CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年12月 | Main | 2017年02月»
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
海賊は破天荒なり新時代 [2017年01月14日(Sat)]

fumihouse-2017-01-14T18_31_46-1-thumbnail2.jpg映画『海賊とよばれた男』は岡田准一がカッコいい。いつものことではあるが、精悍な顔つきと身のこなし、真一文字の眼光が魅力的だ。20代から90代まで一人で演じた。特殊メイクの助けもあるが、骨太の社長の一生をしっかり演じきった。脇の俳優陣も豪華なキャスティングで楽しめた。

モデルとなった会社は出光興産。北九州・門司で石油業に乗り出す田岡鐡造が、行く手を阻む国内の既得権益や欧米の石油メジャーと戦い続ける姿が壮観だ。絶望状態になっても諦めず、常識にとらわれず、店員(部下)との信頼関係をもとに前へ進んでいく。敗戦日本が復興を遂げたひとつの象徴である。

編集は今ひとつという印象を受けたが、焼夷弾がB29爆撃機から発射されて空中で分裂し、地上に落ちていくCGの威力に感じ入った。あの爆弾はこんな破壊力をもって瓦屋根に突き刺さって爆発するんだ。当時の人がこの映像を見たとしたら、バケツリレーして消火することなど不可能なことがよくわかったと思う。きっとそんな指導体制が、理不尽で無能な精神主義であったことを知るだろう。

(栽培されるキレイな花の多くは、石油を原料とした燃料によって温度調整され花開く)