CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
集団で戦うか否か民主制 [2015年07月17日(Fri)]

fumihouse-2015-07-17T20_25_13-1-thumbnail2.jpg虚構新聞が、楽しめるニュースを7月3日付けで配信した。

≪事実上の債務不履行(デフォルト)に陥ったギリシャ政府は2日、同国発祥の「民主主義」を国際特許として出願、政体として採用する世界各国に使用料を求めていく方針であることが分かった。年間数兆円規模の特許収入が見込まれることから、財源確保と健全化に道筋をつけたい考えだ≫  http://kyoko-np.net/2015070301.html

もちろん大嘘である。仮に実現したとしても、膨大な債務を前に焼け石に水。ギリシャ再建策の関連法案が可決されはしたものの前途は多難だ。

デモクラシーという言葉も、ギリシャ語のdemos(民衆)とkratia(支配)が語源だそうだ。≪人民が権力を所有し行使するという政治原理。権力が社会全体の構成員に合法的に与えられている政治形態。ギリシャ都市国家に発し,近代市民革命により一般化した。現代では,人間の自由や平等を尊重する立場をも示す≫【大辞林 第三版】

現代ギリシャとは何の関係もないし、今のギリシャでは少しおぼつかない原理だと思う。もちろん他国のことばかり言ってはいられない。日本の現実もおぼつかない。

一昨日の特別委員会から、昨日の衆議院本会議。安保法案の強行採決が取りざたされている。当初は数の上で圧倒的多数の与党であり、高い支持率を保っていた安倍政権は議論をリードしていた。しかし、憲法審査会で自民党の参考人まで「憲法違反」を主張した。自民党若手勉強会で右翼文化人の発言に便乗して「沖縄地元紙をつぶせ」と増長した。安倍首相が委員会で汚いヤジを飛ばすのも、「この人は危なっかしい」と判断されてマイナスイメージとなった。潮目が変わったのだ。

集団的自衛権の行使にあたっては厳しい条件を課しているわけで、日本が平和国家路線を逸脱することはないと私は思う。ましてや野党が主張するように、徴兵制の復活などあり得ず、突拍子のないことなのだ。民主主義の最終決断は多数決で決まる。少数意見を尊重して意見を述べる機会を与えたり、事情に応じた個別対応は必要であるが、決めなければ何事も始まらない。

図に乗って軍事的に国境線を越えようとする中国を牽制し、北朝鮮の不気味な存在感に対応するためにも、集団的自衛に融通をつける法整備は必要だと思う。

ただし現行憲法の解釈では無理がある。憲法を変えなければ多くの国民から納得されにくい。堂々と憲法改正の発議を行うべきなのだ。

さらに安全保障上、特に中国へは経済的門戸をますます開いて、笑顔を保ちながら交渉を続けることが必要だ。眉間にしわを寄せて不機嫌に対応すれば相手を心底怒らせてしまう。アメとムチ、喜と怒の両面を駆使して外交的に対するべきなのだ。

さて、日本は民主制の国や否や。ギリシャ国は仮想の特許使用料を日本に請求してくるだろうか。