/23) もりまり
女子ソロキャンプ! (06/23) げんげ堂
スズメバチ (06/22) 中村光良
女子ソロキャンプ! (04/26) 理事長
伊勢路から帰って来ました! (04/25) ei
伊勢路から帰って来ました! (04/23) ふるさと企画舎
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/06) tom
ユネスコエコパークの森 森林ウォーキング (04/05) 理事長
CSRで種芋を掘り起こしました (03/29) 海洋ゴム梶@尾ア 史道
CSRで種芋を掘り起こしました (03/28)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
銚子川に水がもどりました〜♪ [2017年06月21日(Wed)]

皆様に心配かけていた銚子川の水ですが、今朝から昼までの雨でこのように素晴らしく水が増えてくれました。
IMG_4027.jpg

はい。上流側です。
IMG_4028.jpg

先日にはたくさんの皆さんで、お魚救出大作戦をしてた堰堤ですね。

堰堤はキャンプインとしては遊ぶのをお断りしている場所ではあります。

堰堤コンクリートの老朽化によりコンクリート中の鉄筋がつき出してきており水中の鉄筋は見えないため非情に危険だからです。
最悪は刺さってしまう可能性があるからなんですね。
今回の渇水で私は見えている分だけはグラインダーで切りましたが、またコンクリートが剥がれ鉄筋が出ていると思います。

はい。ちょっとわかりづらいですが、魚が堰堤を上がるための魚道ですね。
IMG_4030.jpg

そのためのものですので、ここは保護をしてあげなくてはならない場所であると言えます。
また魚道は渦を巻いているので、とても危険です。
私は人間洗濯機と呼んでますな(笑)。
渦のため頭をコンクリートにぶつけてしまいます。

魚たちとたわむれる事はとても大切ですが、守るべき場所は守る!危ない場所には近寄らない!事が自然とうまく付き合うコツだと私は思っています。

この濁りも明後日ぐらいには、とってもクリアーになっている事でしょう。これこそが銚子川の素晴らしさだと。

はい。これできほく七夕物語も開催できますな♪。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:05 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
銚子川、魚救出大作戦! [2017年06月19日(Mon)]

雨が降らないねぇ…。

きほく七夕物語イベントを控えていると言うのに銚子川はまるで冬のような渇水となっています。

まあ水はなくなった訳でないので泳ぐぶんには問題ないのではありますが…。

カヌー乗り場はご覧のような情況となってしまってます。
IMG_4023.jpg


この水曜日の雨に期待するしかないかなと。

はい。そんな現状の中、私が気になるのは魚たち。

カヌー乗り場の堰堤では、滑ると危ないし、堰堤やテトラポット老朽化のためコンクリートが剥がれ鉄筋が出てくるので、キャンプインとしては堰堤下や魚道で遊ぶのは禁止とさせていただいております。



近年まれに見るこの時期の渇水を嘆いてばかりはいられません。

私は見えている分だけでも鉄筋を切る事にしました。
グラインダーを使うため発電機を使用しました。この発電機、ある人から譲ってもらったのですが、本当に役立っています。

170617_132341.jpg


半日かけで50本ぐらいの鉄筋を切りました。

これで下準備は整いましたので、土曜日の夜のホタル観察会の時に参加者の皆さんに、日曜日の魚救出大作戦の事を伝えさせていただきましたら、なんとたくさんの皆さんが集まってくれました。
いや〜めだかの学校長の私には本当に嬉しかったです。
銚子川にはメダカはいませんが、魚たちは飛ぶことも歩くこともできませんから、取り残されたら、カラスやサギに食べられるか干上がって死を待つのみとなる訳です。
そんなんほっとけんやり〜やで。
目が回るぐらい忙しいめだかの学校長でしたが、皆さんの力のお陰で300匹ぐらいの魚、アユ、カワムツ、ウグイ、オイカワ、ハゼ類、テナガエビ、オタマジャクシを堰堤上の水に逃がす事ができました。
この場をお借りしまして、本当にありがとうございました!と言う事で。

その時の様子や銚子川の現状を紹介させていただきますね。
IMG_4004.jpg

IMG_4007.jpg

IMG_4011.jpg

IMG_4012.jpg

IMG_4019.jpg

IMG_4021.jpg


IMG_4022.jpg




はい。参加してくれた皆さんが、子供たちによい体験をさせることができました!と口々に私に言ってくれました。

170618_092803.jpg


いや、こちらこそほっておいたら死んでしまう生き物のたちの命を救ってもらい感謝感謝ですよ〜と。

私一人でアタフタしても救える命はしれてますからね。

はい。実は前日の金曜日に鉄筋切って魚すくって堰堤を上り下りしてましたら、こけて鼻を擦りむいた私だったのだ。
早くなんとかしなければ〜と焦ってたのですね。

いやはや、皆さんのお陰で落ち着けましたが、まだ救出作戦は一人でやってますわ(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:16 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本風景街道 伊勢熊野みちの推進協議会がありました。パート2 [2017年06月08日(Thu)]

食事の後はみちづくり研究会としての視察です。
相鹿瀬公民館に移動しました。ちょうど伊勢から女鬼峠を下りてきた地やね。

私もここを歩いたよ〜と(笑)。
でもその時はなかったものが。
IMG_3790.jpg

これです!。
IMG_3788.jpg

これです!。
私らが進め出しました伊勢路統一赤白目印が伊勢路を守る会の皆さんらがつけ始めてくれたのです。
IMG_3789.jpg

私には感動の嵐でした。
統一目印を付けようと活動を始めてから早一年が過ぎましたな。いろんな事がありましたわ。
三重県との話し合い、各市町村との話し合い、理解を願いたくさんの挨拶回りと…。
その中でも愕然としたのは三重県のヤル気度…。
難しい事があるのは理解できるのだけどねぇ。
歩く人の気持ちになかなかなれない三重県かと。

私が言うのもなんだけど伊勢路は本当に魅力やで。
弱い庶民の路だったからだ。
そこが三重県の熊野古道伊勢路のウリだと私は思ってる。

また、何故赤白かと言うのは伊勢の神様と熊野の神様をつなぐ路だから、どちらかに片寄ったような目印では話しがなかなか進まないと考えたから。

また、赤白は世界のトレッキングコースで多く使われていると言う事。と言う事は、言葉が通じなくても意味がわかると考えてる。

また、赤白は日本人にとれば紅白だし、小さくてもよく目立つかと。

そして、たくさん付けようとは私は考えていない。
何故なら、伊勢路マップを持ってもらいその補足であるから。
確かにたくさんあった方がよいのはわかるのだけど、そうなる時は本当に伊勢路沿いの皆さんがハイカーを心より歓迎し、受け入れ体制が充実した時でよいのかと私は思っている。
そのバランスが大切かと。

先日は知事とちょっと会う機会があったので、私は伊勢路をもっと魅力的にする事を考えましょうよ〜!と伝えました。そしてしらじらしく、この事どこの課に言えばよいですかね〜?と(笑)。
もちろん銚子川の事も伝えさせていただきました。

話しが長くなり申し訳なかったですが、伊勢路を守る会の奥村会長が、女鬼峠下り口付近の案内をしてくれました。
IMG_3799.jpg

この付近では、こんなすごい瓦が出土するのだとか。
IMG_3803.jpg

はい。女鬼峠方面への道標にも。
IMG_3804.jpg

小さな神社では。
IMG_3807.jpg

奥村会長が地域にまつわる紙芝居をしてくれました。
なんだかほんわりした気持ちになりましたね(笑)。
IMG_3809.jpg

続きまして、宮川のほとりにある宮川えびす神社にいきました。
IMG_3812.jpg

すごい落ち着ける空間がそこにはありました。
IMG_3815.jpg

この地の区長さんから、過疎化でも頑張っている話を聞き、とても感動しました。
やっぱりこうでないとね。
私ども銚子川流域も頑張らねば!と。
IMG_3814.jpg

続きましてひなかやさん(うおすけ)と言うアユを食べれるお店を見学させていただきました。
IMG_3820.jpg

言葉を失うぐらいすごいお店です。
IMG_3824.jpg

とくとごらんください。
IMG_3825.jpg

IMG_3826.jpg

IMG_3827.jpg

帰りがけ社長が来てくれ説明をしてくれました。
IMG_3830.jpg

これが全景です。
IMG_3834.jpg

熊野古道伊勢路の沿線にこのようなお店ができたのは、びっくり嬉しく思いました。

伊勢路を歩いた私としては、一日に歩く距離はひと様々ですが、伊勢からこの地が一つの大きなポイントになると思いました。
今後この地で宿泊、食事ができたら素晴らしいです。

このようなポイントが、まずは大内山まで要所要所にできたなら本当に歩く人が増えるかと。
そこから先(紀北町)からは、ある意味充実しているかと思ってますので。

伊勢神宮から玉城町のこの地で一泊。次は滝原で一泊。次は大内山で一泊か。
私はこんなに早くは歩けないけど、歩きなれた人ならこのぐらいのペースかと。

因みに私は、田丸で一泊。栃原で一泊。三瀬谷で一泊やったね。
なんちゅうカメやねん(笑)。
完璧に24時間は人より遅いと言う事やわ。


そんなこんなですが、とても有意義な一日でした。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:04 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本風景街道 伊勢熊野みちの推進協議会がありました。パート1 [2017年06月07日(Wed)]

先の日曜日には五桂池ふるさと村 おばあちゃんの店二階で日本風景街道伊勢熊野路の推進協議会があり、交流空間みやまを代表して、私とまりちゃん、西尾君、樋口君とで参加してきました。
ここでは私はまんねん?副会長なので、行かない訳にはならないのだ(笑)。

この組織は予算もないから特段何をしている訳でもないのだけど、熊野古道伊勢路での幅広い集まりであるので、つながりを深める意味からも大切な組織だと思ってる。
遠いところからの集まりで何かと大変だと思うけど、これはとても重要な事。
IMG_3767.jpg


各団体今年度の活動報告をして情報共有をした。
情報共有では、私からもご意見させてもらった。
もちろん伊勢路統一目印の事はもちろんですが、オリンピックを3年後に控え、まさに伊勢路をアピールし、訪れてくれる人を増やしましょうよ〜と。

先には東京で和歌山県職員さんらと出会った私でしたが、和歌山県さんらはギラギラしてましたな!。
私にはとても魅力的に見えました。
やっぱり有言実行やり!。
伊勢路にしても三重県が流暢にまとめた方向性を実行しなければ意味がない。
和歌山県さんからは有言実行のギラギラを感じたのだと。

続きましては今日のお楽しみ〜♪です。昼食です(笑)。
はてここはどこやろ。
IMG_3783.jpg


これです。
IMG_3781.jpg


フレッシュ!フレッシュ!でした。
IMG_3769.jpg


高校生にはなんだか照れてしまいますね(笑)。
IMG_3773.jpg


はい。料理です。
IMG_3772.jpg


みんな美味しかったですが、この玉子焼きは素晴らしかった。
IMG_3778.jpg


高校生つながり?か、尾鷲高美術部の生徒さんが描いた絵が飾られており、嬉しく思いました。
IMG_3776.jpg


素晴らしい言葉ですね。
私どもにも当てはまる「伊勢路は心だ!集客は無限大!」やな(笑)。
IMG_3780.jpg


続きましてはみちづくり研究会の視察です。






つづく〜(^o^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:48 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今年のホタル事情 [2017年06月05日(Mon)]

六月に入り毎週土曜日の夜はホタル観察会を予定している私どもですが、今年はホタルの発生が遅めですな。

そこで、申し訳なかったのでしたが先週の土曜のホタル観察会は中止とさせていただきました。

その二日前からキャンプインのビオトープでヘイケボタルがやっと始まったばかりでしたので、まとまった飛翔は期待できないと考え、観察会は中止とさせていただきました。
わずかでもよいので見たい人にと、とりあえず8時に私がビオトープにいて、来る人に見てもらう事にしました。

ズハリ、ヘイケボタルは三匹でしたな。

観客さんは30人ぐらいだったかと。
観客さんぐらいホタルが飛んでくれるとありがたいのですが(笑)。

わずかなホタルでしたが、皆さん喜んでくれたのは何よりでした。

その様子を撮影していないのが申し訳ないところですが、この写真は先月25日のゲンジボタルです。
IMG_3759.jpg


場所は私どものくき漬け加工場の前の水路です。
はい。フラッシュをたいてみましょう。
IMG_3760.jpg


くき漬け加工場の前の水路では、三重県や私どもで水辺の環境整備やホタル調査を行っているのですが、なかなか思うようにホタルは発生してくれない。
人為的に幼虫を放流する訳でないのでそれが自然と言うものですわ。

ホタル観察会では、くき漬け加工場の前でゲンジボタルの観察会ができたらよいな〜とは思っているのですが、移動のわずらわしさもあるから、キャンプイン内でヘイケボタルやヒメボタルの観察会ができるのが理想なんです。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:54 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オオキンケイギクの駆除作戦がありました [2017年06月01日(Thu)]

早、六月になりましたね。

月日が経つのは本当早いじょーっと思っています。

先月14日の日曜日には、毎年恒例のオオキンケイギク駆除作戦が、権兵衛の里銚子川流域でおこなわれました。
参加者が増えて今年は35名の皆さんが集まってくれました。
懐かしい顔ぶれもあり、本当嬉しかったです。

写真を撮っていなかったので当日の作業風景の様子がないのが申し訳ありませんが、駆除作戦が終わってから、私とトトロで日常のすきを見つけて船津のオオキンケイギクと、新田のオオキンケイギクを駆除してきました。
170530_114510.jpg
この二倍のオオキンがありましたな。

また、おそるべしオオキンケイギクの写真。
170530_114457.jpg


抜く時に根を切ってしまうと、根からまた新しい芽が出てくるのです。

はい。根の頑丈なススキの根に紛れるように棲息しているオオキンもたくさんでした。
なので、根が切れてしまうのです。

また、新田のこの場所は2年前に私がしっかり除草剤を撒いた場所。
でもまたはびこってくるのです。

やっぱりオオキンは、特定がつく外来種だけあるな!とびっくり怖くなりました。

はい。権兵衛の里では毎年地道な抜く作業をしている成果が実りかなり減りましたが、油断大敵なのでまだまだ続けるつもりです。

また、参加者さんから、たくさん増えている上里のオオキンも手分けして駆除しようでは?と声が上がりましたので、来年はそうしたいと思っている私です。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:10 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野イチゴ〜♪ [2017年05月29日(Mon)]

久々のブログの私。

なんだか毎日が慌ただしく疲れ気味。

今月もあと三日になり、今夜はきほく七夕物語の会議、明日は観光協会の総会、明後日は知事と出会える夜、とまあこんな調子。
忙しい忙しいとばかり言ってても仕方ないのですが、知らず知らずストレスも抱えているのでしょう。
そんな今日には、ストレスを吹き飛ばす出会いもありました。
野イチゴが満開〜♪なのでした。

たまたま見つけたのでしたが、久しぶりに一粒食べると、懐かしい味が。
それで、このままではもったいないな〜と思ってたところで、カヌーに乗ってくれたお客さんに事情を話すとぜひ野イチゴに会いたい!と。

そんなこんなでカヌーが終わってから行って来ました。
IMG_3763.jpg

私もスタッフらに食べてもらおうと、一生懸命採りました(笑)。
IMG_3762.jpg

はい。皆さんは〜です。
見せあいっこと言いますね。
みんな子供になった気分かな(笑)。
IMG_3765.jpg

はい。私には子供の時によく食べた野イチゴ。
本当懐かしい。
あの頃の場面を鮮明に思い出しました。

奥様はジャム作りに挑戦してみようかしらと言っておりました。

疲れも吹き飛ぶ素敵な出会いでした。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:46 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017きほく七夕物語! [2017年05月22日(Mon)]

今年も銚子川を天の川にしようと、きほく七夕物語が開催されます。
IMG_3740.jpg


昨年の実行委員長は私でしたね。

今年はと言うと、引き続き私やな。
自分のスケジュールさえ把握できないぐらい目が回っている私なので、ほんまかい〜?大丈夫かい〜?なんですが、間違いなく私やな(笑)。

今年の開催は七月に入ってすぐの土曜日。

現在慌ただしく?準備に追われてますな(笑)。

皆さんの願い星で、銚子川が天の川にする事が、私らの願うところ。

微力な私で申し訳ありませんが、今年もきほく七夕物語をよろしくお願いいたします。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 20:04 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東京へ行ってきました! [2017年05月16日(Tue)]

東京は六本木にある東京ミッドタウンの富士フイルムフォトサロンに行ってきました。
IMG_3623.jpg


和歌山県、和歌山県観光連盟(公社)主催による「水の国、わかやま」の内山りゅうさんの写真展を見るためです。
IMG_3627.jpg


はい。私らからはガリバー毅君、大野君と三人で、役場からも二人が行きました。
IMG_3624.jpg


迫力のある素晴らしい写真ばかりでした。
川のこんな世界を切り取れるカメラマンは日本に何人もいないでしょう。
写真からは川好きの内山りゅうさんならではの世界が繰り広げられておりました。
私も何枚か欲しくなる写真がありました(笑)。
本当、和歌山県は水の国と呼ぶに素晴らしい川が何本もあるのですね。
感動させていただきました。

続きまして夜はオープニングレセプションと言う集まりがありました。
今回は和歌山県の皆さんといろいろお話しができたらと、本当に楽しみにしていた私ども。

和歌山県商工観光労働部部長の山西様はじめ河野課長様、他たくさんの和歌山県観光部の皆様、またNHKエンタープライズの村田様、井上様。山と渓谷社様はじめ、内山りゅうさんを取り巻くたくさんの皆様と久しぶりに会う人やはじめて会った人等、たくさんお話しする事ができました。
とても有意義な時間でした。

はい。内山りゅうさんのお友だちであるアルフィー坂崎さんも駆けつけてくれました。
IMG_3631.jpg


主催者の和歌山県の山西部長さんの挨拶から始まりました。
IMG_3633.jpg


続きまして内山りゅうさん。
IMG_3641.jpg


NHKさん。
IMG_3643.jpg


りゅうちゃんの恩師?の有名なプロカメラマンさん。
IMG_3650.jpg


乾杯の音頭は坂崎さん。
IMG_3655.jpg


こんな雰囲気です。
りゅうちゃんのむかし話しやら苦労話し等たくさんで笑わせてくれました。
乾杯〜です♪。
アホタン大野君も私と同じ撮影してたな(笑)。
IMG_3659.jpg


会場はこんな雰囲気。
IMG_3636.jpg


皆さんその道の凄い人ばかりなんです。
IMG_3661.jpg


はい。飲み過ぎ注意の私は前回の新宿での写真展と違い、今回は夜景を見る余裕がありましたな。
IMG_3647.jpg


私のお守り役でもありマネージャーでもある、まりちゃんが居ないからと言って飲み過ぎには油断はできません。
りゅうちゃん奥様が私に目を光らせてくれてました(焦)。

ともかく、東京にはビルがいっぱいだけど山無いね〜と。
私らには山がある。水の循環ができている。
そこは東京には負けないところやで。
もっと地方を見直す時代が来てほしい…と負け犬のようにつぶやく私でしたかな(笑)。

ともかく、和歌山県さん、内山りゅうさん、皆さん本当によい体験をさせていただきました。
この場をお借りして、ありがとうございました!と言う事で。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:33 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
銚子川が紹介されました [2017年05月11日(Thu)]

50代からの旅と暮らし発見マガジン、『ノジュール』と言う雑誌に日本人と水と言うテーマでの特集があります。内山りゅうさんの登場です。
IMG_3619.jpg

そこでは、和歌山県を中心とした素晴らしい写真が紹介されていますが、嬉しい事に銚子川も紹介されておりました。
IMG_3620.jpg


それがこの写真です。
IMG_3621.jpg


空とぶカヌーですね。
銚子川と言えば川遊びの夏のイメージだと思いますが、私が一年で一番好きな季節は五月の連休あたり。

水辺には可憐な花も咲きとてもゆったりとした時間が流れているように思います。

カヌー遊びなら一番の時期ではないかと。
風のない日なんかこの時期のカヌーは最高なんですよ。

そうだ!水の国、和歌山へ行こう!。
IMG_3622.jpg

いや、東京へ行こう!!。

はい。明日から東京へ行く、私とガリバー毅君とアホタン大野君。

そうです、明日から東京で水の国和歌山の写真展が始まります。
写真家はもちろん内山りゅうさん。

私ども銚子川アホタン三兄弟も駆けつけます。

別で役場からも二人が行くね。

素晴らしい副町長さんのおはからいで。職員さんに行ってこい!と。

はい。水の国とは素晴らしいネーミングです。
和歌山県も奈良県も三重県も紀伊半島として一つ!。水の国、紀伊半島としてほしい…いや、水の国、日本!か。

和歌山県の皆さんと出会えるのが本当に楽しみな私なんです。

熊野古道伊勢路の話しもしたいし(笑)。

明日はいろんな事を左右する重大な時間になるな。

紀北町として、三重県人としても頑張らねば♪。


※『水のこと 水の国、わかやま』写真展


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:13 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ