CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
させてみて誉めてやらねば人育たじ [2019年09月27日(Fri)]

fumihouse-2019-09-27T18_04_26-1-thumbnail2.jpg楽観主義と悲観主義。人それぞれに傾向はあるが、体調にも状況にも左右される。悲観主義はマイナス思考。良い面よりも悪いところに目がいってしまう。強みに目をつけ頑張りどころを生かすというには、なかなかいかない。

精神障がいを患う人を支援する方の講演録を手にした。目の前の患者さんの強みや良さ(近ごろストレングスとも言う)に注目することが大切なことだと。こんなことをやってみたい、自分の長所を生かして一歩前に出たいという希望を、引っ張ってあげるのではなく、応援団になって支えるのだと。

病気がちの人、特に精神疾患というと、できないことに着目しがちである。何か希望があっても、させない方向に引っ張ってしまう傾向にあるそうだ。それでは支援者ではなくなってしまう。うん、わかる気がする。

講師は、できる・やれる・させるという向きに誘導(応援)してはじめて、当事者が心身ともに変わる現実をたくさん見てきておられる。事例をもとに聴衆を納得させられた。

これは精神の当事者の支援に限らない。子育てにも夫婦関係にも、自分の可能性というところにも関わってくると思う。試してみよう! やってみよう! だめだったとしても命を取られるわけじゃない!