CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 富良野市地域おこし協力隊 | Main | 富良野の風景»
そば打ち体験 [2015年03月26日(Thu)]
今日の富良野は穏やかな晴れお天気で、8℃まで上がりました。明日は10℃を越える予報ですグッド(上向き矢印)
P1150476.JPG

今日は体験村に、香港からの観光客の方がそば打ち体験に来てくれましたるんるん
日本が大好きなお二人は10回以上日本に来てるんだそうです。一度ご自宅でうどん打ちに挑戦してみたんだけどうまくいかなかったので、今回そば打ちに申し込んだそうです目

まずそば粉と半分の量の水、卵を小さなかたまりになるまで混ぜます
P1150479.JPG

その後一つにまとめて、つやが出るまで5分ほど練ります
P1150482.JPG

練りこんだ生地を手で丸く広げ、そのあと麺棒で長方形に伸ばします
P1150484.JPG

2mmぐらいの厚さになったら8つに折って、切ります
P1150486.JPG

2人ともとてもお上手で、とてもおいしそうなそばができましたぴかぴか(新しい)
P1150488.JPG

北海道での残りの時間を楽しんで、よい思い出を作って帰って欲しいでするんるん
冬休み工作教室 [2015年01月14日(Wed)]
111日に冬休み工作教室を開催しましたexclamation×2

対象は小学生で、市内の全小学校にチラシを配布したところ、14名のこどもたちが参加してくれましたぴかぴか(新しい)全員女子目

手織り機でマフラーの手織りに挑戦したり
P1140701.JPG
慣れないミシンを使って巾着作りに挑戦したり
P1140703.JPG
羊毛を使ってピカチューの絵を描いたり
P1140716.JPG
ペーパークラフトに挑戦したり
P1140709.JPG

みんな真剣な顔をして頑張っていましたるんるん

できあがった作品は冬休みの自由研究として、冬休み明けに学校に持っていくそうでするんるん
お友達にたくさん自慢してねかわいい
冬のツアー企画中 [2014年12月26日(Fri)]
クリスマスも終わり、いよいよ今年もあと6日で終わりですexclamation×2
冬至も過ぎ、日が長くなるのが楽しみですぴかぴか(新しい)
今日の富良野の日の入り時間は16あせあせ(飛び散る汗)山に囲まれた山部では16時には暗いです。
北欧諸国ではうつ病が多いという話も聞きますし、日照時間と人間のやる気ってリンクする気がします。

ということで、なんとなくやる気が出ない季節ですが、山部@まるごと体験村では1、2月に向けての企画が進行中です。
1/11(日)には富良野市民の皆様に体験村をもっとしってもらうため、小学生向けの工作教室を開催します。参加費¥500、定員50名です。
冬休み工作教室チラシ.jpg
冬休み前に教育委員会を通じて全校配布してもらったところ、すでに何件かお申し込みが来ていまするんるん

2/1〜15には、太陽の里の遊々の森で、スノーシュートレッキングのツアーを開催します。
CIMG0666.JPG
CIMG0668.JPG
森をスノーシューで歩きながら、植物や動物の解説をします。

富良野の冬ならではの景色をたくさんの方に楽しんでいただきたいです。
ハスカップ収穫体験♪ [2014年07月08日(Tue)]
先週の土曜日7/5に星野果樹園さんのハスカップ収穫体験に行ってきましたるんるん

体験用に3列残していただいたハスカップの木たちに、鈴なりぴかぴか(新しい)になってました!
P1120667.JPG
熟して黒っぽくなっているのが食べごろ黒ハート

ハスカップの身は崩れやすいので、下の方をつまんでポキッと折って収穫します
P1120665.JPG

この日は同じ時間に、3歳のお子様3人とお母さん3人が参加
P1120673.JPG
子どもたちは、どちらかというと走り回る専門でした(笑)

1時間でこんなに収穫できましたよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
P1120685.JPG

800gで1,200円。楽しかったぴかぴか(新しい)

ブルーベリーの実もところどころ色づいてきていました!熟すのが楽しみです!
P1120686.JPG
コースター手織りと天然石アクセサリー作り [2014年06月06日(Fri)]
6/4(水)に、岡山の就実高等学校の生徒さんが修学旅行で富良野にいらっしゃいました!

山部@まるごと体験村のメニューのうちコースター手織り体験と天然石のアクセサリー作りを体験していただきました。
人数は18人ラフティング、フィッシング、アイスクリーム/ジャム作りと手織り&アクセサリーの選択制です。

この日の富良野の気温は36℃超えあせあせ(飛び散る汗)
炎天下晴れの中、午前中農業体験、バーベキュー、サイクリングをこなして疲れている中一生懸命取り組んでくれました。

2班に分かれて手織りアクセサリー作りを約1時間半ずつ体験

手織り体験の様子です。こちらは古い布を裂いて作った糸で織る裂き織り
P1120226.JPG
こちらは白いとうもろこしホワイトショコラの皮と麻糸でコースター手織り
P1120218.JPG

アクセサリー作りは自分の好みの石を選ぶことから始まります。
P1120216.JPG

それを好みの色のワイヤーや革ひもに通して、ブレスレットやストラップを作ります。
P1120227.JPG

どちらも細かい作業で、目目が疲れただろうなぁ〜。

楽しい思い出をたくさん作って北海道ファンになってくれることを願っていますexclamation×2


遊々の森ウォーキング&山菜採り [2014年05月26日(Mon)]
5/24(土)に山部@まるごと体験村主催で遊々の森ウォーキングを開催しました。

山部にあるキャンプ場太陽の里晴れの敷地内にある遊々の森を歩きながら山菜を採って天ぷらにして食べよう!という企画です。

今にも雨雨が降り出しそうなあいにくのお天気の中、13名ご参加いただきましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
P1110990.JPG

遊々の森には「尾根コース」「沢コース」の2つのコースが整備されており、自由に散策を楽しむことができます。
P1110986.JPG
コース途中には勇振川(ユーフレ川)も流れています。今の時期は雪解け水で水量が多いです。

講師は東大樹木園OBの小笠原さんわーい(嬉しい顔)
こちらは、間違えやすい「トリカブト」と「ニリンソウ」の説明をしているところ。
P1110957.JPG

小笠原さんの指導の元、森を歩きながら山菜を採取。
こちらは、ツルアジサイを採っているところ
P1110941.JPG
こちらは、ヨモギを採っているところ
P1110941.JPG
ちゃんと覚えれば、食べるものに困らず暮らせそうですぴかぴか(新しい)

2時間弱歩いた後、山菜を持って富良野市生涯学習センター調理室に移動車(セダン)
地元のお母さんたち”さん美食会”のメンバーが、天丼の準備をしてくれていました。
P1120050.JPG

それぞれお好みのてんぷらを乗せて、出来上がりはこんな感じぴかぴか(新しい)豪華ぴかぴか(新しい)
P1120051.JPG

摘果メロンの漬物や、ウドの酢味噌和え、フキの煮もの等も作っていただきました。
P1120030.JPG

たっぷり楽しんで、参加費はなんと大人2,500円グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

来年も開催する。。と思いますので、興味がある方は是非ご参加ください。
草木染め体験 [2014年05月09日(Fri)]
山部@まるごと体験村の5月のおすすめメニューは、草木染め体験そば打ち体験です。

草木染め体験では、桜の枝を使ってハンカチやスカーフを染めます。
体験に備えてただいま準備中。鍋で枝をコトコト、コトコト煮出しています。
煮出す時間で、茶色→オレンジ→ピンクと色が変わっていくそうです。
ピンク色が出るまでなんと1ヶ月目なかなか大変な作業です。

こちらは煮始めてから2週間たったもの。この時点で染めるとオレンジになるそうです。
P1110630.JPG

染め上がりはこんな感じ。
001.jpg

体験料はハンカチ\1,000、スカーフ\2,000~(素材によって異なります)

5/18(日)~20(火) 午後1時~2時半で受け付けています。
その他の日時もご相談に応じますので、ご連絡ください。
体験村HPはこちら
http://www.furano-yamabe.jp/

リサイクルセンター見学 ~環境学習~ [2014年04月23日(Wed)]
観光協会いわく、最近旅行代理店の方から、環境教育のプログラムは何かないか?というお問合わせが結構あるそうです。
そのプログラムに取り入れていただけそうなのが、山部@まるごと体験村の「リサイクルセンター見学会」手(チョキ)

富良野市は古くからゴミの分別に力を入れていて、現在の分別は14種別。
「燃やさない埋めない」が基本方針で、特徴的なこととしては、「可燃ごみ」も「不燃ごみ」もありません。
生ごみは、たい肥にして農業に利用、その他可燃ごみに分別されそうな紙、プラマークのないプラスチック製品などは「固形燃料ごみ」として収集され、固形燃料を生産し再利用されています。
リサイクル率は驚異の90%超ぴかぴか(新しい)(平成20年度末の全国平均は20%)

見学対応できるスタッフの数を増やそう!ということで、先日リサイクルセンターの施設見学に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)
富良野市リサイクルセンターは山部にあり、主に固形燃料の製造を行っています。
固形燃料ごみから発掘exclamation&questionされた、衣料品をリサイクルマーケットで販売していたりもします。
P1110148.JPG

リサイクルセンターの職員、高橋さんにお話を伺いました。
こちらは、粗大ごみと家電製品の処理施設です。
粗大ごみは、一つ一つ人手て分解し、布類やプラスチックは固形燃料ごみとして処理、木材は粉砕され燃料として売却されます。
P1110149.JPG

こちらは枝草類の処理の様子。
枝類は、輪ゴムやビニールひもなどが混入していないか、ひとつひとつ袋を破ってチェックし、堆積してたい肥にします。
大変なお仕事ですふらふら
P1110156.JPG

こちらは固形燃料を製造するラインの入り口です。
P1110158.JPG

機械で袋を破り金属などの不適物(ベルトのバックルとかバッグの金具とか)を手選別で除きます。
その後、3cm程度まで細かく粉砕され、成型機で固形燃料に成型されます。
(プラスチックは溶けることで、固まるのだそうです)
こちらができあがった固形燃料の山。
IMG_0657.JPG
江別や札幌の工場に売却され、ボイラー用の燃料として利用されています。

いやぁ~、どこの工程でも手作業が多いです。リサイクルするって大変なことだと改めてわかりました。
一市民として、きちんと分別をして協力していないといけません。