CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
外来のお尋ね者はそこかしこ [2015年07月03日(Fri)]

fumihouse-2015-07-03T18_11_17-1-thumbnail2.jpg写真はオオキンケイギク。お尋ね者の悪党である。鮮やかなイエローで鶏のトサカに似た花びらで、漢字で書けば「大金鶏菊」と絢爛豪華な名をもらっているにもかかわらず、悪党とはこれ如何に。5月頃から土手や河原に群生して背の高い黄色が目立つ。この光景を私はとても綺麗だと思う。

ところがオオキンケイギクは特定外来生物に指定される危険な花なのだそうだ。繁殖力が極めて強く、在来植物を駆逐する。観賞用として明治初期にアメリカから移されているのだが、明治維新からこのかた、アメリカさんにはどうもかなわない。

この花が生態系に影響をおよぼさないようにするには、根っこから抜き取って乾かして枯死させてから捨てるのが一番だというが、そこまでしなくても!と情けをかけるのはいけないことのようだ。

ウシガエル、ヌートリア、カミツキガメ、アライグマ、ブルーギル、オオクチバス、セアカゴケグモなど特定外来生物は多い。セアカゴケグモは積み荷に入って来たものだから仕方がないとしても、あとは人間のエゴで入ったもの、良かれと思って入れたものばかりだ。病原菌やウイルスも含めて、このグローバル化した現代にあっては過去に戻ることは不可能だ。