CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
景色あり空気がひとが味わいを [2017年06月30日(Fri)]

fumihouse-2017-06-30T22_37_29-1-thumbnail2.jpg故郷に四つの要素があります。「景色」と「味」と「人」、そして「空気」です。

生まれて育ち学校に通う。親戚のおばちゃんがいてうるさく思う。道草を食って虫の好かん奴と喧嘩をする。なぜか仲良くなって仲間になる。恋をして感傷にうち沈む。進学や就職で故郷を離れて帰ってみたら故郷は輝いて見えた。景色がほとほと美しい。変哲もない眺めがかけがえのない宝物に思える。当たり前に食べてきた郷土料理やお袋の味に希少な文化を知る。人と景色と味と。故郷の骨格をなすものです。

空気を自分自身が吸いながら、この景色の中で育ち、これらの美味しいものを食べて、家族や友と泣き笑い怒る。すべてを統括して自分を包み込むのが空気です。その空気とともに私たちは故郷に暮らします。むろん生まれ育ったところでなくとも、土地になじむほどに離れがたい空気が生まれると、そこは故郷になるのです。

(暑い夜だ。退職されるある人を囲んでにぎやかに熱い夜を過ごした。帰る道すがら空気が熱波となって押し寄せた。ハイビスカスのように)