CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年12月 | Main | 2017年02月»
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
無事祈る寒さ冷たさ遭わぬよう [2017年01月20日(Fri)]

fumihouse-2017-01-20T20_21_19-1.jpgクルマに乗って移動する。下駄履きで気軽に自由自在。とても楽ちんだ。ただ気をつけるべきことは、手軽だからといって軽装で出かけてはいけないということだ。車外へ出る時に後悔する。備えを怠ってはならない。

特に今時分はコートはもちろんのこと、手袋と傘は必須。マフラーもあったほうがよいだろう。駐車場にとめて目的地まで思いがけなく遠いことがある。運転中には感じなかった強い風が吹くときもある。クルマにトラブルが起こって様子を見に外へ出るとすれば、5分や10分はすぐに過ぎる。肌を刺す風にあれよという間に体温は奪われる。

事故が起きればケガはなくても、関係先への連絡や現場検証に相当の時間がかかることは間違いない。そんなときに暖かいコート、手袋やマフラー、雨雪をさえぎる傘や帽子がなかったらどんなに後悔するか。もちろん不運はないに越したことはないけれども、可能性はゼロにはできない。下駄履きの軽い気分は、一転して重苦しい修羅場に転じる。

いま外は激しい風、時折大粒の霰が降っている。暴風雪の注意報が発令中。こんな時には運転者は慎重に怠りなく運転してほしい。無事を祈っています。

(雲の上のフライトは快適で気楽だ。その陰でどれだけ多くの人びとが安全のために全精力を傾けて努力しているかを忘れてはならない)