CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ミルコメダ新たな銀河40億年 [2015年07月23日(Thu)]

fumihouse-2015-07-23T18_43_47-1-thumbnail2.jpg私たちの地球がある天の川銀河(ミルキーウェイ)とお隣のアンドロメダ銀河はいずれ衝突し、二つの渦巻き星雲は混然と溶け込んで一体化する。2012年にハッブル宇宙望遠鏡を使った観測で明らかになった。

「いずれ」とはいつか? 40億年後だそうだ。われらの太陽が赤色巨星となって、ついに収縮し白色矮星となり活動を終えるまで50から60億年と言われているので、太陽が生きているうちにその時はやってくる。

衝突といっても大爆発などしない。星と星との間隔は、宍道湖にピンポン球が数個浮かんでいる程度なので、当たる確率はほとんどゼロに等しい。ただし星間の重力が影響しあってその巨大銀河の形は変わる。

名前はすでに付いている。『ミルコメダ銀河』。ミルキーウェイとアンドロメダを足しただけなのだが、どこかしらロマンチックな響きがある。ついでにどこかの珈琲屋チェーンのブランド。

そのころ人類はどうなっているのか。地球は大きくなった太陽の熱で煮沸されて生物は死滅する。人間はその英知でもって宇宙の他の星に新しい住処を作り出しているのか。それとも巨大な宇宙船で宇宙を放浪しているのか。確率としては滅び去る可能性が高いのだろうが、生き残ってほしいものだ(と40億年後は全く他人事だ)。

なんせ今の人類、ホモサピエンスが誕生してまだ数万年しか経っていないんだもんね。あぁなんて宇宙の時空は巨大なことか。

(赤色巨星というと、邇摩高校の熟したトマトのように赤くなるのだろうか)