CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
いざいざと取り替えはきく必ずや [2019年09月13日(Fri)]

fumihouse-2019-09-13T22_48_34-1-thumbnail2.jpg【取り替えのきかない】と【取り返しのつかない】。言い回しは似ているが、貴重で大切にされている存在が前者だとすると、後者は忘れてしまいたい疎ましい事柄だ。

平穏な毎日が続くと、いつも同じで代わり映えがしない。しかし、その日、その時間は一瞬の積み重ねであり、取り替えはきかない。かけがえのない時なのだ。

大きな失敗をしたとしよう。元に戻すことはもはやできない、今となってはどうにもできない、できるなら過去に戻ってやり直したい・・・それは取り返しのつかないことなのか。

生きている限りは時間はある。取り替えのきかない大切な時を使って、また進むだけなのだ。進めや進め。きっと取り返しがつかないことはない。取り替えはきくに違いない。

(ニラの花は、細くてまっすぐな茎に咲いてどれもが同じように見えるが、それぞれは別のもの。取り替えはきかない)