CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年09月 | Main | 2016年11月»
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
赤ペンを入れて校閲ガールかな [2016年10月28日(Fri)]

fumihouse-2016-10-28T21_34_15-1-thumbnail2.jpg『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日テレ水10ドラマ)を見ている。河野悦子(略してコウエツ/石原さとみ)のファッションが抜群に目を引いて楽しい。歯に衣着せずにズケズケと主張する悦子に惹かれる。ファッション誌編集希望で入社したのに、配属先は地味な校閲部。そこからはい上がるために彼女の奇想天外な校閲生活が始まる。

中身は置いといて、第2話でミズ校閲、堅物の藤岩さんを「鉄パン」と陰口をたたく若い女子二人に向かって悦子はぶち切れる。そしてこんな意味のことをまくしたてる。「鉄のパンツとは貞操帯のこと。パートナーに愛されている女性が身に付けて守るためのモノなんだ。意味も知らないくせにコソコソ言うんじゃない!」

おやっと思った。遠くへ出征しているうちに、愛する妻や婚約者が誰か邪なる男に貞操を奪われやしないか、あるいは気の迷いから純潔を捧げてしやしまいかと心配する中世の騎士が取り付けたのが貞操帯だ。

鉄製だから重い。鍵は男が持っているから女性には外せない。蒸れる、排泄のたびに風呂には入れないから不潔になる。金属アレルギーだってありうる。「パートナーに愛される」とはいっても、偏執狂的に、不信感をもって、生殺与奪の権を男が持ったままというのはいただけない。もし戦場で男が死んだら、女性は一生貞操帯を外せないではないか。なんか嫌だな。

(秋の風に揺れる紫苑。花言葉「君を忘れず」なのに、別名は鬼の醜草(おにのしこくさ)とロマンがない)