CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年11月 | Main | 2019年01月»
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
世は楽し人を考えクリスマス [2018年12月23日(Sun)]

fumihouse-2018-12-23T18_33_22-1-thumbnail2.jpg読み終えたディケンズ著・村岡花子訳『クリスマス・カロル』の感想を書く。

守銭奴スクルージにとって、クリスマスを祝うとは、クリスマスを呪うことに等しい。スクルージの口癖は「ばかばかしい」。一銭(英国では1ペニー)の得にもならなければ無駄、と考える極めつけの冷血漢。

クリスマスイブの夜、かつての共同経営者マーレイの亡霊がいた。彼もスクルージ並みに冷たい人格だった。彼は言う。生前の諸業が自身を頑丈な鎖の環で縛り、永久に苦しむ。無慈悲だったことを懺悔しても、死んではどうにもならない。生きている君には希望があると明かす。一晩のうちに3人の幽霊が現れるから言うことを聞けと。

最後にスクルージは改心した。「私は心からクリスマスを尊び、一年中その気持ちで過ごすようにいたすつもりです。私は過去、現在、未来の教えの中に生きます」と誓う。

スクルージの世界観が変わった。感謝と喜びで境涯が広がると、目の前の全てのものがかけがえのないものになる。いま自分は生きているという喜びで満ちて、嘲笑しか浮かべたことのない顔に笑みが広がった。仏法の宿業論的な思想にも踏み込んで、大団円のハッピーエンドであった・・・。

現代の私たちは幸せである。ディケンズのいた2世紀前からすれば魔法のような科学技術に囲まれて、便利な暮らしを享受している。小説の楽しみもそのひとつ。

クリスマス・カロルの筋立ては予定調和だ。性質上やむを得ないにしても、説明調子が続き、和訳も現在の日本語からすると不自然だ。小説の世界も日進月歩して作品数は無尽蔵。ディケンズのクリスマス・カロルの価値が減じるものではないけれど、私たちは小説だけをとっても、昔に比べれて格段に楽しく生きている。私たちは幸せだ。むろん、古今東西全てに平等な死の問題は残されたままである。

(スクルージがクリスマスを祝えるようになって、愛でたしめでたし。大根島・由志園のイルミネーションでサンタが豊かに奏でる)