CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
また来年出会い楽しや年積みて [2016年09月18日(Sun)]

fumihouse-2016-09-18T14_01_55-1-thumbnail2.jpg去年に続き秋の会をやった。出雲高校のクラス同窓会。前日に思いたって、オプションとして校内を散策してみようと。名づけて「ミニ・エクスカーション」。久徴園を歩いてるうちに思い出が蘇る、と誘ったはいいが、あいにく篠突く雨。男二人が膝から下を濡らして思い出を巡らせたのは御愛敬。

年月を重ねて数十星霜。喜びがあり悲しみも体験し今ここにいる。20名が顔を合わせて、それぞれが変化したところ、変わらぬそのままの面、両方に目を見張りながらの会本番。冒頭に昨春亡くなった友に思いを巡らし黙祷をささげた。

卒業以来初めて会に参加する友もいて、自己紹介かたがたの近況報告。足らずは個々にテーブルごとに話が弾む。4時間がなんと短かったことか。

あの頃の先生は今の僕らより若かったと改めて驚愕したり、老け顔だった彼は今も変わらずかえって若いと笑いあった。母校のこの夏甲子園出場に際し応援に行ったメンバーが何人もいた。嬉しい土曜の夜は過ぎていく。食べて飲む時間も惜しいほどに時間が過ぎた。

≪私は何も知らなかった。きっと、お互いに知らないのだ。知らないままひとつのクラスに入って、知らないまま別れていく≫ (宮下奈都著「よろこびの歌」)

たぶん青年期に入ったばかりのあの頃に互いを十分知らないまま、私たちは卒業してしまったのだ。今こうして新しい出会いを刻み、有意なつき合いが始まったのだと思う。

参加された皆さん、ステキな時間をありがとう。また会おう。参加されなかった皆さん、いずれまた。再び静かに年輪を刻んで……。来年の日程は決まった。2017年10月7日(土)、体育の日を含む連休の初日。お楽しみに!

(今の出雲高校の校門。卒業アルバムで私たち男子の後列が校門の上に腰掛けて撮影した。新しくなった校門は小さくて座れそうにない)