CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年12月 | Main | 2014年02月»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
呻吟しため息ついて文を編む [2014年01月22日(Wed)]

__tn_20140122171130.jpg本の面白さを伝える本屋のPOP。有隣堂の名物書店員梅原潤一氏がこのように話していた(月刊事業構想2014年1月号「特集グロースハッカー」)。

≪単なる情報の垂れ流しにならないように気を付けています。読んで泣けますではなく、自分がなぜ感動したのか、面白いと思ったのかを考えながら、あくまでも“買いたくなる”言葉を探します。そして、言葉は平易なものを選び、客観的な目線で本当に本の魅力を伝えることができたかを常に検証します。(中略)引用文を使った広告などを見かけますが、その本を読んでいない人にとって、引用文は無意味ですから≫

人に読ます文章全体に通じることであろう。「感動した」「美しい」「よかった」……、わたしもよくその表現に逃げるのだが、感動や美をどう伝えたら、相手に感じてもらえるのだろうか。

そもそも、日々くりかえしばかりで代わり映えのしない生活に感動はあるのか……、ある。明らかにある。絶景地や伝統的な文化遺産に囲まれて暮らしているわけではないのに美はあるのか……、ある。身近にこそ美はある。

それを伝えられる文を書きたいと思うのだが、現実は難しい。それでも、あえぎ呻吟する中から文にきらめきと味がでてきてくれたら嬉しく思う。いずれそうなると信じよう。