CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ジカ熱にじかにさわると恐ろしや [2016年03月19日(Sat)]

fumihouse-2016-03-19T16_53_24-1-thumbnail2.jpg中南米で流行し、日本人も感染し始めたジカ熱。妊婦がかかると小頭症を患うと指摘される感染症ですが、妊婦の渡航自粛だけにとどまらなくなりそうです。ジカ熱ウイルスは精液経由で女性に感染する恐れがあるとして、米国では男性にも警告が発せられましたが、胎児や新生児にとどまらず、成人患者にも重篤な脳感染症を引き起こす恐れがあるといいます。

筋力が低下し腱反射が消える疾患のギラン・バレー症候群もジカウイルスとの因果関係があるようですし、フランスでは半昏睡状態になり髄膜脳炎と診断された高齢男性が、髄液中にジカウイルスを有していたそうです。

ジカウイルスによって免疫系が神経や脳細胞を攻撃するように変異してしまうのでしょうか。意外にも恐るべきウイルスです。油断がなりません。

(仁摩の町中にボケの花が咲いている。目を引く赤、艶やかな薄ピンクの花だが長い棘を持っている。油断がならない)