CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
プレゼントたっぷり時間を与えたし [2019年09月02日(Mon)]

fumihouse-2019-09-02T18_27_09-1-thumbnail2.jpgかつて若い頃、朝まで仕事に向かうことがあった。必死になってワープロ(パソコンではなく専用機の頃があった)に向かって資料を作り印刷をし、コピーして切り貼りをして、必要な形にする。

間に合ったはいいけれど、その後は抜け殻のように能率は上がらない。うとうと眠気がとれず、風呂にも入らず髭も剃ってないから気分もすぐれない。効率は上がらず、その日は撃沈。徹夜してもあとがよろしくないのだ。何度かの経験で、朝の一時間は夜中の三時間に匹敵するというのが私の持論となった。

プレゼンティーイズム(Presenteeism)という言葉があるそうだ。アブセンティーイズム(Absenteeism/病気で欠勤する」ほどでもないが、出社していながら体調が悪くて生産性が上がらない状態のことを、プレゼント(Present/出社)と組み合わせた造語である。

形式的には仕事をしているように見えても、実は仕事をしていない。疾病就業とも訳されるが、サボタージュも含めて使用者に労働損失を与える。俗に言う開店休業状態だ。

働き方改革にあたっては日本人特有の生真面目さが壁となる。「自分は休むわけにいかない」意識が元になって、労働時間の削減が進まない。お上が主導すると一気に構造変化を起こすというのは、日本人のお得意だが、今回が最大のチャンス、あるいは最後の機会かもしれない。

(ホテルの天井は円やかで円満そのもの。淡い赤みも放って見る者を穏やかにしてくれる)