CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はる
味見をしました (07/06) ゆか
味見をしました (07/06) 理事長
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート1 (05/31) 中村光良
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート1 (05/31) ふるさと企画舎
鳥の巣 (05/19) ei
鳥の巣 (05/18) はる
こいのぼりクラフト体験をしました! (05/10) ゆか
こいのぼりクラフト体験をしました! (05/10) ふるさと企画舎
引本神社でお木曳きがありました (04/28) 理事長
四日目 (04/16)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新トラックバック
ボラを獲りにいきました [2016年07月26日(Tue)]
晩ご飯を食べてまったりしていたら、
散歩から帰った祖父が突然「魚、捕りにいこや」と誘いに来ました。

ここ最近、白石湖では満潮から引き潮に変わるときに水路の入口に
魚がたくさん群れるから銛で突ける、ボラは刺身にしたら旨いんさ〜と。

行こう行こう。
じいちゃんと、ダンナといっちゃんと4人で白石湖へ。

暗くなり、懐中電灯の明かりを頼りに・・・。
群れている所を狙い、ダンナが一突きで仕留めました。

じいちゃんが血抜き。
IMG_6700.JPG
帰って、早速さばいて夜食〜。
IMG_6704.JPG

IMG_6705.JPG

淡白な味、臭みもないしおいしく頂きました。
ご馳走様でした♪

by ちゃあ♪

Posted by ふるさと企画舎 at 16:35 | 季節を楽しむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
すいか棒 [2016年07月25日(Mon)]
夏は、やっぱりかき氷が食べたくなります。
というわけで、観光協会のHPで紹介されていた
「さんぺや」さんに「すいか棒」を食べに行きました。

手元に見えているのが
「すいか棒」専用のブリキの型枠です。
DSC_1723.jpg
この型枠を作ってくれる人がもういないとか。
型に氷を入れて棒を入れてギュッと挟んで押さえ込み、

蜜をたっぷりとかけます。
こちらは皮の緑。
DSC_1725.jpg

身の赤いシロップもたっぷり。
DSC_1726.jpg

棒もツルッと抜けてしまわないように、
氷とよく絡むザラつきのあるタイプだとか。
地元産かしら?
氷は同じ地区内で製造された中口製氷のもの。
DSC_1732.jpg
会社の前でアップにしてみました。

さんぺやさんのは、特大サイズのようです。
子ども達に人気でしょうね。


  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 17:59 | 季節を楽しむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いよいよ始まりました! [2016年07月24日(Sun)]
7月の3連休から始まりました。あまごのつかみ取り!

IMG_0306.jpg
センターハウス前の川原に現われる石を積んで出来た小さいプールのようなもの...実はつかみ取りの会場なんです!
IMG_0322.jpg
網を張ってのぼりを置けば一気につかみ取りの雰囲気がでます。積んだ石の上には危ないので登らないでください!



IMGP2856.jpg

IMGP2858.jpg

いよいよあまごのつかみ取りがはじまりました!子どもはあまごを捕まえるのに必死!お父さんやお母さんは、写真を撮ったり、捕まえたあまごを入れる容器を渡したりと大忙し!
相変わらずあまごつかみ取りの参加者の熱気はすごいです。

IMG_0307.jpg
つかみ取り前日の会場の準備です。石を積んだり、川の水量によって深さを調整したりします。
トトロもイベント担当者として参加者の熱気に負けないよう頑張ります!
つかみ取りは、毎週2回開催なので是非参加してください!
byトトロ






Posted by ふるさと企画舎 at 17:42 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート31 [2016年07月23日(Sat)]

食後の楽しみは、まったり飲みながら30年ぐらい前にバイクツーリングキャンプで使ってたラジオをつける事だ(笑)。
IMG_5137.jpg

相変わらずのどしゃ降りがテントをたたいている…。
ラジオから流れてきた曲は尾崎豊の「15の春」。
う〜ん。懐かしく胸をうつ曲だなんだけど、私には53の春やな!と突っ込み入れてもた(笑)。

はい。続いて流れてきた曲は、あおい輝彦の「ハイハイハイ」…。
なんちゅう年代のギャップやねん…(笑)。

雨のテントは、私らの年代には心地よい?。
昔むかし、ひいばあちゃんの家には低いトタン屋根があったので雨音がやかましくてね。

そんな記憶を蘇らせてくれるような雨音なのだ。
はい。私はひいばあちゃん子だったのだ。

明くる日、ラッキーな事に雨が上がっていた。
IMG_5139.jpg

これがコールマンテント、カペラの一人用の前室だ。
なかなか広い方なのだ。
IMG_5140.jpg


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:38 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート30 [2016年07月22日(Fri)]

雨にも負けず風にも負けずで、やっと二回目のテント地に出会えた。

とにかく、困難大歓迎?の私の気持ちはワクワクでいっぱいなのだ。
人生初めての、雨のテントバックパッカーだからである。
雨の中、どうやってテントを張るかだ。
こう言えばかっこいいのだが、軟弱な私は教えてもらった近くの屋根下でテントを張らせてもらってから雨の中にテントを設置した(笑)。

ちょっと考えてみてほしい。
テントはインナーとフライシートがある。
雨の中、荷物やインナーをいかに濡らさないでテントを張る事ができるかだ。
こりゃ〜難しいで〜。

まずどしゃ降りの中、でかいリュック一つを背負い傘をさしている。もちろんカッパは着ているしリュックカバーはしている。
テントはリュックの中だ。
リュックの中からテントを出すだけで本当に一苦労。
小型の折りたたみ傘一つで荷物を濡らさないようにするには至難の技。
なので次回はでかいゴミ袋を一枚持つ事を考えた。

手際よくテントのインナーを張り、フライシートを素早くかけないとならない。インナーは防水となっていないのだ。
でもまあインナーは多少塗らしたところでは大丈夫ではある。
ともかく荷物になるタオルの持ち合わせを極力減らしているから、テント内に水を持ち込むのは避けたいのだ。この私の悪い頭だが、いかに雨のバックパッカーキャンプの効率のよい手順を考えるのは楽しいと言える。

なんとかテントを設置して、濡れてるカッパではテントに入る事はできないから、テントの前室が広い方が有利と言えるだろう。
テント外で傘をさしカッパの上を脱ぎ、狭い前室でカッパの下を半分脱いた状態でテントに尻だけ座り脱ぐ。そして前室にぶらさげる。
ともかく、一人用テントは軽い分かなり小さいのだ。
まったくアーダコーダと本当ややこしいヤツだ(笑)。

今回は、教えてもらった屋根下を借りたおかげでスムーズにテントを張る事ができ、どしゃ降りのテントの中での夕飯となった。
カップラーメンとおにぎり…私にはこのメニューしか考えられんな(笑)。
IMG_5136.jpg


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 20:38 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今年もくき漬けが始まりました! [2016年07月21日(Thu)]

お知らせが遅くなり申し訳ありませんでしたが、今年も私ら法人のくき漬け業務の漬け込み販売が始まりました!。

今月15日に初刈り取りし、昨日19日に初漬けができあがりました。素晴らしい出来上がりかと!。
また、初漬けの汁が大切で、その汁が本漬けに影響していきます。それで明日に本漬けが出来上がります!。

初漬けの初物は、ちょっと酸っぱいのが特徴ですが、今日から尾鷲市のおととで、初物として売り出されています。
嬉しい事に、これがなかなかの人気なんです!。

はい。そんなこんなですが、畑から刈り取りリヤカーに積んだ図。
160719_062947.jpg



私は朝4時起きなので、くき漬け加工場に夜から来て寝泊まりしてます。
そんな私の寝床に今日はオニヤンマ(トンボ)が遊びに来てくれました(笑)。
160721_134932.jpg


毎日この繰り返しです。
4時起きして5時前には畑にいます。
4時はまだ暗い…。
寂しくなりますが、ふーちゃん、ゆうやんも本当に頑張ってくれてます。

お陰さまでヤツガシラの成長はよく台風が来ないのが何よりの現状です。

お盆前まで、さて〜頑張るとするべ(笑)。




くき漬けの現状報告まで。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:16 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート29 [2016年07月20日(Wed)]

今度の無縁仏は道沿いではなく林の中。う〜ん下りて行く勇気が出ない…。
線香あげれずごめんい〜と通り過ぎた私だった。
許してくれたのか?その後、肩こりにはならなかった。

とにかく、私は霊界的なものには無頓着で信じない方なのだ。
不思議な事には何かしらいろいろ偶然が重なりあい生じるものかと思っているが、頭から否定するものでもなく、この素晴らしい自然や先人に感謝しながら、やっぱり神様仏様はとても大切な存在なのだと思っている。

はい。国道沿いにあるラメールに必ず寄りたい私は途中旧道を外し国道に出た。
すると偶然私の前に楽園が(笑)。
IMG_5123.jpg

ここは下楠。
あまりにも居心地のよさに先の事も忘れかなり休憩してしまったのは言うまでもない。


そんなこんなだったが、やっとラメールのマスターに出会えた。
160413_143539.jpg


マスター大御所こと、上野さんと出会えのは本当に久しぶり。
私どもが銚子川の舟渡しを計画した時、三瀬の渡しをやっていた大御所に、三瀬の渡し舟に乗せてもらい勉強させてもらったのが出会いだったのである。

大御所は素晴らしい人格の持ち主で、今回も夢中になり統一目印の事はもちろん、熊野古道伊勢路の話しをさせてもらった。

現在自分は歩いている事すら忘れてしまったぐらい楽しいひとときだった。
我に気づき、野宿地に的した場所がないかお聞きして、名残惜しくもお礼を行って雨の中また歩き出した。

本当はラメールで昼食したいと考えてたのだが、美味しいコーヒーのお店だったのだ。

この時点で2時30分。今日もまだ昼食できていない。
ここも昼食屋ではない…。
IMG_5127.jpg

腹ペコ…歩くペースの遅い私は、子供たちにも抜かれ…。
IMG_5131.jpg
また休憩…。さっきからどんだけ歩いたんやねん(笑)。
IMG_5134.jpg

と言いながらも小川の観察は欠かさない。
いっぱいハヤがいた。
IMG_5135.jpg


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:50 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート28 [2016年07月19日(Tue)]

実は私は無縁仏にはいろいろ縁があるのだ。以前海山の無縁仏を紹介されたその後ひどい肩こりに悩まされた。
その時、その事を海山熊野古道の会の大御所に相談したら、無縁仏は田上のお人好しを知ってて線香でもあげてくれ〜と言っとるのやわ!との事。なんじゃってい〜!?と、さっそく熊野古道関係者が何人か無縁仏に集まり掃除して線香をあげ、大御所は般若心経をあげてくれたのだった。
すると嘘のように肩こりが治ったのだ。
ほんまかい〜?と思うだろうが本当の話し。

なので、線香をあげずに通り過ぎるとまた肩こりか〜?の私だった(笑)。

気分よく歩き出ししばらくするとやっぱり?なんだかおかしい…。
アホや〜!。大切な青岸渡寺の杖を無縁仏のところに忘れてきたのだった。
無縁仏さんに、この杖を欲しかったんかい〜?でもやれんで〜と語りかける私だった。

なので私はこの無縁仏さんに、「杖欲し仏」と名付た。

するとまた無縁仏…。ナンマンダブナンマンダブ。
IMG_5118.jpg


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:29 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート27 [2016年07月18日(Mon)]

また国道42号線に出てた。
この時点でジャスト11時。
目指すは、熊野古道関係者の大御所様がやっている国道沿いにあるラメールと言うお店。

はい。でももう熊野古道図絵マップが無いので、国道沿いのどこにラメールがあるのかわからなく不安にかられていた。
IMG_5109.jpg

国道沿いにもわずかだが、熊野古道があった。
IMG_5111.jpg
こんな休憩場もあったが、私には休んでる場合でなかった。
IMG_5112.jpg

当時と現代が寄り添うように並んでいる。なんかね〜不思議な感覚におちいる場所だ。

IMG_5113.jpg

なんと次は今度は柵を開けて入らないとならない。
獣害のためなのだ。
IMG_5114.jpg

殿様井戸と言う素敵な場所があったが、私は殿様ではないので休憩は遠慮させていただいた。
カエルの楽園のような場所になっていた。
IMG_5117.jpg

写真は無いが殿様井戸を過ぎてから無縁仏に出くわした。
雨は朝から相変わらずしとしと降っているが、線香を持っているので無縁仏に線香をあげよう!とリュックを降ろした。
まこちゃん形見のタフなジッポライターがこんな時とても重宝する。辺りに線香の匂いが立ち込め、なんだかその場が神聖な雰囲気になった。ちょっと良いことをしたような気分になり嬉しかった。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:24 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊勢路一人歩き旅・第一弾!パート26 [2016年07月17日(Sun)]

シダにはびっくりさせられたが、なんだか不思議な生き物に出会えたように嬉しく思った。すると、なんや私は悪い事したんかい?と思えるように柵の中にいたのだった(笑)。
IMG_5097.jpg

おたずね者田上の似顔絵が書いてなくてよかった〜の立て札を見て、きちんとロックできてやれやれ〜だった。
IMG_5098.jpg

今度は猿木坂と言う道案内を見て進む事に。
サルが怖い顔してタムロしとるんやろか〜?と。
IMG_5099.jpg

すると私は竹取り物語のじいさんのような心境になった。
かぐや姫が出て来そうな素敵な竹林を下った。
IMG_5100.jpg

するとまた川やで〜だ。
IMG_5101.jpg

先の馬鹿曲がりから、道なのか川なのか判断しがたい道が多かったが、古道を守る地域の皆さんの素晴らしい気持ちが随所に見えた。
木の橋の向こうにはめがね橋が見える素晴らしい景色だ。
また、向こうに熊野古道ののぼりが見えるので、不安がかき消された瞬間だった。
IMG_5104.jpg

上がって行くと旧道に出た。
途中の竹やぶの中でタケノコを食い荒らしていたのを何度か見かけていたが、イノシシにしては変だなぁと思っていたら、この場所でおサルの声を聞いたので犯人が特定できた。さすが猿木橋。

右側には坪のような湧き水があった。
IMG_5106.jpg


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:50 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ