CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
人間と人工頭脳は戦うか [2016年09月08日(Thu)]

fumihouse-2016-09-08T18_12_18-1-thumbnail2.jpgチェスや将棋に加え囲碁までも、プロを負かした人工知能の急速な進化。茂木健一郎氏がこう言っている。

≪人工知能の最近の発展を理解するうえでの重要なポイントは、そのプロセスで特に新しい「原理」が発見されたわけではない、ということである。
 もともと、脳の神経回路がどのように学習するかという研究にヒントを得て、人工知能のプログラムの改良法は考案された。したがって、人工知能が実行している学習法は、すべて、人間の脳がやっていることである。
 脳が実行する学習則を、地道に繰り返すことによって、人工知能は成功している。そこには、何のマジックもない。
 一方、人間は、学習法がわかっていても、それを徹底しないことが多い。画期的に新しい学習法を考案する必要などない。ただ、基本を繰り返し、やればいいだけの話なのであるが。≫ (茂木健一郎「人工知能から学ぶ英語学習法」プレジデント2016.3.14号)

長い引用だったが実に驚いた。考え得る限りの思考の筋道を人間がコンピュータにインプットして人工知能が成長するものだと思っていた。失敗と成功を繰り返し試行錯誤して地道に学んでいくように、コンピュータがプログラムされているとは知らなかった。グチをこぼすことなく愚直に学ぶコンピュータ。かわいいヤツだ。

だが彼らを人間の側に引き寄せておかないと、多くの推理小説や映画に描かれたように、反乱する人工頭脳が現実のものになりかねない。その岐路に立つのは意外と近い将来かもしれない。危うし人間!

(優美なたたずまいで咲いている白い芙蓉。昔から美人に譬えられてきた)