CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年09月 | Main | 2016年11月»
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
貧困な想像力を広げよ市長 [2016年10月23日(Sun)]

fumihouse-2016-10-23T22_12_36-1-thumbnail2.jpg大津市長は5年前のいじめ自殺事件にどう対処したか。彼女は学校や市教委の事なかれ主義に業を煮やし、第三者調査委員会を設置した。いじめ防止条例をつくり、大津の子どもをいじめから守るための制度をつくった。国も動かし、いじめ防止対策推進法ができて対策は進みつつある。いじめを無くすには紆余曲折はあろうが、大津市の越市長は名を上げた。

黒石市長賞に内定していた黒石の祭りの写真コンテストで被写体となった女子中学生が自殺していたことを理由に、黒石市長は賞を取り消すという暴挙に出た。市長は「祭りの写真としてふさわしくない」と判断したという。つまり、写った人の死によって賞の印象が崩れ、縁起が悪いと考えたわけだ。

大津市長はいじめに苦悩した故人や遺族に寄り添った。黒石市長はいじめに苦しんだ彼女に想いを馳せることすらなく、狭い世間体と死は穢れという日本的死生観で狭量に判断した。両者の違いは大きい。

(秋明菊にはピンク色のもあるが、この白いのが品が良くてよろしい。別名、秋牡丹というのもいい呼び名だ)