CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年11月 | Main | 2014年01月»
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
御礼とは感謝か恨み分からずと [2013年12月17日(Tue)]

__tn_20131217163852.jpg出雲大社に縁結びを願った女性が結婚を成就させ、当の夫を引き連れて御礼参りをしたと、テレビ番組で紹介していた。「御礼参り」、久しぶりに聞いた言葉だ。私には怖いイメージが強いが、一般的にもこちらの意味に転じているのではあるまいか。

『御礼参』(広辞苑第三版より)
[1]神仏にかけた願(がん)の成就した礼に参詣すること。
[2]釈放されたやくざ、不良などが、自分の悪事を告発した人に仕返しをすること。

純な感謝の気持ちを行動に表したはずの言葉が、一部の抗争のやり取りを説明する際に転じて使われる。神仏も、眼(がん)を付けられやしないかと、さぞ当惑しているにちがいない。

12月に入って出雲路を歩くお客さんたちは減ってきたと言われるが、今日も松江市内には旅行かばんをひくペアがたくさん見られる。神在月は終わったけれども、神さんは言うこと聞いてくれますか?

(写真はブルーローズ。かつては交配を重ねてもできなかった薔薇。愛好家たちの垂涎のまとだったにもかかわらず、今はバイオ技術でできるようになった。これも神の手になるものなのか)