CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年05月 | Main | 2016年07月»
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
能率を落とす作戦スパイなり [2016年06月11日(Sat)]

fumihouse-2016-06-11T14_17_20-1-thumbnail2.jpg初めて明かすのだが、わたしは実はCIAのスパイなのだ。

日本の労働生産性はG7では最下位。残業するばかりで、付加価値を生み出せない事務仕事。ワークライフバランスが悪い。優秀な人材が逃げていくばかりか、今後大介護の時代を迎えるにあって、誰もが生涯安定して働き続けることなどできない。顧客に最大満足を与えるためという名目で、質の悪い客のクレームに怯え、必要以上のコンプライアンス対応でどこの職業人もヘトヘトなのだ。

「明かしていなかった」と書いたが、知らぬ間にそうなっていたようだ。ほとんどの真面目な職業人がいつの間にかスパイ化し、CIAにとっては願ったり叶ったりの状態だ。

CIAによって21世紀になってから発表されたのだが、大戦中に各国に配置したスパイに対して、敵国もしくは仮想敵の生産性を落とすための「Simple Sabotage Field Manual(簡易サボり指南)」がある。

・前回の会議で決まったことの適否を問うべし
・文書のアラを探すべし
・重要でなくてもよい、完璧を主張すべし
・指揮系統や規則を厳密に守り例外は許さぬべし
・検討の際には可能な限りメンバーを多くするべし
・何はともあれルーティンの会議を遂行すべし
・ペーパーワークを増やすべし

日本的働き方に実に当てはまるこのことは、『テクノロジー・ベンチャー・シリコンバレーの暮らし(CIAのスパイマニュアルに学ぶ「会社をダメにする11の行動様式」)』に詳しく紹介される。http://chikawatanabe.com/2015/11/04/cia_sabotage_manual/

大企業病に犯された日本。完璧に仕上げることに呪縛され、責任を上に上げるほど決裁印が増えていく。前の会議で決まったはずのことを蒸し返して時間を無駄にし、細かい言葉尻にこだわって文句をつける。ことあるごとに細かいルールができて、長ったらしいマニュアルを読むだけでも時間がかかる複雑怪奇な状態。つまらぬペーパーを作るにも時間を奪われる。重要な仕事に直ちに着手できる状況をつくっていきたいものだ。

(金糸梅。美女柳に似てはいるが、雄しべは短くてしっかりした感じ。確かに金色の梅を大きくして金の糸でくくったかのよう)