CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年03月 | Main | 2019年05月»
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
変化していつの間にかに新年度 [2019年04月06日(Sat)]

fumihouse-2019-04-06T21_17_54-1-thumbnail2.jpg新年度の初日が月曜日で、金曜日までの5日間は長く感じた。新しい職場に入ったばかりだから、その感はことに強い。先週までは違う仕事をしていたのだ。年度替わりとともに新元号の発表もあったから、よけいに感慨が深くなる。

≪思えば、3月31日から4月1日への時間の流れ自体に、特別な変化があるわけではない。それでも「年度」が改まれば、生活の実に多くのことが切り替わる≫ (聖教新聞,名字の言,3月29日)

転勤と改元がなかったとしても、年度が改まることで気持ちが変わる。桜が咲いて、陽光がきらめいて、人々の服装が代わり、テレビ番組も改編だ。やっぱり年度替わりは、春でなくっちゃいけないね。

(レンギョウの黄も感慨深い春の色だ)