CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
気をつけよう段差くぼみに靴グリップ [2018年10月21日(Sun)]

fumihouse-2018-10-21T09_05_04-1-thumbnail2.jpgコケたり、コケそうになることがあります。平たい場所でも靴底がゴムでグリップが効いていると、つんのめることだってあります。足腰が弱っていれば転倒につながります。

一番危ないのは、予期しない状態で段差を踏み外す場合です。特に階段は段差が大きいだけに、ないと思っていた上り段があってつまずく、バランスを崩す。足を一歩踏み出したら、ないはずの空間に落ち込む。下り段の最初の一歩だと、階段を転落することになりかねませんから、大ケガにつながります。

数センチの下り段差であったとしても、想定以上に身体が落ちて、腰や膝をひねってしまうこともあります。暗いところ、滑るところ、慣れないところには要注意です。慣れた場所でもいつもと違う状態であれば、思わぬ災難となるのです。

今朝がた5センチほどの窪みに足をとられ、危ういことがあったのですが、幸い何事もなく通りすぎたのでした。

(石蕗(ツワブキ)の季節。亀井氏が徳川から封じられ入植したときに、一面の石蕗の野であったから、津和野と命名したとか)