CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年12月 | Main | 2015年02月»
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
心地よし父の胸にて寝入る子よ [2015年01月26日(Mon)]

fumihouse-2015-01-26T18_34_40-1-thumbnail2.jpg警察音楽隊のコンサートでは可愛らしい子を見た。ステージを扇形に囲む階段席の目の前には、4歳くらいの子供がお父さんの胸に対面になってダッコされていた。顎をお父さんの肩に乗せ、両手を父さんの首に回し指を組んで寝ていた。こっくりするたびに頭がガクンと揺れて体ごと落ちそうになり、そのたびに手を回し直す。

丸坊主でメガネを掛けている。かつての息子に似て可愛い、と妻とヒソヒソ話をした。あのころ息子は弱視の遠視であることがわかって、メガネを掛け始めた。

よく眠った。はしゃいでいたり、興味深くものに目を凝らしていたと思ったら、眠っていた。公衆の面前では騒がずにいい子にしていたから、そういう面では育てやすい子だった。その彼がガクンと首振り眠る様子を思い出したのだった。その息子もいい年になった。もうじき結婚する。彼の成長を喜ぶとともに、歳月の重なりを感じた。

コンサートも終盤になって当のメガネくんは目を覚ました。焦点の合わないぼっーとした目つきで父さんに抱かれ続けた。満足げな顔つきをしていた。これもまた可愛らしい。