CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
時代去りマッチの需要少なきに [2016年09月28日(Wed)]

fumihouse-2016-09-28T18_35_34-1-thumbnail2.jpg兼松日産農林株式会社といえば「徳用マッチ」。大箱にたっぷり入った細く削ったマッチ棒。小箱にもあふれんばかりに詰め込んであるマッチ。かつてマッチは生活にはなくてはならないものだった。もちろん童話の世界にも。

さきほどニュースで、兼松日産農林がマッチの生産を止めると聞いた。淡路島に唯一残っていたマッチの生産ライン。機械のメンテナンスができなくなってしまった模様。部品がない、職人が退職していなくなるという理由だ。マッチの需要も格段に減っていることだろう。

平成生まれの娘が小学生のころ、マッチを擦らせた。山本五十六ばりに、「やって見せ言って聞かせてさせてみてほめてやらねば」とやればよかったのだが、ただやらせたのが悪かった。火が付いて、こともあろうか、娘はマッチ軸の先を下に向けてしまったのだ。火は上に燃え上がる。あまりの熱さに彼女はマッチを落とし、かわいそうにも火傷をしてしまった。

マッチを擦るなど簡単だ!と私は侮っていた。これにもそれなりに練習が必要なことがわかった。以来、彼女はマッチを擦ろうとはしない。もっとも擦る機会などあるものではないが。

(夕日に透かして猫じゃらしを見るとそれなりに絵になるもんだ)