CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年04月 | Main | 2018年06月»
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
奪い合う与え合うとき幸せに [2018年05月10日(Thu)]

fumihouse-2018-05-10T21_39_11-1-thumbnail2.jpgひとは皆、他人に承認されることを望む。マズローのいう承認の欲求というやつである。組織に属する人はなおさらだ(もっとも、属する組織のない人は稀だ)。自分がもつ価値を認められれば天にも上る。加えて励まされでもすると、認めてくれた相手のためには何でもしてあげよう、そんな気にもなってくる。

一方で、認めることも、誉めることも、難しい。いろんな仕事があり役割がある。一見すると小さな事柄であっても、仮にその人の働きがなければ、その場もその組織も機能不全に陥る。組織全体を双肩に乗せている。たかがその程度などと侮り、認めることも誉めることもできない者は敗れる。

そうなのだ。与えることは一方通行のように見える。相手から奪われるだけの損な役回りのように思えるが、そうではない。極論を言えば、奪い合うことは与え合うことなのだ。エネルギーを相互に増幅し合い、ともに幸せになるんだよ。

(大山山麓に生える山吹も承認されることを望んでいるに違いない。撮影されてさぞや嬉しかろう)