CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
休み明けけだるく朝を迎えるか [2017年06月05日(Mon)]

fumihouse-2017-06-05T20_45_50-1-thumbnail2.jpg週休2日制が始まった頃、土曜朝に起きるとドキドキした。今日は休みで、明日も休める。まる2日間が無限の長さでもって目の前にあった。あれをしよう、これもしたいと胸がふくらんだ。思いのほか時間が過ぎるのは速くて、やり残してばかりだった。

それでも大きな期待をもって土曜日を迎えた。花金という言葉が使われるようになった。そうだ花の金曜日。「花ある金と思ひけり」、いや違うか。お楽しみは金曜日から始まる。楽しみ過ぎて夜更かしすると、土曜日に寝坊して1日は短くなった。

それより昔、土曜日出勤の朝はワクワクした。半日仕事をすれば解放される。買い物もした。映画館にも入った。茶店で読書三昧もした。長い手紙を書いたときもある。半ドンは喜びだった。その後贅沢な4週6休があり、週休2日になった。

無限に時間があると思うのは錯覚で、あれよと言う間に手指からこぼれ落ちてしまう。嘆かわしいがそれは真実。休みを大切にしよう。そのためにも心おきなく仕事をしておこう。気持ちの片隅に心配があると楽しめないからね。

(金鳳花 (きんぽうげ)。別名は馬の足形。光沢のあるレモン色の花びらが春先からかわいい咲きぶりだ)