CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年07月 | Main | 2015年09月»
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
美しき夏よ花火よ日本の夜よ [2015年08月02日(Sun)]

fumihouse-2015-08-23T06_46_57-1-thumbnail2.jpgシュッポンの音がしたかと思うと、シュルチュルシュルチュルと火の粉が上へ上へと昇っていく。一点の光だったものが一瞬にして弾け飛び、大輪を花咲かす。「うぉー」の歓声が早いか、「ズゥドーン」と地を揺るがし腹を震わす爆発音が早いか。余韻にひたる間もなく二の矢三の矢掛けつがえ、次々と大輪と小輪、ハート形の変わり種。小爆発でパチパチ跳ねて、落ちる長尾はしだれ花。休むことなく次々と七色の光輝いて、わずか一瞬消えたまふ。日本の夏よ浴衣着て、空を眺めて口をポカリ。光と音の喧騒で夜店に客が消えたまふ。満喫し松江の華よ水郷祭。

というのは嘘。遠く離れた宍道湖対岸で豆の火花を楽しんだ。色や形、組み合わせに趣向を凝らした祭典は20キロ近く離れた場所からも十分感じられた。夏よ花火よ日本の夜よ。

(花火の季節は実りの季節も近い。早稲が出穂し花が咲き始めている)