CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年02月 | Main | 2018年04月»
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
サクラ咲き吹雪が舞って日本の春 [2018年03月30日(Fri)]

fumihouse-2018-03-30T23_02_11-1-thumbnail2.jpgホトケノザが小さな赤紫色の花を咲かせている。道端や田んぼ、空き地では当たり前の春の風景だ。花びらを引っぱると、つるんと抜ける。円筒形でスポイト状の花びらは赤紫からグラデーションを帯びて透明になる。透明な先っぽを口に含んで吸う。甘い春の味。夏に咲くサルビアに比べると小さすぎて甘味は弱い。けれど春の香りが口に広がる。花びらは6本。すべて取り去ると残るのは濃い赤紫の膨らんだつぶつぶ。妙な昆虫に見える。

春の花の最盛期。ホトケノザやぺんぺん草、コブシにモクレン、桃、李、ペチコート水仙、ムスカリ(グレープヒアシンス)、タンポポ、雪柳、木瓜、レンギョウ、菜の花、椿、馬酔木、沈丁花・・・・。

その頂上に位置するのがサクラだ(もちろん日本人にとってという意味であるが)。出雲でのソメイヨシノの開花が27日。わずかに3日で六分から七分咲き。明日明後日には八分を超えて、気象台が言うところの満開となるだろう。来週も好天が続く。花吹雪の舞い散る日本の風情を楽しもう。