CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
サモア対日本が戦うコスモスで [2019年10月05日(Sat)]

fumihouse-2019-10-05T20_34_07-1-thumbnail2.jpgサモア。人口わずか18万人。産業は漁業と農業を主体とするオセアニアの小さな島国である。そのサモアと日本が現在対戦中だ。小さなサモアがラグビーで強いのはなぜか。

見るからに屈強である。浅黒く髭面。とにかく重いのだそうだ。個々の選手にパワーがあり、破壊力があるという。しかも身体能力が高い。世界ランキングでは日本は近頃上げて8位に対し、サモアは15位だが、対戦成績では分が悪い。ただいま前半が終わり、16対9で日本がリードしているが油断はできない。

各国代表には外国籍の選手が多い。他国の代表出場経験がなく、かつ、@日本で生まれたか、A両親祖父母のうち1人でも日本で生まれたか、B継続して3年以上その国に住んでいる。いずれかを満たせば代表になる資格がある(強いことが第一だが)。

かつてイギリスが世界の植民地にラグビーを広めていったが、ラグビー好きのイギリス人がどこの国に住んでいてもその国の代表になれるよう、ルールを作ったというズルい由来がある。とはいえ、移民や外国人労働者を受け入れて、新しい社会をつくるべき現日本にとって、とても重要なワールドカップとなるように思う。

(コスモスは宇宙。ユニバーサルでいこう)