CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年11月 | Main | 2014年01月»
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
早見して今日は何歳想像す [2013年12月26日(Thu)]

__tn_20131226182015.jpgある手帳の年齢早見表を見た。最も古い年齢が大正2年生まれで101歳。明治生まれは表から除かれていた。百歳以上の長寿者がほぼ明治生まれだとしても、その人数は約5万人。日本の全人口のうちの2500人に1人の割合でしかない。実に少数派となってしまっとことに驚く。

明治は遠くなりにけりという言葉があったが、大正はもちろんのこと(『永遠の0』宮部久蔵が大正生まれだった)、昭和も遠くに行ってしまったことに感慨を覚える。来年は昭和に換算すると昭和89年。平成も26年になるのだから当然といえば当然だ。

今日は木曜日。明日の仕事納めの日を過ぎると今年の仕事は来年に持ち越しとなる。年度末ほどの慌ただしさはないにしても、ひとつの区切りとして明日は重要な一日となる。

街の飾り付けが昨夜から今朝にかけて一晩で模様替えしてしまうと、急に年越しが迫って来るようだ。今年もあと5日。うかうかしてはいられない。