CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
眼鏡取る目を外してはいないけど [2018年10月10日(Wed)]

fumihouse-2018-10-10T21_41_33-1-thumbnail2.jpgわたしは寝る前に目を外す。寝ぼけて傷つけてはいけないから目は外す。そして横になる。電車に乗ったときも目をとる。ゆっくりと休みたいからだ。読書したいときもそうだ。疲れたときも目を離して置く。目は大切なものだから少しだけ離してしまう。ゆるりとして気持ちがいい。

目玉をくりぬくわけではない。わたしの実質的な目である眼鏡を外すのだ。近視と乱視用の眼鏡を外すと遠くは見えないが、近くはよく見える。外したら無理なくピントが合ってくる。眼鏡は外界とわたしとをつなぐ命綱。寝るときも外出のときも、わたしを守ってくれる守り神。

(犬サフランが顔をだした。葉はまだ出てこずに彼岸花のようだ。薄いピンク色は可愛らしいが有毒だそうだ)