CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
朝起きて眩しさ過ぎて雷雨呼ぶ [2017年06月01日(Thu)]

fumihouse-2017-06-01T20_41_18-1-thumbnail2.jpg目覚ましの音で起き出す。明るい。窓ガラスやカーテン越しに太陽を感じながら身仕度をする。駅に向かう。玄関を出る。明るい外の光を浴びる。まぶし過ぎる。

暑い。昨日の雨はお湿り程度で大地も空気も冷ましてくれなかった。風はあってもヌメリとして心地よくはない。厚い雲からは容赦なく熱が降りそそいでいる。

竜巻注意報が出た。積乱雲が近づいて暗くなったら頑丈な建物に避難せよと警告された。一天にわかに掻き曇り、夕方なのに闇がきた。冷えた空気が流れ出す。雷鳴が耳をつんざき、千匹の竜王が風呂桶を投げつける。打ちつける雨が恐ろしい。

20分後明るくなった。闇は過ぎた。雷王もいなくなった。西空は淡い雲に後光がさしていた。穏やかな夜がやってくる(と思ったが大雨・洪水警報がまだ出ている)。

(紫露草は品格あふれた紫色だ。この雷雨にさぞや叩かれたことだろう。それでも品よく夏に向かう)