CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
何もせず様子を見よう悲劇あり [2018年10月18日(Thu)]

fumihouse-2018-10-18T18_12_43-1-thumbnail2.jpg東京電力の旧経営陣が巨大津波を予測する政府機関の調査にしたがって対策工事をしていれば、原発事故を防げたかどうか、いま公判中です。宝塚の女子中学生が一昨年自殺した事件で、市の第三者委員会は報告書の公開を渋っている市教委に対して、いじめがあったことを認めたうえで速やかに開示するよう求めました。私には同根に思えます。

工事をしようとすれば原子炉を停止しなければなりません。莫大な利益が消えるでしょう。電力自由化の影響もひたひたと迫ります。すぐにも起こる、と明快に根拠を示して関係者を説得しなければなりません。

が、地震はいつ起こるかわからない。明日かもしれないし、100年後の可能性もある。だから判断を先送りした。気持ちはわかります。要は【様子を見た】のです。大地震発生という“不運”がなければ事故とはならず、予見や回避は不可能だったとして、裁判では無罪を主張しています。

イジメの第三者委員会の調査報告書。市教委は遺族と未調整を理由に公表していません。遺族は知らされた概要をすでに公にしているんです。理屈にならないですね。業を煮やした第三者委員会は、公表は可能、市は直ちに内容を開示せよ、と求めました。

イジメ行為は認定されました。学校は生徒を守りきれなかった責任があります。当時者は、女子生徒を“激励”し、イジメる生徒にも“指導”してきた。やがて収束して丸く収まるさ、とこちらも【様子を見た】のです。学校当局も市教委も、本人が自死するという“不運”がなければ事件とはならず、自殺は予見不能だったと言い訳しているのでしょう。

決然として行動する時が必要な場合があります。【様子見】に終始すると、生涯後悔し、他人を苦しめる結果になる一例です。

(ハナミズキは後悔しない。決然と花を咲かせ、葉を繁らせ、葉色を染めて、赤い実をつける)