CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年11月 | Main | 2019年01月»
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
絶世の春を求めて冬過ごす [2018年12月18日(Tue)]

fumihouse-2018-12-18T17_38_13-1-thumbnail2.jpg早くあの美女に逢いたい。心を奪われ、緩やかな風に吹かれて、めくるめく陶酔感にボーっとなりたい。温かい花の波に洗われて、厳しかったあの頃を忘れよう。

≪梅が咲き、山茱萸(サンシュユ)が咲き、辛夷(コブシ)が咲けばじきに、めくるめく桜の洪水が押し寄せる。日ごろ花を賞(め)でる心のない人でも、さすがにこの季節ばかりは気もそぞろになる。桜という絶世の美女に誰もが心奪われる≫
(「花のしたにて」浅田次郎,集英社文庫『まいっか』)

暖冬というが、冬はやっぱり寒い。体は凍え、指はかじかむ。温かい室内から寒風に吹かれれば、気持ちが怯む。夕方の光はいくぶん明るくなったものの、朝はますます遅くなる、寒くなる、起きられない。早く春よ来い。桜というあの季節の絶世の美女よ、咲き誇ってくれたまえ。

(春の雑草も、美女ではないが、それなりに美しい