CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
歩こうよ全身使い地球にて [2016年03月06日(Sun)]

fumihouse-2016-03-06T14_21_27-1-thumbnail2.jpg歩くことは楽しい。通勤でテクテク歩く。職場でバタバタ歩き回る。帰りに列車待ちの時間でズンズン歩く。夜9時台に外へ出て歩く。靴を履き替えて本格的に歩くホントのウォーキング。

手に明かりをもち、腕に反射材を巻く。防寒の備えとして帽子と手袋は欠かせない。灯火をもつウォーキング者とは挨拶をしあい、無灯火でやってくる人には遠巻きに離れて用心する。

春の足音が聞こえそうな暖かめの夜、星が降るようで差す寒さが厳しい夜、雨が降り出しそうなぼんやりした夜。いろいろな夜を楽しみながら歩く。

雨が降ったり風雪があれば外には出ず無理しない。けれども身体が歩くのを欲することがある。そんなときは室内でテレビを見ながら足踏みマシーンで疑似歩行をする。歩数も消費エネルギーも表示しない単純なもの。それなりに足に負荷はかかるけれども続かない。せいぜい500歩がいいとこだ。

なぜか? 景色が変わらないからだ。歩きそのものがウソっぽいからだ。地面を蹴るときに足指の筋肉が靴底をグリップして離す。足裏の筋肉が躍動すると同時にふくらはぎや大腿部の筋肉が体を引っぱっていく。もちろん腕は大きく振られて上半身の筋肉も存分に働く。一歩ごとに目の位置がかわり、しゃべるたびに口角の筋肉も動く。寒いなかにも身体は温まって汗ばんでくる。地面を踏みしめるたびに地球を感じるのだ。その楽しみがマシーンにはないんだなあ。

(リズミカルな歩行のように、規則的な配列で柔らかめのとがった葉っぱが伸びる。松ではない、よく知らない西洋系の植物。何だろう)