CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年03月 | Main | 2019年05月»
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
人はみなストーリーにて生きている [2019年04月26日(Fri)]

fumihouse-2019-04-26T08_15_49-1-thumbnail2.jpgきょうは平成最後の金曜日。元号が代わるという人間界(日本だけだが)のルールに従えば「最後」なのだが、単に地球が自転して昼夜がある、ただそれだけの意味しかない。人が作ったストーリーに当てはめると、見事なまでに意味を持つ。

金曜日という曜日。その前に昼と夜がある。時間が割り振られて日、週、月、年で人間は生活を営み歳月を重ねる。人は成長し、社会で様々な体験をする。取り換えのきかない人生模様というストーリーをそれぞれが刻む。筋書のないドラマとして人を喜怒哀楽のドラマの渦中に立たせることもある。

おそらく他の生物にはできない高度な知的作業である。一方で心中に渦巻くフィクションも含めて、ストーリーは人を悩ませもする。乗り越えたときには小さなヒストリーとなって誇りとなるし、うちひしがれて底に沈むこともある。人間はストーリーで生きている。