CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
腹かかえ笑う門には健やかに [2018年10月14日(Sun)]

fumihouse-2018-10-14T17_33_45-1-thumbnail2.jpg古典落語の『妾馬(めかうま)』で腹をかかえて笑った。情にもどっぷりつかった。演者は春雨や落雷師匠。現役の整形外科医師にして、4代目春雨や雷蔵に入門して真打ちに昇進したというすごい人。しかも松江市在住。

高座の落語で腹をかかえて笑ったあとに、笑いと免疫をテーマにした口話で、笑いつつ医学的効用を身につけた。荘原公民館開館40周年記念行事でのことである。

免疫とは警官がパトロールして治安を守ることに例えられる。富田林警察のように犯人を逃がすばかりか、1月以上も逮捕できないでは役に立たないと笑わせる。

人間がもつ60兆個の細胞のうち、毎日1兆個が新陳代謝で入れ替わるが、うち5000個はガン細胞となる。ふつうは免疫細胞のひとつ、NK細胞が食べてくれるが、免疫力が低いと増殖してガンになる。

笑いは免疫を高める。一回笑うと効果が3時間ほど保たれる。落語や喜劇に笑うのも良し、友達と馬鹿話で笑うも良し。機会が無い人でも心配するなかれ。演技で笑おうと。

はっはっは!で1回(落語と軽妙な口話でもって私までよく笑えた)。3回を1セットとして一日5回やってみよう。効果は間違いない。うまく笑えないと悩むなかれ。上手になっていく。ただし周囲を確かめて、不審なヤツだと勘違いされないように……。

師匠のホームページにこんな言葉があった。
『笑いは体の中にある宝物。これを使わずして人生を終わることなかれ!』

最後に師匠の口上から。「激しく咳込んだら慌てずに五分待て! これぞ、関の五本松!」

(清々しい白色のジンジャー・リリー。笑いの効用と同様、花も気持ちを落ち着かせてくれる)