CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年02月 | Main | 2015年04月»
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
片付いた思う端から崩れてく [2015年03月24日(Tue)]

fumihouse-2015-03-24T21_16_48-1-thumbnail2.jpg生活研究家の阿部絢子氏によれば、身の回りを片付けることは、人生の棚卸しをした上で今後の人生を仕込むことに等しいという(聖教新聞3月24日付け『賢く老いるための「片付け力」』)。

氏は片付けを判断する際の基準を5つ示し、このうち2つが当てはまれば、捨てたり人にあげたりすべきであると。

 @5年以上使用していない
 A何年も使用してデザインや機能が古くなった
 B修理すれば使えるけれど費用がかかる
 C存在すら忘れていた
 D未練や物語のない思い出の品

生活スペースが広いほど、物は増え続け片付けは進まない。場所が広いと気がゆるんでしまうからだ。物の定位置が定まらず、スペースに余裕が消えカオス状態に陥る。僕の身の回りはすぐにそうなる。わかっちゃいるけど、とりあえず置いておこう、暇なときに処分しようと思っても、片付いたためしがない。ゴミ同然の物が何十年もそこにあったような自然さで存在を主張する。

氏は、≪@使いたいモノがどこにあるのかすく分かるA取り出す時間がかからないB少ないモノで間に合うC戻しやすい場所にしまう≫という「すっきりサイクル」で暮らしている。うらやましい。氏の言われる「片付け力」を僕もつけていきたいと思うが、思うだけでは願望のまま終わるだろう。