CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年03月 | Main | 2019年05月»
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
三本で締めてチャチァチァと客を寄せ [2019年04月28日(Sun)]

fumihouse-2019-04-28T15_42_26-1-thumbnail2.jpg三本締めというと、年末の取引を終えた東京証券取引所の手締めが有名だ。飲み会が多いが、無事の完了を祝して慣例的に行われる。横綱白鵬が千秋楽のインタビューで三本締めをしたかどで処分を受けた。全勝優勝したのに残念だった。

中継が終わってからも表彰式は長い。続いて出世力士手打式や神送りの儀式が行われるという。来場所から番付に載る新力士を祝い、場所中守ってくれた神に感謝する意味をもつ。そこで三本締めをして場所が閉幕することを白鳳は知っている。にもかかわらず、締めたことに相撲協会は怒っているのだ。調べるまで私は全く意味がわからなかったのだが、白鳳は神事をないがしろにしてしまった。

白鳳はクソ真面目に見えてやんちゃである。久々の全勝優勝に浮かれてしまっていたこともあろう。宗教的伝統を知らなかったすれば、協会は説明して納得させればよい。教育してやらねばならない。客にだって、ちゃんとわかるようにその場で説明責任を果たすべきなのだ。

自分は平成に育てられ、天皇陛下から手紙をもらった思い出もある、平成最後の場所で優勝できた、大相撲の発展を祈念して皆さんと三本で締めたい。白鳳はそんなことを言った。知らない者には懇切に知らしめる、これが今の常識だ。

ところで三本締め。一本締めも一丁締めもそうだが、「いよぉーっ」と声を掛ける。「祝おう」が転じたものだそうだ。チャチァチァ、チャチァチァ、チャチァチァ、チャとやるのは意味があるのだそうだ。チャを三つで「九」、もう一つチャを加えて漢字の「丸」となる。すると丸く収まる。ほーなるほど・・・。

(山吹色は鮮やかな黄色。色鉛筆のこれが好きだった)