CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
夕焼けに過去を想って美にひたる [2016年09月11日(Sun)]

fumihouse-2016-09-11T13_05_33-1-thumbnail2.jpg≪(私が夕日により深く心を動かされるのは)必ずしも私が齢を取ってきたからというのではないだろう。間違いなく、夕日には遠い過去の悲しみを思い起こさせる魔的な力がある≫ (「朝日と夕日」沢木耕太郎筆,JR東日本トランヴェール2016-8月号)

山田洋次監督は、『男はつらいよ』のシリーズすべてに夕焼け空のシーンを入れたと聞く。寅さんは生真面目に過去を悲しく語る。それが傍目には滑稽なのであるが、人生の機微は悲しくも時々刻々と変化していく。一時もとどまらず悲しみに色を添えて、目を留めた瞬間に見た者を虜にして動けなくしてしまう。虜とは、魔的な魅力にがんじがらめにされてしまうこと。ひとは今日も過去の美を再現しようと、営みを続けるのだ。

(夕焼けが茄子の実を照らすと、夕焼け空と相乗して美しく美味しそうなナスになる)