CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年12月 | Main | 2014年02月»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
余裕みせ自虐のなせる笑いなり [2014年01月16日(Thu)]

__tn_20140116192458.jpg島根県と「吉田くん」の鷹の爪がコラボした自虐カレンダー2014を、年末に朝日新聞が取り上げてくれていた。しかも一面の天声人語というから驚きだった、嬉しかった。

≪東京の日本橋にある島根県のアンテナショップ「島根館」に行った。けっこうなにぎわいだった。県をPRする特製カレンダーの14年版を買えればと思ったのだが、とっくに売り切れていた▼(中略)<定休日じゃないです。人がいないだけです。><本社どころか、支社も少ない。>。極めつきは<日本で47番目に有名な県。>▼(中略)自虐戦略は功を奏しつつある。(中略)自分で自分を笑う。心に余裕のある大人でないとできることではない。自慢よりずっと上等である。≫
 (2013年12月16日朝日新聞天声人語)

このカレンダー、なかなか笑える。そして次は「自分で自分を笑う」番だが、なかなか笑えない、難しい。そう「心に余裕のある大人」であるかどうかは別として、どんなふうに笑っていいものやら…。自分を冷たくあざ笑うことはできない。そこまで客体視して自分を根深く捨て去ることは無理だ。

ニタッとほくそ笑むのはどうか。いや、ダメだなあ。暗くて陰にこもりそうでイヤだ。どうせなら、明るく自分を鼓舞できそうな笑いがいい。カラカラと哄笑するのがよいだろう。少し高みに立って、過去は過去と半分忘れて、次からガンバるつもりで高笑いする。それがよろしかろう。